居酒屋に行くと
「とりあえず生で!」
と注文する人も多いかと思います。

多くの人が、生ビールを「」と表現しますが、そもそも、生ビールの「生」って、具体的に何を意味しているのか知ってますか?

今日は、生ビールに関するお話です!

 

 

 

みなさん、友達と居酒屋に行ったときに、こんな経験したことありませんか?

 

ぼく  「何頼もうか?」

友達  「とりあえず生で!」

ぼく  「そうだね、おれもビールにしようかな」

友達  「店員さん、すいませーん!」

店員さん「はい、ご注文は何にしましょう?」

ぼく  「生2つで!」

店員さん「生2つ!よろこんで!少々お待ちください」

 

店員さん「お待たせしました、生チョコ2つです!」

ぼく  「えー!?なぜ生チョコ??頼んだの、ビールですよ」

店員さん「いや、だって、生2つって言われたので。てっきり生チョコのことかと。」

友達  「なんでやねん。居酒屋でいきなり生チョコ頼む人おらんやろ、楠田枝里子か!」

店員さん「すいませんでした、でも、お客さんも、紛らわしい言い方やめてください」

ぼく  「えー!おれが悪かったの??でも確かに、”生”だけじゃ間違えやすいですね。すいませんでした。」

 

 

「とりあえず生で!」と注文すると、このように、謝らなきゃいけない可能性があるので、「生」じゃなく「生ビール」と言うようにしましょう笑。

 

 

 

ぼく  「では、改めて、生ビール2つでお願いします」

店員さん「がってん承知のすけ!」

友達  「店員さんのキャラが良く分からないな・・・」

 

店員さん「お待たせしました。瓶ビールです!」

ぼく  「いやいや!!頼んだの生ビールだし!瓶ビールじゃないよ!」

店員さん「お客さん、何を言ってるんですか?」

ぼく  「だから!生ビールを頼んだのであって、瓶ビールは頼んでないよ」

店員さん「お客さん、瓶ビールは、生ビールですよ!」

ぼく  「なにー!!」

 

 

 

実は「瓶ビール」と「缶ビール」も、「生ビール」

※よく見ると、「生」という表示があります。

 

 

「生ビール」とは?

生ビールとは、加熱処理されていないビールのことを言います。

なので、加熱処理がされていなければ、
・缶ビール
・瓶ビール
・樽からジョッキに注がれたビール
の全て、同じ「生ビール」なのです!!

 

 

「加熱処理」ってどういうこと?

ビールは、酵母のアルコール発酵によって作られます。
なので、酵母が働いたままだと、ビールはどんどん発酵が進んでしまい、保存中に味が変わってしまいます!よって、酵母の働きを止める必要があります!

そのための方法の一つが「加熱処理」なのです!昔は、ほとんどのビールで「加熱処理」をすることにより、酵母の働きを止めていました。

しかし、最近は、技術の進歩により、加熱処理をしなくても、「濾過」だけで酵母の働きを止めることができるようになりました!なので、日本で売られている大抵のビールは「生ビール」です!

※日本の場合。外国では「生」の定義が異なることがあります。

 

 

なお、昔ながらの味わいが特徴の

・アサヒスタウト(アサヒ)
・クラシックラガー(キリン)
・サッポロラガー(サッポロ)

は、加熱処理されているビールで、「生ビールじゃない」ビールです!

 

飲み比べてみると分かりますが、ビールは「生」か「生じゃない」か、つまり「加熱処理してない」か「加熱処理してる」かで、かなり味が変わります(どっちがおいしく感じるかは、人それぞれかと思いますが)。

 

ちなみに、最近ニュースでも取り上げられていましたが、
2018年4月からは、ビールの原材料に果実や香辛料が使えるようになるとのことです!
(これまで、ビールの原材料は「麦」や「ホップ」などに限られていました)

なので、来年からは「コーヒー」「かつお節」「オレンジ」などの、風味豊かな個性派ビールがどんどん増えそうですね!楽しみです!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・生ビールとは、加熱処理していないビールのこと
・瓶ビールも、缶ビールも、ほとんど生ビール
・ビールを浴びーるほど飲むのは危険
————————————————————————————