私は、昔テレビでやってた「トリビアの泉」がすごく好きで、今でも録画したものを寝る前にちょくちょく見てしまいます。自分は、どうでもいいことが人一倍好きなのかもしれません。

この「トリビアの泉」という番組、個人的には「トリビアの種」のコーナーが一番好きなのですが、終盤の頃にはネタが尽きてきたのか、「ガセビアの沼」という新コーナーも始まりました。

 

今日は4月1日、エイプリルフールということで、「ガセビアの沼」に出てきた、
食べ物に関する嘘(ガセネタ)を紹介します!

———————————————————————————

久しぶりに、娘が、孫たちを連れて帰ってきたので、
腕によりをかけて料理を作ったんです。

でも、孫たちは、
「おばあちゃんの料理、しょっぱい!」
と言います。
私の味覚が悪くなったのしょうか?
それとも、孫の味覚がおかしいのでしょうか?

———————————————————————————

こんなおばあちゃんが、日本で1万人くらいいるのではないでしょうか。

年を重ねると、視覚や聴覚と同様に、味覚も衰えてしまいがちですが、
ひどくなると、何を食べても味を感じなくなったり、
何も食べてないのに苦味を感じたり、という「味覚障害」になってしまいます。

 

最近は、若い人でも味覚障害になる人が増えているようです。

今日は、味覚障害の原因と対策についてお話しします!

W杯も終わり、日本代表は世代交代の時期を迎えました。
試合直後に、代表引退を表明した選手もいましたね。
少し悲しい感じもしますが、継続してレベルアップしていくためには、世代交代は必要不可欠です。

実は、味覚伝達メカニズムについても、最近、世代交代が行われました。
どういうことかと言うと…

年を取ると、ちょっと運動するだけで息が切れたり、近くの物が見えにくくなったりと、身体的な能力は衰えていきます。
逆に、“職人”と呼ばれる方の持つ技術は、年を取るにつれて(経験を重ねるにつれて)磨かれていくように思います。

では、「味覚」は、年を取るにつれて衰えるのでしょうか?
あるいは、経験を重ねるにつれて磨かれていくものでしょうか?

 

「味覚」の要素は何があると思いますか?

光には三原色と呼ばれる基本の色があります。赤・緑・青の3色ですね。
これと同じように、味にも、5つの基本味「五味」が存在します。
さて、「五味」とは一体どんなものなのでしょうか。

 

PAGE TOP