1月15日(金)に、愛知県西尾市文化会館にて、
愛知県酪農農業協同組合 西尾支所の組合員の方、約60名を対象に、
講演『「」で楽しく味覚を学ぶ』を実施させて頂きました。

講演では、味覚に関するお話をすると同時に、
TV番組「芸能人格付けチェック」の形式にて、
グループに分かれて以下の問題に挑戦して頂きました。

1.ミックスジュースの中身を当てる!
2.GODIVAと普通のチョコを区別する!
3.バターとマーガリンの味を区別する!
4.味覚診断チョコの味を区別する!

「一流チーム」が2チーム出た反面、「どん底チーム」も出るなど、
チームにより正解・不正解が大きく分かれたこともあり、
皆さんに楽しんでいただき、とても盛り上がる講演になったと思います。

また酪農家の方が多かったため、バター・マーガリンの味を区別する問題が全体的に高得点だったのが特徴的でした。

関係者の皆様、ご協力いただき、ありがとうございました。

また本講演にはメディアの方にも足をお運びいただきました。メディア掲載状況の詳細につきましては別途アップさせて頂きます。

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第4弾は「鮭おにぎり」です🐻🐟🧡 ①紅しゃけ(セブンイレブン) ②焼鮭ほぐし(ローソン) ③紅しゃけ(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「鮭おにぎり」を食べ比べしました🌟 鮭おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 すばり「鮭の味」だと思います。 まず、今回鮭おにぎりの味覚評価を行ったところ他の具のおにぎりと比べて、3社とも強い特徴がなく、味の差がそんなにない!ということに驚きました。 ②の「ローソンの梅おにぎり」は、具の鮭が鮭フレークのような味と食感でした。しかし、他2つと比べると圧倒的に質量があって、食べ応えたっぷりでした。 一方で、①「セブンの鮭おにぎり」は、米と具の塩味が薄いものの、鮭の旨味を感じました。また、③「ファミマの鮭おにぎり」は、鮭の塩味が強いものの米に塩気がないので、良くバランスが取れていました。 そして、おいしさ評点は、 上品な味わい①「セブンの鮭おにぎり」と、米と具のバランスが良い③「ファミマの鮭おにぎり」が同率で1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の👬🇹🇭!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #鮭おにぎり#鮭#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?