ついにワールドカップが終わってしまいましたね!

「夜遅くまで観戦してて寝不足だ」という方も多かったのではないでしょうか。日本も決勝トーナメントまで進みましたし、個人的に、とても楽しめました!

W杯を観戦してて、ふと、
「食事とサッカーには共通点があるような」
と感じたのでご紹介させていただきます!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

W杯は仏が20年振りに優勝

みかくん「W杯、終わっちゃったね。ミカさんはW杯は見てた?」

ミカさん「そういや深夜にテレビでやってたわね。肌に悪いから私は見てないわ」

みかくん「そうなんだ、じゃあ結果も知らないの?」

ミカさん「いや、ヤフートピックスで結果は見たわ。”W杯 仏が20年振り2度目の優勝”って書いてあったわよ」

みかく「優勝は知ってるんだ!2位や3位はどこか知ってる?」

ミカさん「仏が優勝ってことは、2位が菩薩で、3位はアッラーかしら?」

みかくん「え?何を言ってるの?」

ミカさん「W杯って、仏が優勝する大会なのよね。つまり、いろんな神と仏が戦う大会なんでしょ?あまりイメージが湧かないわ。」

みかくん「ミカさん、大変な勘違いをしているようです」

ミカさん「日本は決勝トーナメント1回戦で菩薩に負けたようね」

みかくん「菩薩じゃなくてベルギーに負けたんだよ」

ミカさん「菩薩のヘディングシュートは強烈そうね。菩薩ハンパない」

みかくん「菩薩はヘディングしないから!!菩薩のパンチパーマをバカにするのはやめてください」

ミカさん「それに、優勝候補のイエス・キリストが、予選リーグで八木裕に負けたってニュースで見たわ」

みかくん「どんなニュースだよ!八木裕って元阪神タイガースの代打の神様だから!イエス・キリストが代打の神様に負けるって、どんな試合展開だよ」

ミカさん「やっぱり、一打席勝負だと、代打の神様は強いわよね」

みかくん「そういうレベルではないと思うよ」

ミカさん「キリストが敗北・・・オーマイゴッド」

みかくん「神を冒涜してる人に”オーマイゴッド”って言ってほしくないです」

ミカさん「3位決定戦は、モンスターエンジン VS フースーヤだったらしいわね」

みかくん「モンスターエンジンは、神々の遊びをするだけで、神じゃないから!そしてフースーヤも、オーマイゴットファーザーって言ってるだけで、神じゃないし。これじゃ、W杯というよりABCお笑いグランプリだよ」

ミカさん「ツッコミ、長すぎるわね」

みかくん「ボケが雑すぎるんだよ。もういいよ、どうもありがとうございました」

 

 

 

W杯で痛感した「カウンター」の重要性

カウンターとは「敵が攻撃に出てくるところを防ぎ、即座に攻撃に転じること。あるいは、その攻撃の勢いを逆に利用して攻撃すること」を指します。一言でいえば、「反撃・速攻」でしょうか。

今回のW杯では、「カウンター」で決まったゴールが多かったですね。日本 VS ベルギーでも、最後の後半ロスタイムに、日本が攻めていたところで、ベルギーの高速カウンターにやられてしまいました・・・。

 

サッカーだけでなく、バスケやラグビー、ボクシングなど、多くのスポーツで「カウンター」は有効です。「攻守の切り替えのスピード」「メリハリ」が最近は更に重要視されてきているな、と感じます。

 

 

食事(レストラン)でも重要な「カウンター」

おいしいお寿司を食べるときは、カウンターで食べますね。また、高級な鉄板焼きを食べる時も、カウンターです(高価なので滅多に食べれないですが・・・)。

このように、サッカーだけでなく、食事でもカウンターは重要なのです!!

ワールドクラスのカウンターで食事してみたいですね(笑)。

 

 

 

カウンターの良いところ3選

1.料理しているところが見れる

食事は目でも楽しむものです。
料理が完成したものだけを見るより、料理しているところ(焼いているところ、切っているところ、握るところ等)も見れた方が楽しいです!

それに、マスター(料理人)との会話も楽しむことができて、「どうやって作っているのか?」「料理のコツは?」など、カウンターだと聞きやすいです!それに追加注文もカウンターのほうがしやすいですね!

 

 

2.出来立てのものが食べられる

カウンターだと、まさに作り立てそのものの料理を食べることができます。テーブルだと、給仕のために、わずかに時間がかかってしまいます(ちょっとの差ですが・・・)。

料理は、基本的に、作り立てが一番おいしく、時間が経つにつれて劣化していってしまうので、少しでも早くお客様に届けれられたほうがよいのです!そのためにも、カウンターのほうが良いですね。

サッカーのカウンターでもスピードが重要なポイントでしたが、食事も、カウンターの方がスピードに優れていると思います!

 

 

3.隣同士で座ることで親密になれる

カウンターで隣同士で座って食事をするほうが、テーブル席と比べて、物理的距離が近いので、心の距離も縮まると言われています。

 

ミカさん「みかくんは、女性と食事デートに行くとき、テーブル席かカウンター席、どっちに連れて行くの?」

みかくん「うーん、テーブル席かなあ」

ミカさん「はあ・・・。これだからモテないブサメンは困るわ」

みかくん「ひどい言われようですね」

ミカさん「デートで行くなら、絶対カウンターにすべきよ」

みかくん「なんでカウンターのほうが良いの?」

ミカさん「まず、隣同士で距離が近いことが大きいわね。ちょっとした会話のツッコミでもボディタッチしやすいわ」

みかくん「なんかいやらしい理由のような」

ミカさん「それに、お互いが同じ景色を見ているから、会話のネタを探すのにも困らないわ。見えたものに関してツッコミすればいいし。」

みかくん「なるほど」

ミカさん「そして、やはり、お互いの顔を正面から見なくてよい、ということが大きいわね。あなたみたいなブサメンでも、正面から見ないと、なぜかイケメンと勘違いされる可能性も出てくるわ」

みかくん「なるほど・・・って誰がブサメンや!」

ミカさん「ちなみに、カウンター席で隣の女性を口説くことを、”カウンターアタック”と言うわ」

みかくん「え、そうなの?意味が違ってるような・・・」

ミカさん「サッカーだけじゃなく、婚活でもカウンターアタックが流行しそうね」

 

 

以上、今日はものすごくどうでも良いお話で大変恐縮です・・・すみませんでした。

次回は、なるべく真面目な記事を書きたいと思います!

———————————————————————————–
本日のまとめ
・レストランでもサッカーでも、カウンターを狙うべき
・カウンターはスピードが重要
・仏の好きな食べ物は、ホットケーキ
————————————————————————————

スポンサーリンク

関連記事:マラソン前のベストな食事は?~グリコーゲンローディングの方法~