辛いものは、
苦手!という人と、
すごく好き!という人とでわかれるように思います。

私はかなり好き!というタイプで、
家の近くにある激辛ラーメン屋さんによく行くのですが、
ほんとに辛いので体が受け付けず、高確率で翌日お腹をこわします。

しかし、「明日お腹をこわすんだろうなぁ」と思いつつも、
なぜか食べたくなりまたお店に足を運んでしまうのです!

これはいったいなぜなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

 

そもそも辛味ってなんだっけ?

辛”味”って言ってるくらいなんだから、味覚の一つだよね?
と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、

実は、辛味は味覚ではありません!

広い意味では味覚と言えるのですが、
学問上定義される「5つの基本味」に辛味は含まれず、痛覚の一種とされています。
※甘味、塩味、酸味、苦味、うま味を基本五味と呼びます。
※詳細は味の分類~5つの基本味「五味」~を参照。

 

この話をすると、
いやいや辛味って結構代表的な味なんだから、基本5味に入れてあげなよ!
って思っちゃいますが、
代表的だから、とか好みで5味を定義しているわけではありません。

基本5味と辛味では、感知する細胞(受容体)が違うため、定義が異なっているのです。

 

具体的には、
5味(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)は、味蕾(みらい)と呼ばれる細胞の集合体により感知され、

辛味は、TRPV1(トリップ ブイワン)、TRPA1(トリップ エーワン)という受容体により感知されます。

TRPV1(トリップ ブイワン)はカプサイシン受容体や熱刺激受容体とも呼ばれ、とうがらしなどの口の中がヒリヒリするような「ホット系」の辛味を感知します。

TRPA1(トリップ エーワン)は冷刺激受容体とも呼ばれ、わさびやからしなどのツーンとくるような「シャープ系」の辛味を感知します。

※味蕾の特徴は 味覚は衰える?~年齢と味蕾の数の関係~ を参照。
※辛味については 辛味の基礎知識~「ホット系」唐辛子と「シャープ系」ワサビの違いは?~ を参照。

 

 

辛味がやみつきになる理由

ノースウェスタン大学の雑誌でブログの『Helix』では、
辛いものを食べるとエンドルフィンとドーパミンという脳内物質(神経伝達物質)が放出される、
と報告しています。

 

エンドルフィンとは

エンドルフィン(β-エンドルフィン)の効果をわかりやすく言うと、
・快感!
・痛みを抑える!
の2点です。

興奮や快感を覚えた時や美味しいものを食べた時、あるいはその逆でストレスや苦痛に襲われた時などに放出されます。
マラソンの「ランナーズハイ」と呼ばれる現象にはエンドルフィンが深くかかわっていると言われています。

 

ドーパミンとは

ドーパミンの効果をわかりやすく言うと、
・やる気アップ!

です。ドーパミンが不足すると、意欲の減退や運動機能の低下、抑うつ感、不安感などの症状が出ると言われています。

 

 

辛味が苦手な人の特徴は?

これまでの話をまとめると、

辛いものが苦手な人は、
エンドルフィンやドーパミンが出にくい人
と言えるのではないかと考えられます。

※エンドルフィンによる鎮痛作用や快感を十分に感じられていないため、
辛いものは嫌!となるのではないかと想定。

 

そして、辛いものを食べた時に脳内物質が出にくい人は、
普段からもエンドルフィンやドーパミンが放出されにくい人
であると推察されます。

 

また、エンドルフィンやドーパミンが出やすい人は、
普段から高い意欲や多幸感を得やすい=ポジティブ!と言えます。

 

つまり、

辛いものが好き ⇒ エンドルフィンとドーパミンが出やすい ⇒ ポジティブ!

辛いものが苦手 ⇒ エンドルフィンとドーパミンが出にくい ⇒ ネガティブ!

という説が成り立つのではないでしょうか!?

 

もちろん個人差があるので100%この説が成り立つわけではないと思いますが、、

ここで!!この仮説を検証するため、
読者の皆様にアンケートをさせていただきたいと思います。

以下の4つの質問のうち、当てはまるものを選択して「投票」ボタンを押してください!

1.私は辛いものが好きな方で、どちらかといえばポジティブだ!(仮説通り)

2.私は辛いものが苦手な方で、どちらかといえばネガティブだ!(仮説通り)

3.私は辛いものが好きな方で、どちらかといえばネガティブだ!(仮説と違うよ)

4.私は辛いものが苦手な方で、どちらかといえばポジティブだ!(仮説と違うよ)

 

 

【アンケート】

 

辛味の好みと性格(ポジティブ/ネガティブ)について、以下の選択肢より1つお選びください。

 

是非お気軽にご回答をよろしくお願いいたします!

 

———————————————————————————–
本日のまとめ

・辛いものを食べると、脳内物質(エンドルフィン、ドーパミン)が放出される
・辛いものが好きな人はポジティブ?
・当ブログ初の試みでアンケートを取ってみました。ご協力お願いいたします
————————————————————————————

スポンサーリンク

参照:Helix「This Is Your Brain on Capsaicin」

参照:知っトク健康情報局「【セロトニン・ドーパミン・βエンドルフィン】幸せを呼ぶ3ホルモンを増やすには?」