私は学生時代、名言を集めるのが趣味で、就活の面接で披露して大失敗したのですが
(参照:好きな言葉(名言)で性格が分かる?~就活の採用面接でやってはいけないこと~

名言といえば、食に関する名言も多いですよね!

今日は、オススメの「食の名言・ことわざ」をご紹介します!

 

 

さっそくいきましょう!

まずは「食のことわざ」から!!

 

「食のことわざ」8選!

1.食べるために生きるな。生きるために食べよ。
イギリスのことわざ)

パッと見、意味がよくわからないですが^^、なんか、深い言葉ですよね。

このことわざは、「働くために生きるな、幸せに生きるために働け。」と続きます。

よって、、
生き延びる(カロリー摂取の)ために食べるんじゃない、「食べる(食を楽しむ)」ことそのものが「生きる」ことなんだ!!

と解釈しています。
ギリシャの哲学者「ソクラテス」の名言にも、同じものがありますね。

忙しい日々を過ごしていて、「何のため生きているのか・・・」と、目的と手段がごっちゃになっちゃう時は、この言葉を思い出しましょう!

 

2.空腹ならおいしく、好きなら綺麗に思う。
カンボジアのことわざ)

お腹がすいたら食べ物はおいしく感じます。
この感情を恋愛に例えているのは素敵ですね。

 

3.美食は剣よりももっと多くの人を殺す。
(フランスのことわざ)

フランス人にこのセリフを言われたら、「お前が言うな」とツッコミたくなりますが・・・

 

4.田舎者は食事がすむとすぐ帰る。
台湾のことわざ)

台湾旅行に行った時に、食べてすぐお会計したら、田舎者だと思われるので気をつけましょう。

 

5.三日飢えて泥棒しない者はいない。
韓国のことわざ)

「そんなことないでしょ、さすが韓国」と思ったあなた、失礼ですよ!!

日本人は本当の飢えを知らない人が多いと思いますが、、本当に死にそうなくらいお腹がすいた場合、生きるために手段を選べなくなる気持ちも分かります。とはいえ、どれだけ飢えても泥棒しない人もたくさんいると思いますが。。

 

6.イチジクの好きな人にイチジクの悪口を言うな。
チリのことわざ)

数ある食べ物の中から、イチジクをチョイスしたセンスが素敵です。

 

7.お祈りは短くソーセージは長く。
(ドイツのことわざ)

ドイツらしくて面白いですね。
ちなみにソーセージとウインナーの違いが気になる方はこちらから。

 

8.友人のいない人生は塩気のないピラフである。
(ウズベキスタンのことわざ)

友人を塩味に例えるセンスが、日本味覚協会としては嬉しい限りです!

 

 

 

 

「食の名言」10選!

 

1.美味とは食物そのものにあるのではなく味わう舌にあるものである。
(ジョン・ロック)

キャビアを子供が食べても、あまり美味しいとは感じないでしょう。
反対に、お子さま定食のハンバーグでは、大人は満足できない人が多いです。

「おいしさ」とは、「食べ物」にあるわけじゃなく、それを感じる舌、つまり「」との組み合わせにより、生じるものなのです!

この名言は、そんな当協会の考えに一致していて、素晴らしいなと思います。

 

2.新しい料理の発見は、新しい星の発見よりも人類を幸福にする。
サヴァラン)

こんなこと言ったら、天文学者に望遠鏡で殴られそうですが(笑)。
でも、事実だと思います。

 

3.食物に対する愛より誠実な愛はない。
バーナード・ショウ)

そうですよね・・・

 

4.空腹では隣人を愛せない。
(W・ウイルソン)

本当にお腹がすいたら、食べ物のことしか考えられないですもんね・・・

 

5.全員が美味しいという料理はこの世に存在しない。
(陳健一)

なぜなら、人それぞれ、味覚が異なるからです!

だから、食べ手の味覚に合う料理を提供する必要があり、そのために、個々人の味覚を知る必要があるのです。自分が美味しいと思ったものが、周りの人も美味しいと感じるとは限りません。
ぜひ、自分の味覚を調べてみましょう!
(定期的に味覚診断イベントも実施していますが、出張診断も承っておりますので、興味のある方はお問い合わせください!)

 

6.失敗は人生というフルコースメニューの中の一品。どうせなら、料理は一つ残らず味わおうじゃないの。
(ロザリンド・ラッセル)

素敵な言葉です!(味覚とは関係ないですが・・・)

 

7.食欲は食べているうちに出てくるものだ。
ラブレー)

デブが言いそうなセリフですね。
ラブレーさんはフランスの作家ですが、たぶん、デブです。(違ってたらすいません)

 

8.痩せろ?この体に幾らかけたと思ってるんだ!
(作者不詳)

これもデブの名言ですね。作者不詳ですが(ラブレーさんかも)。
ちなみに当協会は、決してデブ(ぽっちゃり系)を否定しておりません。むしろ、いろんな食べ物を味わっている勲章だと思っています。

 

9.和田アキ子がユンケルを飲んでると思ったらビールだったよ。
(タモリ)

コメントは控えさせて頂きます。

 

 10.人は生きるために食べるもので、味覚を楽しむために食べてはいけない。
(マハトマ・ガンジー)

最後の最後に、ガンジーさんに当協会の存在意義を全否定されてしまいました(涙)。

 

 

 

いろんな考え、いろんな名言・ことわざをご紹介させて頂きましたが、
何か一つでも、「いいな」と感じた言葉があれば嬉しいです!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・全員が美味しいという料理はこの世に存在しない
・なぜなら、人それぞれ、味覚が異なるから
・でも、君が作った料理は、世界で一番おいしいよ
————————————————————————————