想像してみてください。

あなたが、恋人と一緒に、雰囲気の良いフランス料理のお店に行きました。

店員さん「本日はご来店ありがとうございます。本日、特別に皆様に”シャンパン”もしくは”スパークリングワイン”を1杯サービスさせていただいております。シャンパンとスパークリングワイン、どちらに致しますか?」

さて、店員さんにこう聞かれた場合、あなたは何て答えますか?

 

 

 

冒頭の「シャンパンとスパークリングワイン、どっちを貰うべきか問題」について、

・コナンくん
・ゲン太くん
・光彦くん
・あゆみちゃん
・灰原さん

でグループディスカッションをしました。

 

 

コナンくん 「おい、お前ら、シャンパンとスパークリングワイン、どっちが飲みたい?」

あゆみちゃ「ねえねえ、シャンパンってなあに?」

ゲン太くん 「シャンパンってあれだろ、非常時に食べる、パッサパサのパンみたいなやつだろ。食前にあんなん食べたら口の中の水分が持ってかれるぞ」

光彦くん  「ゲン太くん、それはシャンパンじゃなくてカンパンですよ」

灰原さん  「そもそも子供たちで、お酒に関する議論をするのは不適切じゃないかしら?」

コナンくん 「バーロー、そこは突っ込んじゃいけないところだろうが」

ゲン太くん 「俺たち少年探偵団に解けない問題はないぞ。お酒の問題でも大丈夫だぞ」

コナンくん 「そうだな、ゲン太。じゃあこのグループディスカッションは俺が司会で仕切るから、みんなで考えてくれ」

あゆみちゃん「うん、わたし頑張る!」

光彦くん  「じゃあ僕は、タイムキーパーをします!」

ゲン太くん 「タイムキーパーってなんだよ。就職活動のグループディスカッションでもタイムキーパーの役割があるけど、あんなの必要ないだろ。みんなで時間気にしてれば十分だぞ」

あゆみちゃん「ゲン太くん、就職活動ってなあに?」

コナンくん 「おい、ゲン太、議論がズレてるそ。シャンパンとスパークリングワインの違いについて考えよう」

光彦くん  「みなさん、分かりました!シャンパンとスパークリングワインの違いについて、スマホで検索したらすぐ出てきましたよ!」

コナンくん 「おい、光彦!やめろ!検索したらすぐに答えが分かってしまうだろ」

灰原さん  「そうよ。今日の題材だと書く内容が少なくなってしまうから、この作者が敢えて私たちを登場させて文章量を稼いでるのに、検索しちゃったら意味ないわ」

コナンくん 「おい灰原、作者とか言うな。それに作者の心情を推し量るのは作者に迷惑だそ!」

灰原さん  「まあでも、すでに文章量はそれなりに稼げたようだし、光彦くん、もう、検索して出た答えを言ってしまっていいんじゃないかしら」

ゲン太くん 「なんかよく分かんないけど、光彦、早く教えろよ」

光彦くん  「分かりました。ではまず、スパークリングワインについてご説明しましょう。」

ゲン太くん 「スパークリングワインって、なんか、シュワシュワしてるワインのことだろ?」

光彦くん  「ゲン太くん、ほぼ正解です。なんで先に言っちゃうんですか」

ゲン太くん 「おっしゃー、正解だ!」

光彦くん  「スパークリングワインとは、発泡性ワインの総称です。」

あゆみちゃん「じゃあ、シャンパンも、スパークリングワインなの?」

光彦くん  「そうです。シャンパンは、スパークリングワインの一種なのです」

 

あゆみちゃん「じゃあ、シャンパンは、なんで特別に、シャンパンって呼ばれてるの?」

光彦くん  「あゆみちゃん、いい質問ですね。シャンパンは、スパークリングワインの中でも、①フランスのシャンパーニュ地方で作られていて、②シャンパーニュ方式という、特別な製法で作られたものを指すのです!」

あゆみちゃん「そうなんだ、すっごーい!」

ゲン太くん 「フランスのシャンパーニュ地方ってどこだ?」

光彦くん  「ここらへんですよ」

ゲン太くん 「おい、光彦!場所ざっくりすぎるだろ」

光彦くん  「ゲン太くん、冗談ですよ」

光彦くん  「シャンパーニュ地方は、フランスの北東部らへんです」

ゲン太くん 「シャンパーニュって、パリの近くなんだな。よく分かったぞ」

光彦くん  「ちなみに、スパークリングワインは、国によって、呼び方が違っています。代表的なものは以下となります」

イタリア・・・スプマンテ
スペイン・・・カヴァ
ドイツ・・・ゼクト
フランス(シャンパーニュ地方以外)・・・クレマン

 

ゲン太くん 「つまり、ワインの名前を見たら、どこの国のワインか分かるってことだな」

光彦くん  「ゲン太くんは、スペインがお似合いですね」

ゲン太くん 「スペインということは、カヴァか・・・っておい、誰がバカや!」

あゆみちゃん「光彦くん、ゲン太くんはバカでもカバでもないよ。どちらかといえば、おにぎりだよ」

ゲン太くん 「え?どういうことだ?」

コナンくん 「まあまあ。つまり話を整理すると、冒頭の問題で、シャンパンとスパークリングワインのどちらかをサービスしてもらえるなら、シャンパンの方が良い、ってことだな?」

光彦くん  「そうですね。平均的に、スパークリングワインよりもシャンパンのほうが価格も高いようですし。シャンパンのほうがお得でしょう」

ゲン太くん 「そうだな。シャンパンのほうが名前も格好いいしな。シャンパンにしようぜ!」

コナンくん 「よし。では俺たちの答えは、シャンパン、ということで。真実はいつもひとつ!!」

・・・・・・

あゆみちゃん「ねえ、本当にそうかなあ?」

コナンくん 「あゆみちゃん、どういうこと?」

あゆみちゃん「だって、シャンパン以外のスパークリングワインだって、シャンパンより美味しい可能性もあるでしょ?」

コナンくん 「うん、まあ、確かに」

あゆみちゃん「それに、恋人と2人で飲むのなら、シャンパンを2つ頼むんじゃなくて、シャンパンとスパークリングワインを1つずつ頼んだほうが、飲み合いっこできて、どっちの味も楽しめるよ?」

灰原さん  「あゆみちゃんの言う通りね。シャンパンの方が高級だからって、シャンパンを選ぶべき、とは限らないわ」

コナンくん 「(あゆみちゃん、小学生とは思えない発想だな。まさか、あゆみちゃんも大人の女性なのか?)」

光彦くん  「皆さん、議論終了の時間となりました。ありがとうございました」

 

 

文章量のわりに情報が少なくて大変恐縮です。

日本味覚協会の立場としても、上であゆみちゃんが言ってる通り、チャンスがあるのなら、いろんな食べ物を味わってみたほうが良いかと思います!

高級なものと、リーズナブルなものがあった場合、ヒトは高級なものを美味しく感じる傾向にありますが、事前情報に囚われず、「自分にとって美味しものはどれか?」を感じながら、料理を味わってみましょう!

———————————————————————————–
本日のまとめ
・シャンパンは、スパークリングワインの一種
・シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方で、特別な製法で作られたスパークリングワインのこと
・価格等の情報にとらわれず、いろんな食べ物を味わってみましょう!
————————————————————————————