突然ですが、あなたはパクチーが好きですか?

パクチーが大好きな人もいれば、大嫌いな人もいます。
同じ食べ物でも、好き嫌いは人それぞれなのです。

パクチーのように、食べ物に関しては、嗜好性が人によって異なることが多いです。

でも、実は、ディズニーランドも、パクチーと同様に嗜好性は人それぞれで、好きな人だけでなく、嫌いな人も結構いるのです!!

今日は、ディズニーランドが好きな人と嫌いな人の会話をお届けします。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ミカさん「みかくんは、ディズニーランド好き?」

みかくん「うん、もちろん好きだよ。ミカさんは?」

ミカさん「私は、ディズニーランドは大嫌いよ」

みかくん「え?ディズニー嫌いな人なんているの?」

ミカさん「正直、ディズニーランドはぶっ壊して欲しいから、この前の選挙ではディズニーランドから国民を守る党、いわゆるD国に投票したわ」

みかくん「D国じゃなくてN国だから!”ディズニーランドをぶっ壊す”って選挙演説で言ったら、絶対に選挙に当選しないと思う」

ミカさん「ディズニーランドに行くくらいなら、サザエさんランドに行ったほうが楽しめるわ」

みかくん「サザエさんランドって何!?ちょっと楽しそうではあるけど」

ミカさん「あなたは、ディズニーランドの何が楽しいの?」

みかくん「何がって、全部だよ!たぶん、ミカさんは楽しみ方を知らないだけよ。今度、一緒にディズニーランド行こっか」

ミカさん「あなたと一緒だと、どこに行っても楽しくないわ」

みかくん「やかましいです」

ミカさん「まあでも仕方ないわね。一緒に行ってあげるわ」

みかくん「ディズニーランドとディズニーシー、どっちがいい?」

ミカさん「もちろんディズニーシーよ」

みかくん「なんで?」

ミカさん「お酒が飲めるからよ」

みかくん「そうだと思った・・・」

ミカさん「さて、じゃあ明日、ディズニーシーに行くわよ」

 

~当日~

ミカさん「さて、着いたわね」

みかくん「ミカさん、ディズニーランドって、誰が作ったか知ってる?」

ミカさん「姉歯建築事務所よ」

みかくん「なんでだよ!ディズニーランドに耐震偽装疑惑はないから!」

ミカさん「え?違うの?」

みかくん「若い人は、姉歯建築事務所とか知らないと思うよ」

ミカさん「失礼ね。じゃあ、早速ディズニーシーの中に入るわよ!・・・ウイーン」

キャスト「いらっしゃいませー」

みかくん「なんでだよ!ディズニーの入り口、自動ドアじゃないから!」

ミカさん「え?手動ドア?」

みかくん「手動ドアでもない。それに、キャストも、”いらっしゃいませ”なんて言わないよ。コンビニか!」

ミカさん「それにしても暑いわね。喉かわいたわ。とりあえず生ビール2つ!」

キャスト「はい、よろこんでー」

みかくん「やる気茶屋のバイトか!」

ミカさん「注文して喜ぶなんて、さすがディズニーのキャストはおもてなしの精神が素晴らしいわね」

みかくん「・・・とりあえず早くディズニーシーの中に入りましょう」

 

みかくん「さて、ついに中に入れたね!」

ミカさん「やだやだ見てよ!この中、頭のおかしい人がたくさんいるわ!」

みかくん「いやいや、みんな楽しそうじゃん」

ミカさん「ほら、あそこ、頭に猫の耳みたいなやつを付けてるよ。あれはヤバイ奴だわ」

みかくん「ディズニーの中でミッキーの耳を付けるのは、いたって普通だと思うよ」

ミカさん「それにほら、あそこ、Tシャツ一枚で下半身丸出しの変態もいるわ」

みかくん「あれは、クマのプーさんだね」

ミカさん「シャツの丈もやたら短くてお腹も丸出しだし。きっと露出狂よ」

みかくん「クマのプーさんは意図せず露出しちゃってるだけで、露出狂ではないよ」

 

ミカさん「さて、入場したら、急いでアトラクションのファストパスをゲットしなきゃね」

みかくん「ミカさん、ファストパスは知ってるんだね」

ミカさん「ファストパスは私に任せて!ダッシュでゲットしてくるわ」

みかくん「じゃあ、お任せしようかな」

 

ミカさん「無事に、ファストパスをゲットできたわよ」

みかくん「ありがとう。ちなみに、何のアトラクションのファストパス取ったの?」

ミカさん「もちろん、海底二万マイルよ」

みかくん「なんでだよ!海底二万マイルなんて、ファストパスなくてもいつもガラガラだから!」

ミカさん「え?人気のアトラクションじゃないの?」

みかくん「入場してすぐ海底二万マイルのファストパスをゲットする人、はじめて見たよ」

ミカさん「そんな文句言われるなら、もういい!帰る!」

みかくん「え?もう嫌になったの?」

ミカさん「そもそも、ディズニーは、ありえないことだらけで嫌なのよ」

みかくん「いやいや、何がありえないの?」

ミカさん「海底二万マイルだって、ありえないから!」

みかくん「え?何が?」

ミカさん「1マイルは、約1.6キロでしょ。つまり、二万マイルは約3.2万キロよ。地球の直径が約1.3万キロなのに、海底3万キロってありえないわ。地球を貫通するわよ」

みかくん「いや、そんなこと気にしちゃだめだよ」

ミカさん「アラジンの話でも、空を飛ぶじゅうたんが出てくるのよ。物理的にありえないわ」

みかくん「ディズニーに物理を持ち出しちゃダメだから」

ミカさん「それに、トイストーリーに出てくる人は、毎年毎年、ラストイヤーって言ってるし」

みかくん「それは、バズ・ラストイヤーのことだね。名前がラストイヤーだから仕方ないよ」

ミカさん「それに、リトルマーメイドの話には人魚姫が出てくるけど、人魚姫なんて生物学的にありえないから」

みかくん「いやいや、人魚姫だってどこかに存在するかもしれないじゃん」

ミカさん「ありえない。人魚姫なんて、ありえないわ」

みかくん「さっきから、ありえないありえないってって言ってるけど、あの人魚姫、アリエルだから」

ミカさん「それにきっと、あの下半身の魚部分は着脱可能で服みたいになってて、家に帰ったら合成洗剤で洗ってるのよ」

みかくん「合成洗剤って・・・。それはアリエールだから」

ミカさん「・・・さっきから何を言ってるの?」

みかくん「・・・すみませんでした」

ミカさん「ちなみに、私が唯一好きなディズニーキャラクターは、ドナルド・トランプよ」

みかくん「アメリカの大統領をディズニーキャラクターにするのやめてください」

 

以上、今日はものすごく中身のない内容でしたね笑。たまにはこんな日もあります。申し訳ございません、ご了承ください。

 

 

ちなみに、私は、ディズニーランドの食べ物の中で、「スモークターキーレッグ」が一番好きです。

私は「スモークターキーレッグ」のことを、愛情を込めて「肉片」と呼んでいます。
(どうでもいいですね笑。)

 

 

 

人間は、どうしても無意識に自分を中心に考えてしまうものです。自分が好きなものは周りの人も好きだと思い込みがちです。

自分がディズニー好きなら、相手もディズニーが好きなものだと思い込みがちですし、自分が肉が好きなら、自然と、相手も肉が好きなものだと思ってしまいがちなのです。

今日の記事を読んで、「嗜好性は人それぞれなんだ」ということを、改めて再認識いただけますと幸いです!
(今日の話を無理やり「食」に結び付けてみましたが、苦しいですね・・・笑)

———————————————————————————–
本日のまとめ
・食べ物も、ディズニーも、嗜好性は人それぞれ
・空飛ぶじゅうたんは現実的にあり得ないが、人魚姫はアリエル
・たまに、無性に「肉片」が食べたくなります。
————————————————————————————

スポンサーリンク

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?