「ケーキ作るから小麦粉買ってきて」と言われたので、スーパーに行ってきました。
そしたら、「薄力小麦粉」「強力小麦粉」の2つありました。

迷った挙句、「”薄力” か”強力” かなら、そりゃ強力の方が良いでしょ」ということで、強力粉を買って帰ったら、
「なんで強力粉なの?普通は薄力粉でしょ。バカ」と言われ、強力なパンチを見舞われたことがある方も多いかと思います。

「強力粉」「薄力粉」は、よくお菓子を作る女子には馴染み深いかもしれませんが、「料理しない男子」には、何がなにやら分からないと思います。というわけで、今日は小麦粉について勉強しましょう!

 

 

 

「薄力粉」と「中力粉」と「強力粉」は、何が違うの?

栄養成分はどんな違いがあるの?

 

参考:食品成分データベース(文部科学省)

 

薄力粉:タンパク質が少なく、炭水化物が多い
強力粉:タンパク質が多く、炭水化物が少ない
中力粉:その中間くらい

つまり、一言でいえば、「薄力粉はタンパク質が少ないよ!」ということです!

 

 

「タンパク質の違い」って、具体的には何なの?

薄力粉と強力粉ではタンパク質の量に差があるのは分かりましたが、タンパク質って、具体的には何なのでしょうか?

 

結論を言ってしまうと、
小麦のタンパク質は、主に「グルテン」です。
(ちなみに、小麦の炭水化物は、主に「デンプン」です。)

「グルテン」って何だっけ?という方は、こちらの記事をご参照ください。
(参照:なぜ麺はのびるとまずいのか?~即席麺の作り方と「マルちゃん正麺」がおいしい理由~

 

つまり、薄力粉と強力粉では「グルテンの含有量が異なるよ!」ということです!

薄力粉:グルテン少ない ⇒ あんまり弾力ないよー
強力粉:グルテン多い  ⇒ モチモチ、弾力あり!
中力粉:その中間くらい

 

 

なんで「薄力粉」と「強力粉」はグルテンの量が違うの?

さて、いまさらですが、小麦粉の原料は何だと思いますか?

実は、小麦粉の原料は・・・・なんと!
まさか・・・・まさかこんな答えだとは!!
びっくりだ・・・・知らなかった自分を恥じたい・・・

実は・・・・小麦です!!!
(みなさん知らなかったと思います。勉強になりましたね笑)

 

小麦を製粉することによって小麦粉になるのですが、製粉方法の違いによって、「薄力粉」「強力粉」の差がでる、というわけではありません!!

「薄力粉」「強力粉」の違いは、原料の小麦の違いなのです!!

薄力粉の原料:軟質小麦
強力粉の原料:硬質小麦
中力粉の原料:中間質小麦

 

 

「薄力粉」と「強力粉」の見た目はどんな感じ?

薄力粉のが粒がきめ細かいです。
強力粉のほうが、粒が粗いです。
ちなみに、広島カープの4番も、新井です。(阪神にいた時にも、今みたいに打ってほしかったです)

 

 

「薄力粉」と「強力粉」に適した料理は?

これまでご説明しましたとおり、薄力粉と強力粉では、グルテンの含有量が違っていて、水を加えた時の弾力(モチモチさ)や粘りも異なります。また粒のきめ細かさも違います。よって、適した料理も異なります!!

薄力粉:ケーキ、お菓子、天ぷら、お好み焼き
強力粉:パン、ピザ、中華麺、餃子
中力粉:うどん、そうめん、たこ焼き

ちなみに私はPascoさんの「超熟」食パンを愛用しているのですが、最近有名なPascoさんのブランド小麦「ゆめちから」は、強力粉を上回る「超強力」小麦です。
(「ゆめちから」からパンを作る時は、別の中力粉とブレンドしているようです)

 

 

 

なんか情報量が多すぎてこんがらがっちゃったよ。

しょうがないですね。まとめた表を載せてあげましょう。

 

 

おまけ:小麦粉と片栗粉の違いは?

小麦粉は、タンパク質(グルテン)が8~12%、炭水化物(デンプン)が72~76%含まれます。
※タンパク質が少ないと「薄力粉」、タンパク質が多いと「強力粉」
一方、片栗粉は、タンパク質(グルテン)は含まれず、炭水化物(デンプン)が100%です!

つまり、片栗粉は「ウルトラ薄力粉」とも言えますね笑。

とはいえ、もし髪の薄い上司を見かけても、「お前は片栗粉か」と突っ込んではいけません。気を付けましょう。

 

 

 

さて、今日は「小麦粉」について勉強できましたね!
パン、ラーメン、パスタ、ケーキなどなど、今の日本人の食事を語る上で「小麦粉」は切っても切り離せません。私は、ほぼ毎日、小麦粉を食べてます!というわけで、今後も、小麦粉に関する強力な知識を身に付けたいと思います!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・強力粉は、グルテンの量が強力(たくさん)
・強力粉と中力粉と薄力粉の違いは、小麦の種類の違い
・強力粉は、「キョウリキコ」と読む。「キョウリョクコ」じゃないよ

————————————————————————————
参照:日清製粉グループHP