キス動画に関するニュース、見たことある方は多いと思います。
10代~20代前半の若いカップルの間で、キスしている動画をインターネット上に公開するのが流行っているとのこと。

ジャスサー世代(今年ちょうど30歳)の私としては、まったく理解ができません。
みっともない、とか、恥ずかしい、とか思っちゃいます。

しかし、流行っているということは、10代の間では、それが受け入れられているということ。
一言で言ってしまうと、価値観が違うのでしょうね。

そもそも、”価値観”ってなんだろう、、、ふと哲学的な気分になったので、
専門である、食分野に関する”価値観”について、考えてみました。

みなさん、アイスコーヒーとホットコーヒー、どっちが好きですか?

私は、アイスコーヒー派です。
(ホットのがアイスより安い時は、ホット注文します。せこいわけではない。)

 

アイスコーヒー飲むとき、ちょっと苦いので、ガムシロップを入れます。

ホットコーヒーには、砂糖を入れます。

あれれ?ここで疑問が!!
なぜ入れるもの違うのでしょうか?
どっちともガムシロップ入れちゃダメ??

今日は、そんな疑問に答えるべく、世の中に溢れている「果糖ぶどう糖液糖」に関するネタをお話をします!!

5/22(金)に、愛知県名古屋市にて行われたプレゼンテーションイベント
「ぺちゃくちゃないと@名古屋」に参加し、
一般社団法人日本味覚協会に関するプレゼンを披露させていただきました!!

プレゼンでは、
味覚って何?というお話をするだけでなく、GODIVAチョコレートと明治ミルクチョコレートの違いを体感するコーナーを設けるなど、参加型の形式で楽しくプレゼンをさせていただきました。

他のプレゼンターの方のお話もとても魅力的で、聴き手としてもたっぷり楽しんでしまいました!!

先日の記事
「 味覚を良くする方法を考える(その①)~ボンカレーとカリー屋カレーの違い、表現できますか?~」
では、「どうおいしいのか?」を考えて表現することが大事であることをお話しました。

 

今日は、具体的に
「食べた時の感想を言うコツ(グルメレポートのコツ)」「味の表現方法のコツ」
をお伝えします!

この記事を読めば、食レポの達人になれますよ!!

5/17(日)、三重県津市香良洲町で開催されましたイベント
「ふれあいのかおり2015」
にて、味覚診断ブースを出店させていただきました!!

イベント参加者の多くは潮干狩りを行うなど、海辺の町特有のどかな雰囲気があり、
また元気なちびっこ達が多く、私自身、とっても心が癒されました。

味覚診断ブースにも多くのちびっこ達に参加していただきました!

5/16(土)、愛知県名古屋市にて開催されましたイベント、
「ネイルサロン『REREAN』一周年記念パーティー」
にて、味覚診断ブースを出店させていただきました!!

ネイルサロン主催のパーティーということもあり、若い女性の方が多かったですが、
「味覚診断?初めて聞いたけどおもしろそー♡」
と興味を持っていただける方が多く、非常に多くの方に参加いただくことができました。

また、診断の答えを発表する場面などでは、お友達同士でとても盛り上がり、
ほぼ全ての方に「楽しかった―」と言っていただけました。

味覚診断イベントを実施すると、参加者の方から
「どうしたら味覚を良くすることができるんですか?」
とのご質問をお受けすることが多いです。

これは、とても難しい質問です。難しいからこそ、ずっと考えている問題でもあります。

今日は、「味覚を良くする方法」の一つについて、私が考えていることをお話します!

6/28(日)に、一般社団法人日本味覚協会主催、
味覚診断アドバイザー資格講座を開催いたします!!

 

身のまわりの方(ご家族・同僚・受け持ちの生徒等)に対して、
味覚診断をしてみませんか?

味覚診断の方法・内容に関する実技及び講義(2時間)を受講することで、
「味覚診断アドバイザー」資格を取得できます。

みなさん、「DHMO」という化学物質をご存知でしょうか?
この「DHMO」は、

  • 酸性雨の主成分であり、温室効果を引き起こすことも知られている
  • 高レベルのDHMOにさらされることで植物の成長が阻害される
  • 末期癌の腫瘍細胞中に必ず含まれている
  • この物質によって火傷のような症状が起こることがあり、固体状態のDHMOに長時間触れていると皮膚の大規模な損傷を起こす
  • 原子力発電所で大量に使用される
  • 多くの金属を腐食・劣化させる
  • 一度に大量に吸引すると死亡するリスクがある

ことが知られています。

この「DHMO」を、食品添加物として認めても良いと思いますか?

暑くなってきましたね!もうすぐ夏です!
夏の食べ物と言えば、、そう、スイカです!!

小学生の頃、夏休みに家の庭先でスイカを食べてたことが思い出されます。懐かしいです。

その時、おばあちゃんに「スイカに塩かけるとおいしいよ」と言われました。

こども心に、「え?スイカに塩かけるの?絶対に合わないでしょ」と思いつつも、言われるがままに塩をかけて食べました。そしたら、なんとなくスイカが甘く感じました。

 

今日は、こんな「スイカと塩」のような、不思議な味の合わせ技、
「対比効果」「抑制効果」「相乗効果」「変調効果」についてお話します!

PAGE TOP