「霊長類」と言えば、レスリングの吉田沙保里選手を思い浮かべますが、
「糖類」と聞いて、具体的に何を思い浮かべますか?

 

「職質」と言えば、見た目が中東系の人はよく職質されるらしいのですが、
「糖質」って、何のことでしょうか?

 

スーパーやコンビニでも
「糖類ゼロ」「糖質75%オフ」
という表記をよく見かけると思いますが、
実はよくわかってない人も多いような気がします。

今日は、
「糖類」と「糖質」についてお話ししましょう!

 

 

 

暑いですね。ビアガーデンに行きたいですね。

私の友達に、毎日ビールを浴びるほど飲む人がいます。
健康に良くないのでやめるように言ってもやめる気配がありません。

先日、居酒屋で、
「なんでそんなに酒やめられないの?」
と聞いたら、少し格好つけてキリッとした表情で、
「敵は、本能にあり」
と言っていました。
恥ずかしいから二度と言わないで欲しいものです。

 

 

さて、そんなお酒ですが、最近は、
「糖類ゼロ」「糖質75%オフ」など、健康に良さそうアピールしてるものが多いです。

でも、
「糖質って、何のことかいね?」
「だもんで、糖質と糖類って、同じだら?」
「糖類って何か、教えてみりん!」
という人のために、今日は、
「糖類」と「糖質」についてお話しします!

 

 

「糖類」と「糖質」に関して、覚えてほしいのは3つの原則だけです!

【糖類・糖質3原則】
第1原則
糖類=単糖類+二糖類

  =ブドウ糖果糖など+砂糖、麦芽糖など

 

第2原則
糖質=炭水化物-食物繊維

  =糖類+多糖類+糖アルコール+高甘味度甘味料とかいろいろ
つまり
糖質⊇糖類

ちなみに、糖アルコールとは、キシリトールやマルチトールなど
「なんちゃらール」と言われるものです(※「ボール」は糖アルコールではありません)

 

第3原則
糖質も、糖類も、大事なエネルギー源だけど、摂り過ぎると太っちゃうよ

 

わかりやすく図にすると下のようになります。

car_img_06

以上、説明おわり!

 

 

すみません、ゆとり世代の人は、まだ理解できていないと思うので
(ゆとりをバカにするのはよくないですよね!)

厳密に正確なやつじゃなくていいから、もっと覚えやすいほうがいいな、という人のために、
【ざっくり三原則】もお教えします!

 

第1原則

糖類=単糖類+二糖類
  =ブドウ糖、果糖など+砂糖、麦芽糖など

 

これはですね、単糖類も二糖類も、ざっくり言っちゃえば砂糖みたいなものなんで

ざっくり第1原則

糖類=砂糖みたいなやつ
でいいでしょう

 

第2原則

糖質=炭水化物-食物繊維

食物繊維は、食べても体に吸収されない、いわゆる「うんち系」であり、
本当にうんちが出やすくなったり、難消化性デキストリンのように、糖質の吸収を穏やかにする機能をもつトクホ機能素材もありますが、基本的には、食感を変えたり、ボリューム増やしたりするために入れてて栄養学的にあまり意味がないので、
思い切って、食物繊維は無視しましょう!

ざっくり第2原則

糖質=ほぼ炭水化物
でOKです!

 

ちなみに、
糖質⊇糖類

は、糖類は糖質に含まれますよ、という意味です。
「糖類」と「糖質」がごっちゃになってしまう人は、

糖類 ⇒ 類 ⇒ 栗原類(ネガティブな人です)

糖質 ⇒ 質 ⇒ しつ ⇒ しづ ⇒ しずちゃん(ボクシング上手な人です)

糖質⊇糖類 ⇒ しずちゃんは、栗原類より大きい

と覚えましょう。

 

ざっくり第3原則

糖質摂り過ぎると、しずちゃんみたいに、ふくよかになるよ

 

今日は無駄なことを書き過ぎたせいで余白がなくなってしまいましたが(すみません・・・)
「糖質制限ダイエット」も流行ってることですし、
糖質に関しては、改めて、詳しく書きたいと思います!

 

————————————————————————————
本日のまとめ

糖類=砂糖みたいなやつ
糖質=ほぼ炭水化物
・私の一番好きな三河弁は「食べりん」です。

————————————————————————————

参考:糖質に関する総合情報サイト 糖質.jp
  :アサヒ飲料HP なぜなぜ豆知識(炭水化物・糖質)