先日の記事
「 味覚を良くする方法を考える(その①)~ボンカレーとカリー屋カレーの違い、表現できますか?~」
では、「どうおいしいのか?」を考えて表現することが大事であることをお話しました。

 

今日は、具体的に
「食べた時の感想を言うコツ(グルメレポートのコツ)」「味の表現方法のコツ」
をお伝えします!

この記事を読めば、食レポの達人になれますよ!!

暑くなってきましたね!もうすぐ夏です!
夏の食べ物と言えば、、そう、スイカです!!

小学生の頃、夏休みに家の庭先でスイカを食べてたことが思い出されます。懐かしいです。

その時、おばあちゃんに「スイカに塩かけるとおいしいよ」と言われました。

こども心に、「え?スイカに塩かけるの?絶対に合わないでしょ」と思いつつも、言われるがままに塩をかけて食べました。そしたら、なんとなくスイカが甘く感じました。

 

今日は、こんな「スイカと塩」のような、不思議な味の合わせ技、
「対比効果」「抑制効果」「相乗効果」「変調効果」についてお話します!

 

4/25(土)、4/26(日)の2日間にて、愛知県名古屋市(ポートメッセなごや)にて開催されるマンモスフリーマーケットに、「味覚診断」及び「味覚の簡易セルフチェック」のブースを出店いたします!!

「味覚の簡易セルフチェック」をご体験いただいた方は、以下より答えがご確認いただけるようになっております! 

食べ物の色合いは、味のイメージに大きな影響を与えます。

  ●  ● ● 

あなたは、これらの色を見て、どんな味を想像しますか?

2015年は100年に1度のイチゴ年です!

いちご、本当おいしいですよね。
「果物の中で一番いちごが好き」という方も多いと思います。

 

イチゴには、いろんな品種(ブランド)があります。

あまおう、とちおとめ、あかねっ娘、紅ほっぺ、あきひめ、さがほのか、さちのか、アイベリーなどなど・・・

 

どのブランドのいちごが一番おいしいでしょうか?

当協会の味覚診断イベントにて「あまおう」「紅ほっぺ」「あきひめ」をブラインドで試食して頂き、どれがおいしいかアンケート調査してみました。

節分の食べ物といえば、一昔前までは「豆」でしたが、現在では「恵方巻」が一番メジャーですね。

みなさん、「恵方巻」を毎年食べてますか?

私は、何度か食べたこともありますが、あまり好んで食べません・・・
なぜ自分は「恵方巻」を食べたいと思わないのでしょうか?

 

というわけで、今日は、私の個人的嗜好のみを考慮した、
ただただ自分が食べてみたい「おいしい恵方巻」について考えてみました。。

砂糖10gを、水90gと混ぜます。
飲みます。
 甘いです!
(これはコカ・コーラの糖濃度と同じくらいです)

次に、塩10gを、水90gと混ぜます。
飲みます。
しょっぱいです!
(これは醤油の塩分濃度よりちょっと低いくらいです)

 

じゃあ、この、すごく甘い10%砂糖水と、すごくしょっぱい10%食塩水を混ぜるとどうなるでしょうか?

甘いような、しょっぱいような、どっちでもなくなるような。

 

正解は・・・

みんな大好きヤフー知恵袋を読んでいたら、

たこ焼きは しょうゆですか?
ソースですか?
ぼくは しょうゆです
これは 譲れません♪(/ω\*)

と書いてありました。
(最後の顔文字がどんな感情を意味しているかは分かりません)

確かに、私も小さいとき、たこ焼きはソースと思い込んでいたのですが、
ある時、友達に、
「たこ焼きは醤油のが美味しいよ」
と言われ
「いやいやそんなバカな、たこ焼きに醤油が合うわけな・・・うまっ!!」
と、衝撃を受けた記憶があります。

今日は、そんな万能調味料、醤油のお話です。

ワインを飲みたい気分だけど、赤と白どっちを飲もうかな・・・
そんなとき、

肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン
が合うということは、皆さんもご存知だと思います。

しかし、なぜ肉料理に赤ワインが合うのか、その理由を知っていますか?

その理由とは…

W杯も終わり、日本代表は世代交代の時期を迎えました。
試合直後に、代表引退を表明した選手もいましたね。
少し悲しい感じもしますが、継続してレベルアップしていくためには、世代交代は必要不可欠です。

実は、味覚伝達メカニズムについても、最近、世代交代が行われました。
どういうことかと言うと…

PAGE TOP