♫やめられない、とまらない、かっぱえびせん♫

このキャッチフレーズでおなじみの、かっぱえびせん。

発売から50年。古くからみんなに愛される定番中の定番商品ですが、
本当に「やめられない、とまらない」人が続出しており、
生産工場で麻薬が混入されてるのでは?との噂も立っているようです。

でも、かっぱえびせんに「麻薬」が関係しているのは、あながち嘘ではない!?

かっぱえびせんがやめられない、とまらない。その理由とは…

 

 

話は変わりますが、

愛知県名古屋市、今池駅の近くにある、「大丸」というラーメン店をご存知でしょうか?

深夜2時に開店し、朝5時頃に閉店するという、伝説のラーメン店です。

 

このお店が❝伝説❞と謳われているのは、
営業時間が少し変わっているからではありません。

飲食店の命ともいえる、「味」に理由があります。

 

大丸のラーメンは、一言でいうと、

ものすごくまずい、のです。

 

見た目は、こんな感じです。
大丸ラーメン

見た目は、まぁ美味しそうですよね。

 

見ての通り、もやしが大量に乗っかっていますので、まずもやしから手をつけます。

しかし、このもやし、まったく味がしないのです!!

袋から出してそのまま乗せたんじゃないか、と疑わざるを得ないほどです。

 

正直、食べるのが苦痛なのですが、
見るからに怖そうな店主の目があるので、残す訳にはいきません。

なんとか頑張ってこの味がないもやしを片づけ、やっとお肉や麺が見えてきました。

 

味がないものを大量に食べていたので、少し味が濃いものが食べたいなと思い、
今度はお肉を食べてみます。

 

しかし、このお肉、尋常ではないくらいまずいのです。

まずいお肉なんて初めて食べたので、その衝撃は計り知れませんでした。

たぶん牛肉だと思うのですが、どう味付けすればこのような味になるのか、理解ができません。

 

仕方なく、今度は麺を食べるのですが、

麺もものすごくまずいのです!!

 

まず、麺を茹ですぎなんでしょうか。コシと呼ばれるものは一切ないですし、
そもそもスープの味が、なんというのでしょうか、薄すぎる醤油味みたいなもので、
麺とまったく絡んでいません。

 

しかし、店主が早く食べろという態度をとってくるので、
なんとかして食べ切ります。

 

最終的な感想としては、

はじめのもやしが一番おいしかったな、ということです。

二度と来ることはないだろうな、とそのときは思いました。

 

しかし、何日か経つと、無性にあのラーメンが食べたくなるのです。

なぜ、あのまずさを忘れてしまったのか、私は頭が悪いのかな、と思ったのですが、

どうやら、これは私だけに起きている現象ではないようでした。

 

なぜなら、この大丸、いつ行っても超満員、長蛇の列ができているのです。

私も何度も足を運ばせていただきましたが、いつも列に並ばされました。

 

この伝説のラーメン店「大丸」は、
2012年11月30日に、ビル取り壊しのため、惜しまれながら閉店されたとのことです。

閉店前に行くことはできなかったので、最後にもう一度食べたかったな、との思いが強い、そんなお店です。

 

 

さて、この「大丸」のラーメンと、冒頭のかっぱえびせん、私は共通点があると思うのです。

もちろん、かっぱえびせんはまずくなく、むしろ美味しいのですが、

あの、一度袋を開けたらもう最後まで食べ切らざるを得ないような、とまらない感覚、

そんな感覚になってしまうほど美味しいか?と言われると、そうでもないような気がします。

 

たとえば、チョコレートだって同じくらい美味しいと思うけど、
板チョコを一度に1枚まるまる食べ切っちゃおうとは思いません。

かっぱえびせんには1袋まるまる食べ切ってしまう魔力があります。

 

その疑問の答えについて、味覚学上では、一応の結論が出ています。

それは、脳の「報酬系」と呼ばれる神経に関係しています。

かっぱえびせんを食べると、脳の「報酬系」が刺激されるようなのです。

言葉を換えると、脳内麻薬によって中毒症状を引き起こしている、ということです!

 

この「報酬系」の刺激については、
油を使った食品、いわゆる「油脂」と呼ばれる成分によって引き起こされる、
ということは分かっているのですが、まだ詳しいことは分かっていません。

前述の「大丸」の例にもあるように、必ずしも、
美味しい=「報酬系」が刺激される
とは言えないようです。

また、個人差もあると思います。
週に何度も通い続けてしまうようなお店がある!という人は、
「報酬系」が刺激されやすい人、と言えるのではないでしょうか。

 

この「報酬系」に関する研究がもっと進めば、飲食店はどこも繁盛できそうですね!

 

————————————————————————————
本日のまとめ

かっぱえびせんがとまらない理由は、脳の「報酬系」が刺激されるから。
・「報酬系」についてはまだ詳しく分かっていない。
・岐阜に「大丸」の兄弟店があるようです。
———————————————————————————