12月は忘年会シーズンですね!飲み会が多くて大変かと思います。

特に新入社員(若手)は、飲み会で余興・ネタをやらされることもあるでしょう。

今日は、飲み会に参加した時に、急に「おもしろいことやって!」と言われた時に何をすべきか、について真剣に考えてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

飲み会で、急に「おもしろいことやってよ」と言われると、困ってしまいますよね・・・。でも、これまでの人生で、「なんか面白いことやってよ」と言われたことは数えきれないほどあります。

これ、困っちゃいますよね・・・。

「面白いことやって!」と言われた後に面白いことをやるのは、プロの芸人でも難しいと思います。無駄にハードルが上がってますし・・・。

 

とはいえ、

上司「なんか面白いことやってよ」
ぼく「え!?・・・ちょっと考えていいですか?」

と、間をあけてしまうと、余計ハードルが上がるし、ヘンな空気になるし・・・で、何も良いことがありません。

 

「無茶振りやめてくださいよ」
とか
「先にお手本を見せてください」
と言うのも、正論ではあるものの、正解ではないと思います。

 

そもそも、「おもしろいことやって」と言う人の本心は、「本当に面白い芸を見たい」というよりも、「場を盛り上げるように努めてほしい」ということだと思います。

 

「おもしろいことやって」と言われて、すぐに面白いことができる人は素晴らしいと思いますが・・・。
私は(このブログの読者ならご存知かと思いますが笑)全然面白くないので、すぐに面白いことはできません!これだけは断言できます!

 

じゃあ、「すぐに面白いこと」ができない人は、どうすればよいのでしょうか?

何をすべきかというと・・・
「すぐにスベること」が正解だと思います!

 

もし、とっておきの面白いネタを持ってる人は、そのネタをやりましょう。
でも、特に何もない場合は、素早くスベりましょう!!

 

ただ、「素早くスベる」と言っても、スベるのも意外と難しいものです。
スベるためには、「面白いことをやろうとしている」ことが明確に伝わらなければいけません。

 

素早くスベるためにも、事前にある程度考えておかないと、素早く対応できないのです。スベり芸もなかなか奥が深いのです。

というわけで今日は、素早くスベる為のオススメ一発芸&小ネタをご紹介します!

※基本的に、飲み会の場にありそうなものを使う小ネタです。

 

 

 

1.じゃんけんネタ

上司「ちょっと落ち着いてきたし、キミ、なんか面白いことやって!」

ぼく「えー!?いきなりですね・・・。わかりました!」

上司「おっ、いいねー!みんなちゅうもーく!」

ぼく「では、これからじゃんけん大会をします!僕に勝ったら、ご褒美として、僕の好きな食べ物・調味料を教えちゃいます!」

ガヤ「そんなん聞きたくねえよー」

 

ぼく「はい、それではいきまーす!」

ぼく「さいしょは、グー!じゃんけん・・・ポン酢!」

ガヤ「(ざわざわ・・・)」

 

 

ぼく「あいこで・・・醤油!」

ガヤ「(ざわざわ・・・なんかヤバい奴いるぞ)」

 

 

ぼく「あっちむいて・・・ホイコーロー!」

(・・・見事にスベる)

 

ぼく「はい、ありがとうございましたー。」(着席)

 

 

 

2.お金ネタ

上司「よし、じゃあ、キミ、なんかおもしろいことやって!」

ぼく「えー!!」

上司「はい、ちゅうもーく」

 

ぼく「いやいや、僕には、おもしろいことなんて・・・できま千円!」

 

ぼく「すいませんスベっちゃいました、ちょっとやる気出していいですか?」

ぼく「財布の中に、1万、2万、・・・やる気マンマン!!」

(・・・華麗にスベる)

 

ぼく「くそう、(1万円札に向かって)お前のせいでスベッたじゃないか。こんな1万円なんて、どっかいっちまんえーん」

ぼく「(そそくさとお札を拾いながら)どうもありがとうございましたー」

 

 

 

3.お酒ネタ

上司「なんかおもしろいことやって!」

ぼく「いやいや・・・」

上司「はい、ちゅうもーく!!」

ぼく「じゃあ、今から私の好きなお酒をご紹介させていただきたいと思います」

ガヤ「なんのお酒が好きなの?」

ぼく「いや、今日は、皆さんにお会いすることができて、本当に、本当に・・・嬉しいワイン!」

ガヤ「(ざわざわ・・・)」

 

ぼく「ワイン飲みまーす(一気飲み)」

ぼく「ありがとうございましたー」

 

 

上司「他に好きなお酒はないの?」

ぼく「え?そうですね・・・じゃあもう1種類、好きなお酒言いますね!」

ぼく「いきますよ・・・立ちあがって発表してもいいですか?」

ぼく「・・・起立!冷酒!着席!」

 

ぼく「冷酒、飲みまーす(一気飲み)」

ぼく「ありがとうございましたー」

 

 

上司「あれ、他に好きなお酒はないの?」

ぼく「え?またですか?そうですね・・・じゃあもう1種類だけ!」

 

ぼく「ほんとごめんなさい!ビールくん、本当は君のことが一番好きなんですよ!ビールくん、ほんとごめんなさい・・・・」

ぼく「・・・ビールに詫びーる!」

 

ぼく「ビール、飲みまーす(一気飲み)」

ぼく「ありがとうございましたー」

 

※ビールに詫びーる以外にも
・ビールに媚びーる
・ビールにびびーる
・ビールを浴びーる
・ビールが伸びーる
なども使えます(誰も使わないと思いますが笑)

 

 

ちなみに、これは決して一気飲みを推奨しているわけではありません。もし無茶ブリされた時に、ただ一気飲みして終わるより、このように一工夫したほうがベターかな、ということでご紹介させていただきました。

 

 

 

4.自己紹介ネタ(おまけ)

上司「なんかおもしろいことやって!」

ぼく「いやいや・・・」

上司「はい、ちゅうもーく!!」

ぼく「じゃあ、これから自己紹介をしながら、たくさん小ボケを入れるので、皆さん、素早くツッコんでください!たくさんツッコミできた人が優勝です!」

ガヤ「なんで勝手に大会はじめるんだよ!まあでもツッコミがんばるわー」

ぼく「それでは自己紹介をはじめます・・・」

 

ぼく「ぼくの名前は、福山雅治といいます」

ガヤ「どうみても違うだろ!」

ぼく「1985年生まれなので・・・独身です」

ガヤ「いやいや、結婚してそうな年齢だろ」

ぼく「血液型は、なで肩です」

「珍しい!」

ぼく「よく、モアイ像に似てるね、と言われますが、おしゃべりです」

ガヤ「福山雅治にもモアイ像にも似てるってどんな顔だよ」

ぼく「趣味は、週に1度の女子会です」

ガヤ「男なのに女子会を趣味にするなよ」

ぼく「特技は、隠れ身の術です」

ガヤ「忍者か!」

ぼく「もし仕事で大失敗しても、上手に隠します」

ガヤ「それはやめろよ」

ぼく「最近飲みすぎで太ってきたので、先日、ジャングルジムに入会しました」

ガヤ「ジャングルジムじゃなくてスポーツジム行けよ」

ぼく「最近のマイブームは、上半身浴です」

ガヤ「上半身浴ってなんだよ!どうやってやるんだよ」

ぼく「出身は、ハワイのオアフ島です」

ガヤ「武蔵丸か!」

ぼく「好きな部屋は、武蔵川部屋です」

ガヤ「武蔵丸か!」

ぼく「好きな言葉は、”会いたくて震える”です」

ガヤ「西野カナか!」

ぼく「もう一度言います。好きな言葉は”会いたくて震える”です」

ガヤ「なんで2回言ったんだよ!」

ぼく「これからもどうぞよろしくお願いします。こんな私ですが笑って許してください」

ガヤ「いやだから西野カナか!」

ぼく「どうもありがとうございましたー。」

 

 

 

さて、自分で言うのもなんですが・・・今日は見事なスベりでしたね!羽生結弦選手でもここまで華麗にスベるのは難しいでしょう笑。

 

今日は本当にどうしようもないお話をしてしまいごめんなさい・・・

 

次回から、ちゃんと「食・味覚」に関するお話しをしますので、どうか見捨てずに、今後ともよろしくお願いいたします。

———————————————————————————–
本日のまとめ

・「面白いことやって」と言われたら、素早くスベるのが大事
・時間を掛けて90点よりも、スピーディーな60点が好まれる
・最後まで読んで頂き・・・うれしいワイン!
————————————————————————————

スポンサーリンク