本日、愛知県西尾市立寺津小学校にて、6年生の児童70名を対象に、
『食育レクリエーション ~「」で味覚を体感しよう~』
を実施しました!

寺津小学校は、食育教育で読売教育賞最優秀賞を受賞し、
文部科学省より「教育課程特例校」の指定も受けた、食育教育で全国的に有名な小学校です。

今回は、食育に関する講話と、以下の体験学習を行いました。
・ミックスジュースの中身を当てよう!~ジュースに含まれる3種類の食材を当てる~
・水に含まれている成分を当てよう!~水と砂糖水の飲み比べ~

スポンサーリンク

 

 

授業の様子は以下の通りです。

IMG_0472
IMG_0470
IMG_0473
IMG_0468

第1問 ミックスジュースの中身を当てよう~ジュースに含まれる3種類の食材を当てる~ では、
2種類目まではわかる子が多かったのですが、3種類すべてを当てるのは難しいようで、
全問正解の児童は約30%という結果でした。

みんな元気いっぱいで、答えを発表するたびに盛り上がってくれました。

 

第2問 水に含まれている成分を当てよう~水と砂糖水の飲み比べ~ では、
とっても薄い濃度(一般平均値より低い濃度)の砂糖水で実験したにもかかわらず、
約90%の生徒が、砂糖水を識別することができました。

さすがに食育に力を入れている学校だけあるなぁ!と感じさせられました。

 

小学校でお話しさせていただくのは初の試みでしたので、
今日は子供たちのパワーに圧倒され、私自身、元気をもらえたような気がします。

今日は短い時間ではありましたが、この授業を通じて、
子供たちが少しでも食育、味覚に興味を持ってもらえれば、大変嬉しいです。

 

今後とも学校、施設、イベント会場等にて同様の活動を実施していきたいと思います。
本ブログまたは日本味覚協会のHPにて情報をどんどんUPしていきますので、
皆様どうぞよろしくお願い致します。

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第4弾は「鮭おにぎり」です🐻🐟🧡 ①紅しゃけ(セブンイレブン) ②焼鮭ほぐし(ローソン) ③紅しゃけ(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「鮭おにぎり」を食べ比べしました🌟 鮭おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 すばり「鮭の味」だと思います。 まず、今回鮭おにぎりの味覚評価を行ったところ他の具のおにぎりと比べて、3社とも強い特徴がなく、味の差がそんなにない!ということに驚きました。 ②の「ローソンの梅おにぎり」は、具の鮭が鮭フレークのような味と食感でした。しかし、他2つと比べると圧倒的に質量があって、食べ応えたっぷりでした。 一方で、①「セブンの鮭おにぎり」は、米と具の塩味が薄いものの、鮭の旨味を感じました。また、③「ファミマの鮭おにぎり」は、鮭の塩味が強いものの米に塩気がないので、良くバランスが取れていました。 そして、おいしさ評点は、 上品な味わい①「セブンの鮭おにぎり」と、米と具のバランスが良い③「ファミマの鮭おにぎり」が同率で1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の👬🇹🇭!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #鮭おにぎり#鮭#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?