11/30(日)に、愛知県名古屋市のウインクあいちにて、
「味覚診断アドバイザー資格講座」を開催いたしました!!

講座では、味覚に関する基礎知識を学んでいただいた他、
実際に、自分の味覚が良いか、悪いかをチェックする、「」を実施していただきました!

味覚診断では、
ミックスジュースに含まれている3種類の食材を当てるテストや、
GODIVAチョコレートと明治ミルクチョコレートを識別するテスト、
水に少しだけ含まれている砂糖や塩を識別するテスト、等を行いました。

スポンサーリンク

 

講座の様子は、以下の通りです。

IMG_0424 IMG_0426 IMG_0447 IMG_0456

 

講座には22名の方にご参加いただきましたが、
和気あいあいとした雰囲気で、皆さま楽しみながらご受講いただけたように思います。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

また今後ともこのような講座、イベント等を実施していきたいと考えています。
詳細は、本ブログや、一般社団法人日本味覚協会のHPにて告知させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第4弾は「鮭おにぎり」です🐻🐟🧡 ①紅しゃけ(セブンイレブン) ②焼鮭ほぐし(ローソン) ③紅しゃけ(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「鮭おにぎり」を食べ比べしました🌟 鮭おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 すばり「鮭の味」だと思います。 まず、今回鮭おにぎりの味覚評価を行ったところ他の具のおにぎりと比べて、3社とも強い特徴がなく、味の差がそんなにない!ということに驚きました。 ②の「ローソンの梅おにぎり」は、具の鮭が鮭フレークのような味と食感でした。しかし、他2つと比べると圧倒的に質量があって、食べ応えたっぷりでした。 一方で、①「セブンの鮭おにぎり」は、米と具の塩味が薄いものの、鮭の旨味を感じました。また、③「ファミマの鮭おにぎり」は、鮭の塩味が強いものの米に塩気がないので、良くバランスが取れていました。 そして、おいしさ評点は、 上品な味わい①「セブンの鮭おにぎり」と、米と具のバランスが良い③「ファミマの鮭おにぎり」が同率で1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の👬🇹🇭!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #鮭おにぎり#鮭#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?