さて、ついに2018年もあと1日です。
今日は、平成最後の12月31日ですね。

大晦日の食べ物といえば「年越しそば」が最もポピュラーかと思いますが、みなさんは何を食べる予定でしょうか?

今日の記事を読むと、今年最後のごはんがおしいくなるはずです!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

今年の反省と来年の抱負

年末年始は、きっと、仕事がお休みの方も多く、一息つけるタイミングではないでしょうか。

この時期は、一年を振り返って、新しい目標を立てるための良い機会です。

ですので、まず、(個人的な感想みたいになってしまい恐縮ですが)この場を借りて、簡単に振り返りをしてみたいと思います。

 

<今年の良かったところ>

今年も、多くの企業・行政・個人・メディアの方にお声がけいただき、ご一緒にお仕事させていただくことができました。本当にありがとうございました。

新しい人との出会いが、当協会の最も大きな財産だと思っています。来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

そして、スタッフの皆様が、健康で無事に過ごすことができたことが、(なんでもないようなことですが)幸せだったと思います。よかったです。

 

トピックスとしては・・・

バレンタインシーズンに、当協会が開発した「味覚検定チョコ」を、日本橋三越本店の「スイーツコレクション2018」にて発売できたことが良かったです!

想像以上の売り上げとなり、多くの方に「味覚」について興味を持って頂くことができたと思っております。

※2019年も、同様に日本橋三越本店にて「味覚検定チョコ」を発売予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

<今年の反省点と来年の抱負>

反省点はたくさんあるのですが・・・絞って記載したいと思います。

 

当協会を設立して丸5年が経過しました。
思いがけないことも多々ありましたが、正直、まだ、当初計画していた、やりたいことの20%もできていません。
複数のプロジェクトの下準備は進めているのですが・・・まだ公開できる状況になっていません。もっとスピード感を意識して、プロジェクトを進捗させていきたいと思っています!

 

そして今年は、このブログの更新頻度も低下してしまったと反省しています。
「皆様にとって、面白くて役に立つような記事を書こうと、1本の記事に時間をかけている」のは間違いないのですが、、それを言い訳にしてしまって、なかなか書けない時期もありました。

来年は、「最低でも1週間に1回は新しい記事を書く」ことを自分に課します!書くまでは寝ません!

 

 

 

 

平成最後に食べるごはんはおいしい?

今年は平成30年。来年は平成31年です。しかし、平成31年は4月30日までです。5月からは、新しい元号となります。

よって、平成の年越しは、今年が最後となります!そう思うと、なんか切ないですね・・・

 

皆さんは、平成最後の年越しは何を食べますか?

 

 

「最後の食べ物」に関連する面白い実験があります。

ミシガン大学のエド・オブライエン教授が、以下の実験をしました。

—————————————————————————–

・被験者たちにチョコレートを与え、ひとつ食べるごとに味や満足度を評価してもらう。

彼らが5個目のチョコを食べるときに、被験者の半数には「これが最後のひとつだよ」と伝え、残りの半数には、最後であることを隠しておく。

 

⇒すると、最後のひとつであることを知らされた被験者たちは、それが一番おいしいと感じました!

それに対し、何も知らされなかった被験者たちは、特にどれがおいしい、というように評価が偏ることはありませんでした。

———————————————————————————–

つまり、」だと認識するだけで、チョコはおいしくなるのです。

(参照:同じチョコを順番に食べると何個目が一番おいしい?~年越しそばがおいしい理由~

 

この結果から分かるように、「最後の・・・」という言葉は、食べ物をおいしくする魔法の言葉です!

 

平成も残り僅かになってきました・・・

「これが平成最後のお雑煮かな」
「これが平成最後のおせち料理か」

というように、意識するだけで、食べ物はおいしくなるはずです。最後を噛みしめて食べてみましょう笑。

 

それでは皆さん、よいお年を!来年もきっと良い年です。

———————————————————————————–
本日のまとめ
・「最後」だと意識するだけで、食べ物はおいしくなる!
・年末年始は、一年の振り返りをしましょう。
・来年は、もっとたくさん記事を書きます!
————————————————————————————

スポンサーリンク

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?