私は、昔テレビでやってた「トリビアの泉」がすごく好きで、今でも録画したものを寝る前にちょくちょく見てしまいます。自分は、どうでもいいことが人一倍好きなのかもしれません。

この「トリビアの泉」という番組、個人的には「トリビアの種」のコーナーが一番好きなのですが、終盤の頃にはネタが尽きてきたのか、「ガセビアの沼」という新コーナーも始まりました。

 

今日は4月1日、エイプリルフールということで、「ガセビアの沼」に出てきた、
食べ物に関する嘘(ガセネタ)を紹介します!

スポンサーリンク

 

 

1.「卵は白より茶色の方が高級」というのはガセ

卵は、基本的に、茶色でも白でも、味も栄養価も同じです。

色の違いは鶏の種類の違いによるものです。

基本的に羽が白い鶏は、卵も白いです。

鶏 白

一方、羽が茶色の鶏は、卵も茶色です。

鶏 茶

茶色い鶏の方がエサをたくさん食べてコストが掛かるため、価格も高めになることが多いようです。
(ただ、味も栄養価も実は同じらしい)

まあ、卵のブランドによっては味が違うと思いますのでなんとも言えませんが、「色」と「味」には相関がありませんので注意しましょう。

 

 

 

2.「フグの刺身が薄いのは高級なものを少しでも長く味わえるようにするため」というのはガセ

テレビでよく見るフグのお刺身は、全部、お皿が透き通るくらいに薄く切られていますね。

これは、高級だからケチって薄くしているわけではありません!!

実は、生のふぐの身というのは身が引き締まっていてとても歯ごたえがあるんです。 それを普通のお刺身のような厚さに切ってしまうと噛み切ることが難しく、 ただ噛み切ることにだけ神経を集中する食事になっちゃいます。「やっと噛み切れた、やったー!」みたいな。

お皿が透き通るくらいに薄く切るからこそふぐの旨みを最大限に引き出すことが出来るんです。

 

ちなみに、フグは、怒ったりビックリしたりするとぷくっと膨らむ、カワイイ魚なのですが、

ふぐ

膨らむために肋骨(ろっこつ)がなく、内臓を守るために身(筋肉)が固いそうです。

 

 

 

3. 「舌の甘味や苦味を感じる場所はそれぞれ完全に分かれている」というのはガセ

本ブログ記事、味覚伝達メカニズムの世代交代~「味覚地図」は舌に存在する?~ に詳細書かれていますが、舌の部位によって味を感じる場所が違うのではなく、一つの味蕾で5味全てを感知しているのです!

 

 

 

 

4.「回転寿司のお寿司が回る速度は関東よりも関西の方が速い」というのはガセ

チェーン店で使用しているベルトコンベアーのモーターは同じものなので、基本的に、速さは同じです。

実際はお店ごとに細かいスピードの設定が行えるとのことなので、 スピードもお店によってまちまちのようです。
(もしかすると関西人はノリが良くてスピードアップしてる人が多いのかもしれませんが・・・)

ちなみに一般的なコンベアーのスピードは秒速4㎝くらいらしいです。

 

 

 

 

5.「スイートルームとは新婚夫婦が泊まる甘いムードの部屋という意味」というのはガセ

スイートルームの「スイート」は、「甘い」という意味の「Sweet」ではありません。

「一式の」という意味の「Suite」のことです。勉強になりましたね。

 

 

 

 

6.「ペットボトルに水を入れて置いておくとネコよけになる」というのはガセ

もやは「食」に関する話じゃないのでは?というツッコミはさておき、

「猫は太陽の光の乱反射(キラキラ光る)を嫌うので、ペットボトルに水を入れて置いておくと、猫が近寄らない」という仮説からか、ペットボトルに水を入れて庭に置く人がいるようですが

全く効果はありません。

 

賢い猫はペットボトルに何の害も無い事をすぐに学習します。また、ノラ猫の活動が多くになる夜には全く効果がありません。

効果がないどころか、景観も損ねるし、虫がわくリスクも高くなるなどデメリットが多いので、やめましょう。

 

 

 

以上です!

 

あれ?7つと言ったのに6つしかないよ!と気付いた方、さすがです。
7つというのがガセでしたー。

 

なぜこんなウソをついたかと言いますと

私の尊敬するゆうきゆう先生の心理学ステーションというWebサイトに

【ネット記事で読者を集めるたった7つの方法】

1「とにかく7つあると言え」
2「いかにも厳選した雰囲気が出せる」
3「無難なことを漠然と語れ」
4「書き途中で疲れたらやめていい」
5「訪問した読者は『7つ』とか覚えてないし数えてない」
6「だから6つでもいい」 (終)

と書いてあったからです!

というわけで、忠実にこのアドバイスを信じ、前回の記事と今回の記事では「7つ」というキーワードを入れてみました!

そしたら、アクセス数が2倍くらい増えました!偶然かもしれませんが(笑)

 

 

」にはいろんな種類の「」がありますが、自覚のない「」が一番やっかいです。
ある意味、究極のポーカーフェイスとなるので、見破ることが困難です。
そして「嘘だ!」と問い詰めても、受け入れてもらえません。

無自覚の「嘘」をつかないよう、思いこみをなくして、どんどん知識を吸収していきましょう!

このブログでも、これからも、なるべく「え?そうだったの?」と思ってもらえるような内容の記事を書いていけるようにがんばります!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・卵は、白色も茶色も味は同じ
・スイートルームは甘くない
・ウソップ(ワンピース)の誕生日は4月1日
————————————————————————————

スポンサーリンク

関連記事:エイプリルフールにすべき7つのこと~人を幸せにする素敵な嘘をつく方法~

関連記事:朝ご飯を食べると頭が良くなる?~統計と嘘~

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?