あなたは「ミルクチョコ」と「ビターチョコ」と「ホワイトチョコ」、どれが好きですか?

この質問に答えるだけで、なんと、あなたの味覚の傾向が分かってしまうのです!

今日は、「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違いを分かりやすくご説明するとともに、日本味覚協会が主催した味覚イベントのアンケート結果から、「ミルクチョコ好き、ビターチョコ好き」と「、苦味の味覚感度」の関係について調査しましたのでご報告します!

スポンサーリンク

 

 

 

 

「ミルクチョコ」と「ビターチョコ」と「ホワイトチョコ」の違いは?

「ミルクチョコ」、「ビターチョコ」、「ホワイトチョコ」は、スーパーにも売ってますし、よく聞くと思いますが、これらの違いは何か分かりますか?

実は、これらは・・・チョコレートの原料が違うのです!!

 

 

 

チョコレートの原料とは?

チョコレートとは、
・カカオマス(カカオの種子を発酵・焙煎したもの)
・カカオバター(カカオマスから搾り取ったもの:ココアバターとも言う)
・砂糖
・ミルク(生乳の水分をなくして粉末にした「粉乳」がよく使用される)
などを混ぜて作られたものを言います。

※このほかに、植物油脂や香料、乳化剤(レシチン)等が使われることもあります。

また、「カカオ○%」と表示されているのは、カカオマスとカカオバターの割合を示しています。

カカオマスは色や風味に、カカオバターはなめらかな口溶けの素になります。
チョコレートの味は、カカオの品種や原産地、配合や製法の違いで大きく変わるのです!

 

 

ミルクチョコレートとは?

原料に「ミルク」が使用されているものを「ミルクチョコレート」と言います。そのままですね笑。

一般的なチョコレートは、基本的にミルクを使用しているので、ほとんどのチョコは「ミルクチョコレート」と言えます。

 

 

ビターチョコレートとは?

原料に「ミルク」が使われていないものを「ビターチョコレート」と言います。
(※ここでいうビターは、尾藤イサオのことではない)

但し、「チョコレート・ココア大辞典」によると、「ミルクが少し入っているチョコレートもビターチョコレートということがあります」と記載あることから、ちょっとならミルクが入ってても良いようです。※市販のビターチョコも、ミルクが少し入っているようです。

また「チョコレート・ココア大辞典」によると、「一部に、糖分や乳製品分が少なく苦味の多いチョコレートのことをいうことがあります。また最近では、カカオ分70~90%という低糖のチョコレートのことをいう場合もあります。」と記載あるので、苦めのチョコであれば結構なんでも「ビターチョコ」と言って差し支えないようです。結構、曖昧ですね(笑)。

 

 

ホワイトチョコレートとは?

ホワイトチョコは、「土日休み、残業ゼロ」のチョコのことを言うわけではありません。

ホワイトチョコは、「カカオマスが入っていない」チョコレートのことです。
カカオバターと砂糖とミルクで作られている(カカオマスがない)ので、色が白くなります。
私は、ホワイトチョコが好きです。

 

 

ルビーチョコレートとは?

ミルク、ビター、ホワイトに次ぐ第4のチョコとして、「ルビーチョコレート」も最近流行っていますね!

これは、原料のカカオの種類が「ルビーカカオ」といって、色は天然のピンク色、味はベリーのような爽やかな酸味のカカオ豆を使っています。私はまだ食べたことないので、ぜひ早く食べてみたいです!(「ブロンドチョコ」も第4のチョコとして有名ですね)。

 

 

 

 

ビターチョコよりミルクチョコが好きな人は、甘味の味覚感度が良い?

日本味覚協会が主催した味覚イベントにて、約160名の方を対象に、「食の嗜好性と味覚」に関するアンケートを実施しました。

 

まず、「ミルクチョコとビターチョコ、どっちが好き?」という質問をしたところ、
51%の方が、ミルクチョコ
・49%の方が、ビターチョコ
という結果でした。
ミルクチョコ派とビターチョコ派は拮抗しているようです!

 

 

続いて、当協会の味覚検定チョコを食べてもらい、味覚チェックを実施しました。

※味覚検定チョコは、「甘味」「塩味」「酸味」「」「うま味」の成分をほんの少し添加した5種のチョコを(答えが分からない状況で)食べて、どんな味か当ててもらう、楽しみながら食べるチョコです。

 

まずは、甘味についてチェックしました!

その結果、
・「ミルクチョコ好き」の甘味正答率は41.3%
・「ビターチョコ好き」の甘味正答率は34.2%
となり、「ミルクチョコ好き」の人のほうが、甘味の味覚が良い傾向があることが示されました!

ミルクチョコが好きな人は、甘いものが好きで、甘味に敏感なのですね。

 

 

 

ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は、苦味の味覚感度が良い?

続いて、苦味についても味覚検定チョコでチェックしてみました。

その結果、
・「ミルクチョコ好き」の苦味正答率は21.3%
・「ビターチョコ好き」の苦味正答率は35.5%
となり、「ビターチョコ好き」の人のほうが、苦味の味覚が良い傾向があることが示されました!

ビターチョコ好きの人は、苦いものが好きなのだと思います。
苦いものが好きな人の方が、苦味に敏感なのですね!

 

 

以上をまとめると

・ミルクチョコ好き ⇒ 甘味の感度が良い
・ビターチョコ好き ⇒ 苦味の感度が良い

という結果でした!とても面白い結果ですね!

 

今後とも、どんどん味覚イベントの結果を皆様にお伝えできればと思います!
よろしくお願いいたします!

———————————————————————————–
本日のまとめ
ミルクチョコが好きな人は、甘味の味覚感度が良い
・ビターチョコが好きな人は、苦味の味覚感度が良い

・ビターチョコ食べたら、背が伸びたー!(・・・これが本当の苦笑い)
————————————————————————————

スポンサーリンク

関連記事:甘党の人は甘さに敏感?~「甘党・辛党」と「甘味・塩味の味覚」の関係~

関連記事:よく料理を作る人は味覚が良い?~自炊頻度と味覚の関係~

関連記事:おいしい手作りチョコのコツ~なぜ「テンパリング」が必要なのか?~

関連記事:「和食好きな人」と「洋食好きな人」はどっちが味覚が良い?~うま味と和食の関係~

関連記事:「バナナとリンゴ、どっちが好き?」と聞くだけで味覚の良さが分かる?~すっぱい食べ物が好きな人は酸味感度が良い?~