人生は「自分を主人公としたゲームのようなもの」だと言われます。

もし、自分の人生をゲームに例えた場合、あなたは「勝ち」だと思いますか?それとも「負け」ですか?

今日は「人生で必ず勝つための方法」について考えてみます!

 

 

 

私は、以前、ドラマや映画で流行った「ライアーゲーム」が大好きで、ドラマも映画も漫画も全部見ました。今でもたまに見てます。そのくらい好きです。

特に、主人公の秋山深一(松田翔太)がよく言ってた

「このゲームには必勝法がある」

というセリフが好きで、よくモノマネしたものです。

 

秋山さんの言う通り、多くのゲームには必勝法があります。

・必勝法を知っているかどうか
・必勝法に気付くことができるかどうか

が、その人の能力を決める、といっても過言ではありません。

 

まず、一番シンプルなゲームである「ジャンケン」の必勝法を考えてみましょう。

 

 

ジャンケン必勝法とは?

今の時代、知りたいことがあれば、まずネット検索ですね!
検索してみると、いろんな説が出ていました!

 

1.統計学的に初めに相手が出す確率が最も高いのはグー(35.0%)だから、パーを出せば勝てる説

⇒これは、勝つ確率がちょっとだけ高くなっただけで、必勝法とは言えないでしょう。

 

 

2.あいこになった時、同じ手を出す確率は低い(22.8%)から、あいこの手に負ける手を出せば勝てる説

⇒これも、ちょっと勝つ確率が高くなるだけですし、しかも、あいこにならないと使えないので、必勝法とは言えません。

 

 

3.相手が手を出す瞬間の手の形をよく見れば、相手が何を出すか分かる説

⇒手が開きかけていたらパーかチョキで、手を握ってたらグー、みたいな感じで推測する技です。HUNTER×HUNTERに出てくるゴンとキルアみたいな、すごい能力を持った人なら可能かもしれませんが、一般人には難しいです・・・。

 

 

4.お年寄りはチョキを出すのが苦手だから、お年寄りにはパーを出せば負けない説

⇒これは、お年寄りをバカにしすぎです。黒柳徹子さんでも、チョキは出せると思います。

 

 

5.ドラえもん相手には、パーを出せば勝てる説

ドラえもんはグーしか出せないので、これはある意味、必勝法です!すばらしい!!でも、「相手がドラえもん限定」というのが致命的です。22世紀にならないと使えません。

 

 

 

というわけで、ネットで検索しても、なかなか、納得できるような「必勝法」は見つかりません。

そこで!!私の考える「ジャンケン必勝法」を、例を交えてご紹介します!

 

~例1~

ぼく「ジャンケンしよっか」

友達「うん、いいよ」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

友達「やったー、勝った!」

ぼく「いやいや、2回勝ったほうが勝ちだから」

友達「そうなの?まあいいや、じゃあもう一回」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

ぼく「やったー、勝った!これで1勝1敗だね」

友達「よし、次が勝負だね」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

ぼく「やったー!勝った!これで、僕の勝ちだ!!」

 

ジャンケンは、確率的には勝敗は50%なので、長期戦に持ち込めば、必ず勝ち越すタイミングが出てきます。
これは、その「勝ち越したタイミングを勝ちとしてしまう!」という方法です。

これなら、最初に負けてたとしても、最終的に勝つことができます!!

 

 

 

~例2~

ぼく「ジャンケンしよっか」

友達「うん、いいよ、一発勝負ね」

ぼく「うん、いいよ」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

友達「やったー、勝った!」

ぼく「いやいや、今のは練習だから。次が本番だよ」

友達「何それー!まあいいや、じゃあ次が本番ね。」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

友達「やったー!また勝った!!」

ぼく「いやいや、今のは本番前のリハーサルだし!次が本番ね」

友達「なんだそりゃー!まあいいや、次が本番ね。」

両方「最初は、グー、ジャンケンポン!」

ぼく「やったー!勝ったー!僕の勝ちだね!!」

 

 

これは、「次に勝った方が勝ち!」として、勝つまで続けるという方法です。

なんか卑怯な気が・・・と感じる方も多いかと思いますが。
でも、ジャンケンで100%勝つには、この方法しかないと思います!

 

 

次に勝った方が勝ち!というのは、クイズ番組でもよくありますよね!

 

司会  「ただいまのポイントは、Aチーム50ポイント、Bチーム20ポイントです」

Aチーム「やったー!」

司会  「次が最後の問題です。最後の問題を正解したら1000ポイントです!」

Aチーム「えー!?今まで問題は何だったの??」

Bチーム「やったー!」

 

このように、勝った回数が多ければ良い、じゃなくて、要所で勝てれば勝ち!ということは、往々にしてあります。これと同様に、自分で「要所」を設定し、そこで勝てばよいのです!

 

 

 

というわけで私は、ジャンケン必勝法のポイントは、大きく2つあると考えます!

1.勝つまで、やり続ける

2.「勝ち」の条件を変える

 

これは、人生にも当てはまるのではないでしょうか。

 

 

 

人生の必勝法とは?

私の考える人生の必勝法は、以下の2つです。

1.勝つ(目標を達成する)まで続ける

2.勝つための条件(目標)を変更する

 

私は、小学1年生から大学まで、ずっと剣道を続けてきました。

私のように、部活(スポーツ、文科系ともに)を続けてきた方は多いと思います。部活などでは、大会に出ることも多いかと思います。大会の目標としては、

・地区大会で入賞する
・全国大会に出場する
・全国大会で優勝する
・オリンピックで金メダルを取る

と、いろいろあります。

 

スポーツをしてる人で、金メダルを取れなかった人の人生は「負け」でしょうか?

違います。そんなことはありません。

今まで1回も勝てなかった人が、3年間、必死に頑張って、最後の大会で1勝できたら、それば立派な「勝ち」だと思います。

つまり、自分に適した目標を立てて、それを達成できれば、それは「勝ち」なのです。

 

 

そして、もし、その目標が達成できなかったら、
「改めて挑戦」、もしくは「目標を変更」すれば良いのです!

 

例えば・・・

中学の時に「全国大会(全中)に行く!」ことを目標としていたします。でも、残念ながら、全国に行けませんでした。そしたら、次は「高校で全国大会(インターハイ)に行く!」ことを目標とすればよいのです。

もし、高校でもインターハイに行けなかったら、次は「大学で全国大会(インカレ)に行く!」ことを目標にすればよいのです。

そこで、目標を達成できればハッピーだし、もし、目標を達成できなくても、「社会人で全国大会に行く」と同じ分野でまた頑張るのも良いし、「次は、違う分野で全国レベルの人を目指す!」と、目標を違う分野に変えても問題ないのです!

 

※例えば、部屋に引きこもりの人がいて、もし「自分は負け組だ」と感じてたとしても

・明日、外に一歩でも出ることができれば、勝ち!

という目標を自分で作り、その目標を達成できれば、その人の人生は「勝ち」と言って良いと思います!

 

 

 

「今は出来ないけど努力すれば達成できそうなゴール(目標)を設定し、そのゴール(目標)まで走り切ること。ゴールに辿り着けなかったとしても、ゴール地点を変更して、何度もゴールを目指して走り続けること。」

 これが、私の考える、人生の必勝法です。

———————————————————————————–
本日のまとめ

・人生の必勝法は「勝てるように戦い方を修正しながら、勝てるまで続ける」こと
・たくさん勝てば良いわけではない。大事な勝負で勝つことが大事
・ドラえもんは、実はチョキも出せるらしい
————————————————————————————