「食品ロス」という言葉を聞いたことがありますか?

「食品ロス」とは、「本来食べられるにも関わらず捨てられる食品」のことを言います。

飲食店で働いた経験がある方なら、
販売期限が切れた食品や、調理に失敗した食品お客さんの食べ残しなどを
まだ食べられるのに、もったいないなと思いながらも、
廃棄処分した経験があるのではないでしょうか。

筆者は、ホテルのビュッフェでアルバイトをした初日に、
閉店後、大量に捨てられる料理を見て、唖然とした経験があります。

 

今回は、そんな「食品ロス」の問題の現状、要因、企業・行政の対策、
そして私たちが家庭でできる取り組みについて、紹介していこうと思います!

辛さは、味覚ではない!ということを知っていますか?
実は、辛さは痛覚の一種で、味覚を感じるのとは別の受容体により感知されているのです!!

では、辛さの感じ方が人によって違うのはなぜでしょうか?

最近は激辛ブームと言われていますが、、激辛好きにはどんな特徴があるのでしょうか??

 

そんな質問に対して、
2020年6月19日(金)に、TBSにて夕方(午後3時49分より)放送されている報道・情報番組「Nスタ」において、
日本味覚協会を代表して解説をさせていただきましたのでご紹介します!

日本味覚協会では「コンビニおにぎり」に関して、
これまで「セブン」「ローソン」「ファミマ」の
「ツナマヨ」「梅」「鮭」「明太子」「昆布」おにぎりの味覚評価(食べ比べ)を行いました。

 

5種類のおにぎりについて、栄養成分表示や、味の違い、おいしさなどについて述べてきましたが、

今回は、「コンビニおにぎり」味覚評価のまとめとして、

「セブン」「ローソン」「ファミマ」
結局どれが1番おいしいの?どれが最もコスパが良いの?それぞれの特徴は?

という疑問にお答えします!

爽やかな酸味と香りのする飲み物と言えば、、、、

「レモンティー」です!!!!

すっきりとしたい時は、アイスで、
またホットで飲むと、体が温まって、ほっとしますよね。

今回は、そんな「レモンティー」について
「リプトン」「午後の紅茶」「クラフトボス」の3種を対象に
味の違いやどれが美味しいか、味覚評価(飲み比べ)を実施しました。

みなさんは、「お寿司」を食べる時どのようにして食べますか?

 

ミカさん「どのようにって言われても・・・普通に食べるわよ」

みかくん「ぼくは通だから手で食べるよ!」

ミカさん「通といえば、私はシャリに醤油じゃなくてネタに醤油を垂らしてから食べるわね」

みかくん「ぼくは通だからわさび抜きで食べるよ」

ミカさん「それは通ではなくてただの子供ね」

 

と、、いろいろな食べ方がありますが、最近は、
お寿司は、逆さまにして食べた方がおいしい!と話題になっているようです。

このような食べ物の天地問題について、日本味覚協会の見解が
TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』で紹介されましたのでご報告させていただきます!

「昆布」って、おにぎりの具では結構メジャーなのに、
昆布おにぎりが1番好きという人には、未だかつて会ったことがありません。

そんなちょっと地味な?控えめな?「昆布」ですが、
実は、ミネラルたっぷりで、とっても栄養豊富な食材なのです!

 

今回は、そんな健康にも美容にも、うってつけの「昆布おにぎり」について、
味の違い、及びコンビニ3社でどのおにぎりが美味しいかを
日本味覚協会にて官能評価(食べ比べ)しました!

「明太子」「たらこ」は、
両方ともおにぎりやスパゲッティによく使われていて
子どもから大人まで好かれる食材ですよね!

しかし、「明太子」と「たらこ」の違いって何だろう、と思ったことはありませんか?

それは、ずばり、「辛いか、辛くないか」なんです。

どちらも、この「スケトウダラ」という目が大きくて細長い魚の「卵巣」から作られているんです。

「たらこ」は、この卵巣を塩漬けしたもので、
「明太子」は、「たらこ」を唐辛子や調味料で漬けたものです。

 

今回はそんな「明太子」がテーマ!!
「セブン」「ローソン」「ファミマ」の3社の「明太子おにぎり」の味の違いを評価してみました!

みなさん塩スイーツブームを覚えてますか?

塩スイーツが流行ったのは、今から10年以上前の2008年頃でした。

この頃は、キャラメルやプリン、チョコレート、和菓子など
様々なスイーツに「塩」が用いられ、塩スイーツブームが起こりました!

甘いスイーツになんで塩!?と驚きましたが、とてもおいしいものが多く、
今では、塩キャラメルや塩大福などの塩スイーツは、もはや定番になりつつありますよね。

 

このような異なる性質を持つ味の組み合わせ」について、
このたび、日本味覚協会に取材をいただき、またヤフーニュースに掲載いただきました。

異なる味の組み合わせがなぜおいしくなるのか
その
メカニズムや味を組み合わせる際のコツをご紹介します!!!

みなさん、突然ですが、

「鮭」!!!

この漢字をなんて読みますか?

おそらく、「しゃけ」と読む方と「さけ」と読む方がいるかと思います。
私は、「さけ」は「酒」と混同してしまうので、「しゃけ」と言っています。

 

実は、「鮭」の正式名称は、「サケ」で、広辞苑にも「さけ」と記載されています。

「しゃけ」は、「鮭」の方言として、
「さしすせそ」が上手く発音できない江戸弁を使う人たちの間で広まって、
今では全国に広まったようです。

他にも、海で生きている状態の「鮭」を「サケ」、食用になったものを「しゃけ」と言う説や、
アイヌ語で「鮭」を「サクイベ」「シャケンベ」ということから、「しゃけ」が生まれた説
などいろいろあるようです!

 

前置きが長くなりましたが、今回は、そんな「鮭おにぎり」の商品評価です!!!

最近は外出自粛の影響もあり、、自炊をしている人が多いのではないでしょうか。

料理を作ろう!となると、
これまでは料理本などを見ないといけなかったり、少しめんどくさいことが多かったのですが、
今は、動画で視覚的に料理の手順を見ることができるので、昔より簡単になりましたね!

ところで、レシピでは、調味料の量り方として、
「大さじ」や「小さじ」がよく使われています。

みなさんは、「大さじ1」は何グラムのことか、わかりますか?

PAGE TOP