桃って、美味しいですよね。僕は大好きです。
桃にはいろんな種類があるのですが、普段よく食べる桃といえば、白桃と黄桃でしょう。

「私は白桃の方が好きだな」「いや、黄桃の方が美味しいよ!」
桃を食べなから、こんな会話をしたことがある人もいるんじゃないでしょうか。

しかし、本当は、味の違いが分かっていないのかもしれません!

先日実施した「味覚診断」にて、
白桃と黄桃、それぞれ目隠しをして皆さんに食べていただいた結果、
半分以上の人が、白桃を食べて「これは黄桃だ」と答えたのです!!

 

 

突然ですが、山梨で桃を栽培しているマルショウ農園の方へのインタビューをお伝えします。

「いやー、W杯、残念でしたね」

「え?」

「ところで、白桃と黄桃って、何が違うんでしょうか?」

白桃と黄桃は、品種が違います。それぞれいろいろな品種があるので一概にはいえないんですけど、大きな違いは、味・食感にあります」

「なるほど。具体的には、どう違うんでしょうか?」

「そうですね、白桃は、熟すとやわらかく甘いですけど、黄桃は、熟しても歯ごたえがよく、甘味がそれほどありません

「なるほど、黄桃の方は少し決定力が欠けるということですね?」

「はぁ」

「サッカー日本代表に一言お願いします」

「・・・・・」

「4年後は白桃を目指せということですね?本田は間違えて黄桃を目指してしまった、と」

「ちょっと、何言ってるかわかんないです」

「以上、“自分たちの桃”についてお伝えしました」

 

上記のインタビュー内容(一部改良しています)からもわかる通り、
白桃と黄桃は、品種が異なり、味・食感が異なる
と言われています。

 

そこで、私たち日本味覚協会は、次のようなテスト(味覚診断)をしてみました。

[テスト内容]
はじめに、ある桃(黄桃)を食べ、
その後、3種類の桃(黄桃、白桃A、白桃B)を食べ、
はじめに食べた桃が3種類のうちどれかを当てる(目隠しをして実施)

さて、テスト結果は…
白桃と黄桃

なんと、正解は45%のみ!!半分以上の方は白桃を黄桃と勘違いしてしまいました。
3択問題なので、勘で答えても33%が正解するのですが・・・

受診者のみなさん、桃の味の違いが分かったあなたは、
平均より味覚が優れてるので自信をもっていいですよ!

————————————————————————————
本日のまとめ

・白桃と黄桃は、品種が異なり、味も違う
目隠しをすると、半分以上の人は白桃と黄桃の味が区別できなくなってしまう
・桃をまるごとかぶりつく時は、ポタポタ汁が落ちるので
流し台に行って立ち食いすることをおススメします

————————————————————————————