これまで、お酒の飲み比べとして、
「ビール」、「レモンサワー」、「グレープフルーツサワー」を評価しました!

 

今回は、「ハイボール」の飲み比べ(味覚評価)です!

「トリス」「角」「ウィルキンソン」について、
味の違いや、どれが1番美味しいか、を調査しました!

スポンサーリンク

 

 

お酒好きの方は、いろんな種類のお酒を飲んだことがあると思いますが、

同じジャンルのお酒でブランドの異なる商品を、
少しずつ横並びで飲み比べてみたことがある人は少ないのではないでしょうか?

 

これまで「ビール」、「レモンサワー」、「グレープフルーツサワー」の飲み比べを実施しました。

※詳細は以下をご参照いただければと思います。

参考記事:ビール飲み比べ!味の違いは?美味しいのは?~「アサヒ」「サッポロ」「キリン」~

参考記事:レモンサワー飲み比べ!味の違いは?美味しいのは?~「ストロングゼロ」「氷結」「檸檬堂」~

参考記事:グレープフルーツサワー飲み比べ!味の違いは?美味しいのは?~「ストロングゼロ」「氷結」「クリアクーラー」~

 

 

 

今回は、以下3種類の「ハイボール」について、味覚評価(飲み比べ)を実施しました。

「トリス」【サントリー】
「角」【サントリー】
「ウィルキンソン」【アサヒ】


(2020年1月25日に日本味覚協会の評価者4名にて官能評価を実施)

 

 

見た目は、3種類とも、ほぼ同じ色ですね。
「トリス」が、ほんの少しだけ色が薄く見えました。

 

 

栄養成分表示

「ハイボール」の栄養成分表示は、以下のようになります。

 

「ハイボール」は、ウイスキーを炭酸水で割ったもので、蒸留酒に分類されます。

そして、蒸留酒は、低カロリー・低糖質です。

なので、カロリーのない炭酸水と割った「ハイボール」は、
ダイエット中にどうしてもお酒を飲みたくなったときには最適と言えるでしょう!

しかし、上記「ハイボール」の栄養成分表示のカロリーを見てみると意外と高いですね。
(ビールよりも高くなっています)
これは一般的なビールのアルコール度数が5%なのに対して、
「ハイボール」は、「トリス」が7%、「角」が7%、「ウィルキンソン」は9%となっているからです。

※アルコールには、1gあたり7.1calのカロリーがあり、
アルコール度数が高いほど、カロリーも高くなる傾向があります。

このカロリーは、糖質、脂質、たんぱく質などの栄養素が含まれていないので、
「エンプティーカロリー」と呼ばれます。

 

 

レーダーチャート

今回は、ハイボールの味の要素として、

1.燻製感
2.濃厚さ
3.辛味
4.香り
5.キレ
6.レモンの風味
7.スッキリ感
8.お酒感

の8項目を設定し、
各項目について5点満点で味覚評価(採点法)を行いました。

結果は、以下の通りです。

 

青色が、「トリス」、ピンク色が「角」、緑色が「ウィルキンソン」を示します。

では、それぞれのハイボールの特徴を見ていきます。

 

 

「トリス」の特徴

「トリス」は、燻製感が弱く、ウイスキーっぽい独特な癖をあまり感じなかったので、
とても飲みやすく、3種類の中で、最も軽い印象でした。

見た目の色は、やや薄いように見えましたが、
レモンの風味を最も強く感じました。

飲みやすい反面、香りや辛味、またお酒感も弱かったので、
ハイボール好きな人は、やや物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

「角」の特徴

「角」は、最も燻製感が強く、
ハイボール特有のウイスキーのような香りや癖を強く感じました。

一方で、レモンの風味は、最も弱く感じ、
スッキリ感の項目も低い項目でした。

ウイスキーやハイボールが好きな方は、おいしく飲めそうです。

 

 

「ウィルキンソン」の特徴

「ウィルキンソン」と言えば、強炭酸水でも有名ですが、
やはり、炭酸が最も強く、一口目にインパクトがありました。

また、濃厚さ、辛味、香り、キレ、スッキリ感、お酒感の項目において、
最も高いポイントです。

また、9%とアルコール度数が高いこともあり、特にお酒感はかなり強く、
味が濃いめなのも印象的でした。

 

 

おいしさの評価

これらを受けて、日本味覚協会では、僭越ながら
各個人が感じた「おいしさ」について、5点満点で評価をさせて頂いております。

その結果はこちらです!

 

今回はかなり接戦でした!

「ハイボール」を評価するうえでのポイントは、ずばり、「癖」です!

「トリス」(サントリー)は、クセがないので飲みやすかったです。
しかし、全体的に味が弱かったことが、マイナスになってしまいました。

一方で、「角」(サントリー)は、3種類の中で最も燻製感を感じ、
ハイボール特有の癖がかなりあるという印象を持ちました。

そして、「ウィルキンソン」(アサヒ)は
炭酸やウイスキーの風味が強く、そして味も濃いめなのが特徴でしたが、
そこまで癖を感じずに飲みやすかったです。

よって今回の「ハイボール」飲み比べでは、
僅差で、「ウィルキンソン」が1位になりました!!!

 

 

なお、日本味覚協会ではこのような味覚評価(商品評価)をインスタグラムにて公開しています。
よろしければフォローしてみてくださいね!

———————————————————————————–
本日のまとめ
・「トリス」は、ウイスキー感弱く、レモンの風味強めで、飲みやすい、でも全体的に味薄め…?
・「角」は、ウイスキー感強い、独特な香り、癖強めのザ・ハイボール。
・「ウィルキンソン」は、強炭酸おいしい、味も濃い、なのに癖がなくて飲みやすい!!
———————————————————————————–

スポンサーリンク

アンケートにご協力お願いします

一般社団法人日本味覚協会 大学生スタッフの卒業論文に関するアンケート(以下)について、ご協力をいただけますと幸いです。

 

 

私は、津田塾大学学芸学部国際関係学科4年の羽鳥優香と申します。

このアンケートは、卒業論文で「幸福度と性格の関係」を研究するための調査です。
調査で収集したデータは研究目的以外での使用は行いません。またアンケートは無記名で行われ、個人が特定されない形で集計・公表されます。ご協力いただいた方が不利益を被ることはございません。

上記の趣旨をご理解いただき、何卒ご回答をお願い致します。
なおご回答により本研究への協力に同意したとみなさせていただきます。

 

    性格に関する以下の質問にお答えください。(必須)

    幸福度に関する以下の質問にお答えください。(必須)

     

    津田塾大学
    学芸学部国際関係学科4年
    羽鳥優香

    【連絡先】
    津田塾大学
    学芸学部国際関係学科 准教授
    森悠子(MAIL:y.mori@tsuda.ac.jp

    日本味覚協会による商品評価

    日本味覚協会では、・飲み比べ(商品評価)を実施しています。

    日本味覚協会のインスタグラム

    を是非ご参照お願い致します!