あなたは、「和食」と「洋食」どっちが好きですか?

和食といえば・・・お味噌汁、刺身、天ぷら、肉じゃが、サバの味噌煮、などなど
洋食といえば・・・ハンバーグ、オムライス、ナポリタン、カツレツ、などなど

どっちも美味しそうですね!お腹すいてきました・・・

和食好きな人と、洋食好きな人は、どっちのほうが味覚が良いのでしょうか?気になります・・・
この質問に答えられる人は、世界中にもほとんどいないと思います。

今日は、日本味覚協会が主催した味覚イベントのアンケート結果から、「和食派」「洋食派」の味覚の違いについて調査しましたのでご報告します!

スポンサーリンク

 

 

 

和食とは?洋食とは?

そもそも、和食ってなんでしょうか?カレーライスは和食?トンカツは?難しいですね・・・何を参考にすればよいのやら。

 

そういえば、2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのでした!

じゃあその時に登録された「和食」が具体的に何なのか分かれば、それを参考にできるかもしれません!
・・・と思って調べてみたところ、特に、具体的な料理が登録されたわけではありませんでした。

「お味噌汁」や「鯖の味噌煮」などの具体的な料理が登録されたのではなく、登録されたのは「和食をめぐる文化(日本人の伝統的な食文化)」なのです。

登録された「和食」の特徴として以下が挙げられています。
※参照:農林水産省HP

「和食」の4つの特徴

(1)多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

(2)健康的な食生活を支える栄養バランス

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

(3)自然の美しさや季節の移ろいの表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

(4)正月などの年中行事との密接な関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。

 

というわけで、「和食」「洋食」を具体的に定義づけることはできないのですが、「和食」は上記の特徴を持つもの、と考えましょう!

下の図のようなイメージですね。

 

 

 

「和食好きな人」と「洋食好きな人」はどっちが味覚が良い?

さて、日本味覚協会が主催した味覚イベントにて、約160名の方を対象に、「食の嗜好性と味覚」に関するアンケートを実施しました。

まず、「あなたは和食と洋食どっちが好きですか?」という質問をしたところ、
・65%の方が、和食
・35%の方が、洋食
という結果でした。

和食が好きな人のほうが多数派のようです。

 

 

続いて、当協会の味覚検定チョコを食べてもらい、味覚チェックを実施しました。

※味覚検定チョコは、「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の成分をほんの少し添加した5種のチョコを(答えが分からない状況で)食べて、どんな味か当ててもらう、楽しみながら食べるチョコです。

 

 

全体の結果(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味の五味すべての結果)は以下の通りとなりました!

・「和食好き」な人の五味正答率は45.7%
・「洋食好き」な人の五味正答率は44.4%
となり、(和食好きな人の方が僅かに良い傾向があるものの)どちらも、ほぼ同じ結果となりました!

和食好きでも、洋食好きでも、味覚の良さにはほとんど影響がないようです。

 

 

和食好きな人は、うま味の感度が良い?

和食といえば・・・「だし」「味噌汁」などの「うま味」のイメージが強いです!
五味全部では「和食好き」と「洋食好き」で差がなかったけれど、もしかすると「うま味」だけなら差があるかもしれません!

というわけで、うま味に着目して解析してみました。

その結果、
・「和食好き」な人のうま味正答率は42.6%
・「洋食好き」な人のうま味正答率は30.9%
となり、「和食好き」は「洋食好き」に比べて、うま味の味覚が良い傾向があることが示されました!

やはり、「和食が好き=うま味が好き」となり、よくうま味を摂取しているからこそ、うま味に敏感なのだと思います!

 

 

以上をまとめると

・和食が好き ⇒ うま味の感度が良い
・和食が好き ⇒ (全体)が良いわけではない

という結果でした!面白い結果ですね!

 

 

 

ちなみに余談ですが・・・

「和食」のお店といえば、「和食さと」が有名ですね!

この「和食さと」の「さと」の由来は、一体なんでしょうか?

A:和食をサッと食べれる

B:創業者の名前が「さとう」

C:従業員が定時になったらサッと帰る

D:美味しすぎて客が店に「さっとう」する

 

正解は・・・

全部違います!!

 

 

本当の正解は
・創業者の名前が「重里」さん
・創業者のお母様の名前が「サト」さん(重里サトさん)
・ふるさとの「さと」
の3つが由来のようです。

創業者のお母様の「重里サト」さんのように、苗字の最後と名前が同じ読み方だと素敵ですね!
今井まい
佐々木サキ
落合あい
のような素敵な名前の方は羨ましいです。

 

有名人にも、苗字と名前が似てる人も多くて、憧れますね!
有栖川有栖
最上もが
野比のび太
マットマートン
デュラン・デュラン

 

すみません余談が長すぎて、今日はそもそも何の話をしてたのか忘れかけてしまいました笑。

うま味の味覚感度を良くしたい方は、ぜひ和食を食べましょう

———————————————————————————–
本日のまとめ
和食好きな人は、うま味の味覚感度が良い
・でも、和食好きだからと言って味覚(全体)が良いわけではない
・マットマートンは能見さんと仲良し
————————————————————————————

スポンサーリンク

関連記事:よく料理を作る人は味覚が良い?~自炊頻度と味覚の関係~

関連記事:甘党の人は甘さに敏感?~「甘党・辛党」と「甘味・塩味の味覚」の関係~

関連記事:「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違い~ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は苦味の味覚感度が良い?~

関連記事:「バナナとリンゴ、どっちが好き?」と聞くだけで味覚の良さが分かる?~すっぱい食べ物が好きな人は酸味感度が良い?~