11月11日は、「ポッキー&プリッツ」の日です!

そこで今回は、「ポッキー」と「トッポ」の食べ比べ(味覚評価)を行いました!

味の違いや、どちらが美味しいのかを調査しましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

「ポッキー」と「トッポ」は、どちらも日本を代表するようなお菓子なので、
みなさん一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

どちらもスティック状で、チョコが用いられている点が共通しているため、
「ポッキーVSトッポ」論争が(一部の方で)行われてるようです。

 

 

「ポッキー」は、外側にチョコレートがコーティングされているのに対して、
「トッポ」は、中にチョコレートが詰め込まれている、という点が大きく異なりますが、

今回はそれぞれの「チョコレートの味」に着目して食べ比べをしました。

 

改めて、、
今回は、以下2種類での食べ比べです。

「ポッキー」【グリコ】
「トッポ」」【ロッテ】

(2020年11月10日に日本味覚協会の評価者2名にて官能評価を実施しました)

 

それぞれの値段は、セブンイレブンで購入し、
「ポッキー」が税込162円、「トッポ」が税込163円でした。

 

また、内容量はどちらも1袋あたり36gです。

 

1袋あたりの本数は、「ポッキー」が17本、「トッポ」が12本でした。
重さは同じですが、本数は違うんですね!

 

1本の長さと太さを測ってみたところ、
「ポッキー」が長さ13cm、太さ0.3cm、
「トッポ」が長さ12.3cm、太さ0.5cmでした。

「ポッキー」の方が長さが0.7cm長く、「トッポ」の方が0.2cm太いことが分かりました!

 

 

栄養成分表示

「ポッキー」と「トッポ」それぞれの栄養成分表示は、以下のようになります。

 

1袋あたりカロリーは、「ポッキー」の方が若干ですが低いことが分かります。

脂質の量が少しだけ「トッポ」の方が高いのは、
チョコレートを固めてくちどけがなめらかになる植物油脂を多く使っていると予測できます。

炭水化物が「ポッキー」の方が多いのは、
プレッツェルの原材料となる小麦を「トッポ」よりも多く使用しているからかもしれません。

 

 

レーダーチャート

今回は、「ポッキー」と「トッポ」の味の要素として、

1.チョコの甘味
2.カカオ感
3.ミルク感
4.プレッツェルのサクサク感
5.プレッツェルの香ばしさ
6.チョコの多さ

の6項目を設定し、
各項目について5点満点で味覚評価(採点法)を行いました。

結果は、以下の通りです。

赤色が「ポッキー」、山吹色が「トッポ」を示します。

 

 

原材料表示と味覚評価の関係

次に、原材料表示を見比べてみます。

【ポッキー】

 

【トッポ】

 

まとめると以下のようになります。

【ポッキー】

小麦粉、砂糖、カカオマス植物油脂、全粉乳、ショートニング、モルトエキス、でん粉、イースト、食塩、ココアバター/乳化剤、香料、膨張剤、アナトー色素、調味料(無機塩)

 

【トッポ】

小麦粉、砂糖、植物油脂、全粉乳、でん粉、カカオマス、ショートニング、加糖れん乳、クリームパウダー、ココアバター、モルトエキス、食塩、ココアバター、大豆胚芽エキス/加工でん粉、膨張剤、乳化剤、香料、アナトー色素

※/以降は、食品添加物が記載されています。

 

 

「ポッキー」と「トッポ」の原材料表示を比べてみると、
「ポッキー」は、3番目にカカオマスが多く含まれているのに対して、
「トッポ」は、カカオマスが6番目です!

(3番目に植物油脂が多く含まれており、その後に全粉乳、でん粉、カカオマスと続きます)

 

実際に味覚評価でも、「ポッキー」の方がより強いカカオ感を感じ、
「トッポ」の方がよりミルク感を強く感じました。

 

 

それでは、「ポッキー」と「トッポ」の特徴を詳しくみていきます。

 

「ポッキー」の特徴

「ポッキー」は、プレッツェルの外側にチョコレートがコーティングしてあるので、
一口目から、チョコの甘味をガツンと感じます。

チョコの甘味とカカオ感を強く感じましたが、
これは「ポッキー」の構造的に、チョコレートを直接舌で感じるので、
より強い甘味を感じやすいからという可能性も考えられます。

そして、チョコレートの層が薄いので、
プレッツェルのサクサク感を強く感じます。

「トッポ」よりも細いので、商品名の由来となったように、
ポキッと折れる感覚が食べていて楽しいです。

 

 

「トッポ」の特徴

「トッポ」は、プレッツェルの内側にチョコレートが詰め込まれているので、
噛んでいるとだんだんとチョコレートを感じるようになります。

チョコの甘さは控えめで、
カカオよりもミルク感をより強く感じるマイルドな味わいのミルクチョコレートです。

プレッツェルは「ポッキー」と比べると、しっとりとしています。

キャッチフレーズの通りに、最後までチョコがたっぷり入っているので、満足感が高いです。

 

 

おいしさの評価

これらを受けて、日本味覚協会では、僭越ながら
各個人が感じた「おいしさ」について、5点満点で評価をさせて頂いております。

その結果はこちらです!

 

今回は「ポッキー」と「トッポ」のチョコの味に焦点を当てて、味覚評価をしました。

「ポッキー」は、カカオ感、甘さ強めのチョコレートなのに対して、
「トッポ」は、甘さ控えめでミルク感の強いマイルドなチョコレートでした。

どちらも本当に美味しかったのですが、
チョコがぎっしりと詰まっていて食べ応えたっぷりな「トッポ」が僅差で勝利となりました!

 

なお、日本味覚協会ではこのような味覚評価(商品評価)をインスタグラムにて公開しています。
よろしければフォローしてみてくださいね!

———————————————————————————–
本日のまとめ
・「ポッキー」は、カカオ感甘さ強めのしっかりチョコレートにサクサク食感のプレッツェル。
・「トッポ」は、甘さ控えめミルク感たっぷりのチョコレート、チョコの重量感しっかり。
・みなさん的11月11日は何の日?筆者的には「芋けんぴの日」。明日は芋けんぴ0カロリーにならないかなぁ。
———————————————————————————–

スポンサーリンク

関連記事:「きのこの山」「たけのこの里」味の違いは?どっちがおいしい?~味覚評価(食べ比べ)~

アンケートにご協力お願いします

ダイエットする場合、あなたはどちらを優先して行いますか?

 

食事制限でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

 

運動でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

日本味覚協会による商品評価

日本味覚協会では、・飲み比べ(商品評価)を実施しています。

日本味覚協会のインスタグラム

を是非ご参照お願い致します!