食べ物の色合いは、味のイメージに大きな影響を与えます。

  ●  ● ● 

あなたは、これらの色を見て、どんな味を想像しますか?

 

 

文献「食品の色彩と味覚の関係」奥田弘枝氏ら 日本調理科学会誌Vol.35 No.1(2002)
に、「食べ物からイメージする色」について記載されております。

この文献によると・・・

 

甘味をイメージする色

⇒ ピンク色(赤色)

ピンク食べ物_

こんなドーナツを思い浮かべるのでしょうか(笑)

言われてみると、なんとなくピンクは甘い気がしてきます。

 

 

林家ペ^パー

「林家ペー・パー子はどんな味?」と聞かれたら、たしかに、
「しいて言えば、甘い」と答えてしまいそうです。

 

 

酸味をイメージする色

⇒ 黄色

レモン

すっぱい⇒レモン という発想からでしょうか。
黄色が「酸味」のイメージ堂々第一位となりました。

 

黄色アイス

黄色いソフトクリームは、なんとなく、すっぱい感じがしますね。

 

 

苦味をイメージする色

⇒ 茶色

パン 焦げ

焦げて、苦くなっちゃったイメージが強いのでしょうか?

 

チヨコレート-茶色

チョコは、確かに、甘くて苦いですね。
カカオ99%のチョコは苦くて食べれません!

 

 

塩味をイメージする色

⇒ 青色

青 海

青い海の水がしょっぱいから?
青色を見ると塩味をイメージするようです。

 

スライム

スライムは、しょっぱい??

 

 

うま味をイメージする色

⇒ オレンジ色

肉

肉のうま味からイメージするのでしょうか?
(肉は茶色のような気もしますが、、、)

 

スライムべス

スライムべスは、きっと、味噌汁のような味です^^

 

 

というわけですので、
赤いコップと青いコップに入ったジュースは・・・赤いコップのジュースの方が甘い!と考えられます。

コップ

そう言われると、赤いコップのほうが甘そうです。

 

味覚診断など、官能評価をする場合は、「色」で味の評価が変わってしまわないように注意が必要ですね。

 

 

おまけ:食欲を増進させる色

オレンジ黄色「暖色系」の色 ⇒ 食べたい!

水色などの「寒色系」の色  ⇒ 食べたくない!

という結果でした。

 

家族にご飯をたくさん食べてもらいたいときは、オレンジ色の器に入れると良さそうです!

逆に、「青い食べ物しか食べない!」と決めれば、ダイエットできそうですね。

 

———————————————————————————–
本日のまとめ

ピンク(赤)⇒ 甘い!  ⇒ しょっぱい!
暖色系の色は食欲を増進させる

・「青色ダイエットめがね」という商品があるらしい
————————————————————————————