「好きな食べ物は何ですか?」と聞かれたら、皆さんは何て答えますか?

深く考えず「オムライス」のようにパッと答える人もいるかと思いますが、「正直、好きな食べ物はたくさんあり過ぎて、一つに絞れないよ」という食いしん坊さんも多いかと思います。

 

そもそも、「好きな食べ物は何ですか?」と聞く時、「本当に、ガチで一番好きな食べ物を聞きたい」と思っている人はほとんどいません。
「楽しく会話したい」もしくは「気まずい沈黙があるから、場を繋げたい」と思って、そのためのツールとしてこの質問をする人が多数派だと思います。

つまり、「好きな食べ物は何?」と聞かれた場合、「本当に自分が好きな食べ物」を答える、よりも、 「複数ある、まあまあ好きな食べ物」のなかから、相手が求めてるような(盛り上がるような)返答をするのが、人生を上手に渡り歩くためのベターな方法だと思われます。

というわけで今日は、「好きな食べ物は何?」と聞かれた時の最適な答え方を考えてみます!

 

 

 

 

ちなみに、私はニンニクが好きですが、「好きな食べ物は?」と聞かれて「ニンニク」とは答えません。臭い人だと思われるからです。そして、特に会話が盛り上がることもありません。

 

でも、何て答えるのがベストなんでしょうか?
そして、何て答えたらダメなんでしょうか?

こんな(どうでもいい)ことを、深く考えたことがある人はほとんどいないと思います。

今日は、「好きな食べ物は何?」と聞かれた時の、
・最も良くない答え「ワースト7」
・最適な答え「ベスト7」
を考えてみます!

※シチュエーション
同世代の異性(初対面)と一緒に仕事で出張に行くことになり、東京から名古屋までの新幹線で隣の席になった。

 

 

「好きな食べ物は?」と聞かれた時の答え方「ワースト7」

第7位 「キャビア」

・高級なもの
・相手が食べたことあるかどうか不明なもの
は会話が続きにくく、避けた方が良いと思われます。

※ただし、「金持ちキャラでいく」と決めた場合は、アリだと思います。ただ、このキャラで行くと決めたら、東MAXさんのように、一万円札をハンカチ代わりに使って汗を拭いたりする必要も生じるので大変です。

 

 

第6位 「なんでも好き」

何でも好きな人は一般的には好印象なのですが、
「いやいや、そんな答え求めてないから!何か具体的に言ってほしい!」と相手は感じるはずです。

「強いて言うなら何?」と、更に突っ込んで聞いた場合ですら、「いやー、何でも好きなんですよー」と返されたら、それで会話終了です。名古屋まで無言で気まずい雰囲気になるでしょう。

 

 

第5位 「カニカマ」

「え?カニよりもカニカマが好きなの?」という会話が続き、その場では盛り上がると思いますが、「味オンチ」というレッテルが張られる危険性が高いです。

同様に「マーガリンが好き」とか「人工イクラが好き」など、いわゆる「コピー食品」が好きだと公言するのは、変な人だと思われるので、特に初対面では避けた方が良いでしょう。

 

 

 

第4位 「コーラ」

「好きな食べ物」を聞いてるのに「飲み物」を答える時点で、「あれ、会話がうまく出来ない人かな」と思われます。
しかも「コーラ」をチョイスしてしまうと、(私は好きなのですが)ジャンクフード的な、体に良くないイメージがあるため、好印象を与えることもなく、会話もたいして盛り上がらないという、悲惨な結果になるでしょう。

 

 

 

第3位 「ハンバーーグ!!」(ハンバーグ師匠風に)

ハンバーグ師匠

うるさいです。
そして、一緒にいて恥ずかしいと思われます。
私は個人的にはすごく好きですが・・・笑。

 

 

 

第2位 「まかない」(ピスタチオ風に)

0_1670182

・相手が、ピスタチオの元ネタを知っている
・「まかないです」の、ピスタチオのモノマネのクオリティの高さが必要

という2つのハードルを乗り越えることが非常に難易度高いと思われます。

相手が「何の?」と、ピスタチオ風に返してくれたら大成功ですが、おそらく1%以下の確率。ハイリスクすぎます。
相手に元ネタを気付いてもらえなかった場合、普通にヤバイ人だと思われてジ・エンドでしょう。

 

 

 

第1位 「好きな食べ物は・・・君だ」

あなたが向井理であればギリギリセーフですが、
そうでない場合、ドン引きです。今後一生、口を聞いてもらえないでしょう。

 

 

 

 

さて、続いて、最適な答え方の発表です!!

 

「好きな食べ物は?」と聞かれた時の答え方「ベスト7」

第7位 「お寿司」

お寿司は、好きな食べ物ランキングで1位を獲得しており、多くの方に共感を得られます。「私も好きです」となって、気が合う感じは演出できます。

しかし!ある意味、普通の答えなので、面白さはゼロです。
そして、高級な感じもあるので「ぜひ一緒にお寿司食べに行きましょう」とも気軽に言いにくいです。
逆に、ぜひ一緒に「スシロー」に行きましょう、とも言いにくい・・・。

というわけで、「お寿司」は、多くの方が好きな食べ物だけど、ここでの「最適な答え」だとは言えないでしょう。

 

 

第6位 「パクチー」

「好き」「嫌い」がはっきりしているものは、会話が盛り上がりやすいです。

ちなみに私はパクチー嫌いですが
「パクチー好きなんて考えられない」
「パクチー嫌いなんて、人生の半分損してるよ」
みたいな謎の人生観の会話にまで発展性があります。

また、嫌いな人が結構多いからこそ、お互い好きだった場合、「気が合う」と感じやすいです。

 

 

第5位 「ミラノ風ドリア」

サイゼリアの人気No.1メニュー(290円)です。
普通とはちょっと違う切り口で答えつつ、庶民派アピールもできます。微笑ましい感じです。

相手が「私はマルゲリータピザが好きです」と乗っかってくれれば、より親密になれて良いですね!

 

 

 

第4位 「ボローニャ風、欲張り乙女の恥じらいパスタ」

これは、「自由が丘にある行きつけのカフェのメニューなんだけど」という前置きが必要です。

正直、かなり攻めすぎでリスクはありますが、会話を楽しませようとしてくれる心意気は感じることができ、個人的には好きです。

そして、この回答なら、軌道修正も可能です。

「好きな食べ物は何ですか?」

「ボローニャ風ヘルシー乙女の恥じらいパスタです」

「え?」

「えっと、ボローニャ風ヘルシー乙女の恥じらいパスタです」

「・・・え?」

「・・・パスタです」

こんな感じで、最悪、ただの「パスタ」に修正可能なので、まずは思い切って言ってしまうのもアリかと思います笑。

 

 

 

第3位 「ラーメン」

ラーメンは基本的にみんな好きです。
そして、「とんこつ」「味噌」「醤油」「博多ラーメン」「横浜家系ラーメン」などジャンルも幅広く、会話を広げやすいです。

また各自のオススメラーメン屋も、おそらく1つ、2つはあると思うので「今後一緒に行ってみましょう」と繋がりやすいとも言えます。ラーメンはリーズナブルですし。

ごくたまに、相手が年間300件ラーメン屋を食べ歩いてる人とかガチな人の場合には困ってしまうのですが、可能性は低いと思います。「ラーメン」は、すごく安定感のある答えだと思います。

 

 

 

第2位 「甘いもの」

ピンポイントで答えず、ざっくり「甘いもの」と答えることで、相手の出方を伺い、臨機応変に対応しやすいです。

相手が、「私も甘い物好きです、○○のパンケーキが好きなんです!」「私、○○のわらび餅が好きなんです」「私、○○のチョコが好きなんです」となった場合に、「僕も好きです、今度一緒に行きましょうか」と誘いやすいですね!
※「実は味覚診断チョコが大好きなんです」と言ってくれる人には、まだ一度も会ったことがありません。残念です^^。

「甘いもの」は、多くの人が好きだから問題ないのですが、これを「苦いものが好き」とか「すっぱいものが好き」と答えると、ちょっと変な人だと思われます。気をつけましょう。

 

 

 

第1位 「カレー」

カレーはお寿司と同様、みんな好きです。嫌いな人を見たことがありません。高確率で「私も好きです」となります。
また、カレーは「子供っぽさ」や「かわいさ」もアピールできます。

家庭的なイメージもあり、調理しやすいことから、「よく料理するんですか?」と、料理の話題に持って行きやすいとも言えます。

 

デメリットとしては、「何カレー?」みたいな話題の広がりの可能性は低い(南インドカレー派?北インド派?とかにならない)のですが、まあそこは気にしなくても良いでしょう。無難で、かつ安定感のある答えだと思います。正直、初対面の人との会話は、無難で良いと思います。「欲張り乙女の恥じらいパスタ」は攻めすぎですね。

 

 

 

さて、あなたの好きな食べ物は見つかったでしょうか?

今回の案の中で、お気に入りの答えが1つでもあったら嬉しいです。

 

ちなみに、私のiPhoneで、Siriさんに「好きな食べ物は?」と聞いてみたら、「特に意見はありません」と言われました・・・。これが一番言ってはいけない答えだと思います。

———————————————————————————–
本日のまとめ

・私の好きな食べ物は「カレー」です。
・ サイゼリアのメニューの中では、若鶏のグリル(ディアボラ風)が好きです。
・「好きなタイプは?」と聞かれたら「食の好みが合う人」と答えましょう。
————————————————————————————