生ビール、生チョコ、生シュークリーム、生ハム、生カルビ、生トマト、生パスタ・・・

食べ物は、「」ってつけるだけで、なぜか美味しそうになります。「生ユッケ」「生焼きプリン」「生カレー」など、冷静に考えるとよく分からない食べ物ですら、なんか美味しそうに感じちゃいます。

でも、これらの食べ物の「生」って、どういう意味か知ってますか?すべての食品の「生」の意味を理解してる人はほとんどいないと思います。

今日は、おいしさの魔法ワード「生」について、詳しくご説明します!

スポンサーリンク

 

 

 

前回の記事(「生ビール」と「瓶ビール」の違い~食べ物の「生」とは?その①~)では、生ビールの「生」についてご説明しました。

今日は、他の食べ物(生チョコ、生クリーム、生ハム)の「生」についてお話ししたいと思います!

 

 

 

」と「生チョコ」の違い

チョコレートの表示ルールとしては、「不当景品類及び不当表示防止法の規定」に基づき、公正取引委員会の認定を受けた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」が設定されています。

この規約によると、生クリームとは

ア: チョコレート生地にクリームを含む含水 可食物を練り込んだもののうち、チョコレー ト生地が全重量の60パーセント以上、かつク リームが全重量の10パーセント以上のもの であって、水分が全重量の10パーセント以上 であること

イ: アに適合するチョコレートにココアパウ ダー、粉糖、抹茶等の粉体可食物をかけたも の、又はチョコレート生地で殻を作り、内部 に前号に適合するチョコレートを入れたも のであって、当該チョコレートが全重量の60 パーセント以上、かつ、チョコレート生地の 重量が全重量の40パーセント以上であること

長くて、ちょっと何言ってるかよく分からないよ、という方も多いかと思いますので、簡単に要約すると

「生チョコレート」は「クリームが10%以上入ってるチョコレート」です!

 

 

「クリーム」と「生クリーム」の違い

乳製品に関する表示のルールとしては、食品衛生法に基づく厚生省令である「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(通称;乳等省令)」が設定されています。

この省令によると、「生クリーム」は、

・生乳や牛乳を原料としたもの
・牛乳等の中に含まれている乳脂肪を濃縮したもの
・植物性油脂や添加物を含まず、乳脂肪分18%以上のもの

と定められています。

 

食品の表示で「種類別:クリーム」と書かれているものは、いわゆる「生クリーム」になります。
そして、商品名で「純生クリーム」と書いてあるものも多いですが、これも、「生クリーム」と同じです。

 

上記の定義以外の製品は「生クリーム」という記載はできません。(「○○ホイップ」「○○フレッシュ」という商品名になっていることが多いです)

この「生クリーム」と呼べない商品は、一般的に、原料が「植物性油脂」となっています。

※動物性、植物性油脂の違いについては、
「バターとマーガリンの違いとおいしさの秘密~トランス脂肪酸って何?~」
をご参照ください!

 

動物性(生クリーム):コクがあって、口どけが良い!
植物性(ホイップ):あっさり!色が白く見栄えがよい!

という違いがあります。用途に応じて使い分けましょう!

 

※厳密にいうと「ホイップ」とは、一般的には「泡立てたもの」を指しますので、「生クリームのホイップ」も、日本語としては間違っていません。しかし、「ホイップ」というと「植物油脂を泡立てて作った、生クリームの代用品」という意味もあり、こっちのほうがイメージが強いかなと思います。

 

なお、クリームのなかでも、乳脂肪分によって
・乳脂肪分が18%~30% ⇒ コーヒー用
・乳脂肪分が30%~48% ⇒ ホイップ用
として使い分けられることが多いようです。

 

 

ちなみに、「クリーム」という言葉は、食品以外にも、いろんな用途で使われています。
例えば

・液体と固体の中間みたいな形状のこと(ハンドクリーム、ヘアクリームなど)
・色の一つ(クリーム色)
・スタンドの一つ(ジョジョの奇妙な冒険の第三部に登場)
などがあります。

これらの「クリーム」は、「生クリーム」とは別物です。

しかし、食品の場合は、「クリーム」と「生クリーム」は同じです!!

 

 

 

「ハム」と「生ハム」の違い

「ハム」は、豚のモモ肉を、調味料とともに塩漬けし、整形(ケーシング)し、くん煙、加熱した食品です!

「生ハム」は、豚のモモ肉を、調味料とともに塩漬けし、乾燥、熟成、または低温でのくん煙、熟成させた食品です!

 

 

つまり、「生ハム」は、加熱工程がないのです!!
(普通の理由ですね、すいません)

 

 

以上、「生チョコ」「生クリーム」「生ハム」に関するお話でした!!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・生チョコは、クリームが10%以上含まれている
・生クリームとクリームは同じ意味(食品の場合)
・生ハムは、加熱工程がない
————————————————————————————

スポンサーリンク

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?