スーパーに行くと、「〇〇個分のビタミンC」と書かれているいろんな商品を見かけます。

なぜビタミンCの量を説明するのに「レモン」が出てくるんでしょうか?

そして、レモン1個分のビタミンCって、実際、他の食べ物(果物)と比べて多いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

さて、早速ですが問題です。

「ビタミンC」は、どんな味がするでしょう?

A:すっぱい味
B:甘い味
C:恋の味
D:その他

 

正解は、D:その他(無味)、でした!
(「私の場合、恋は無味だ」という方はCでも正解)

 

 

 

続いて第2問。

「ビタミンC」は、どんな色でしょうか?

A:黄色
B:赤色
C:恋色
D:その他

 

正解は、D:その他(無色・透明)、でした!
(「私の恋の行方は不透明だ」という方はCだと不正解)

 

 

上記の2問、すごく素直で純粋な方は、ビタミンCは「黄色」で「すっぱい」と思ってるはずです(そんな純粋な方、素敵です)。

じゃあ、なぜビタミンCは「黄色」で「すっぱい」と思ってしまうのかというと・・・、
ビタミンCを想起させる「レモン」が「黄色」で「すっぱい」からです!

※ちなみに、レモンのすっぱさの原因は、クエン酸です。

 

では、なぜ「レモン」と聞くと、「ビタミンC」を思い浮かべてしまうのでしょうか?

 

 

 

 

なぜビタミンC含量の説明に「レモン」を使うのか?

理由は大きく2つあると考えています。

1.レモンのビタミンCの量は、キリが良い

レモンに含まれるビタミンCの量は、

・可食部100gあたり、100mg
・果汁100gあたり、50mg

と、疑いたくなるレベルでキリが良く、覚えやすい数字です。
このように、ちょうどいい数字、ということから、ビタミンCの量を説明するのに、レモンは適切であると考えられます。

 

なお、レモン1個当たりの重量は約120gであり、レモン1個に含まれる果汁の量は約30%であることから、
レモン1個の果汁に含まれているビタミンCは

50mg×120g/100g×0.3(30%)≒20mg

と計算されます。

 

「よって、レモン10個分のビタミンC」と書いてあったら、20mg×10=200mgのビタミンCが含まれている、ということです!

 

 

 

2.レモンにはビタミンCが結構多く含まれる

食品成分データベース(文部科学省)によると、果物に含まれるビタミンCの量(可食部100g当たり)は、以下の通りです。

・レモン(全果)100mg
・レモン(果汁)50mg

・アセロラ(酸味種)1700mg
・アセロラ(甘味種)800mg
・グァバ 220mg
・キウイ 140mg
・柿 70mg
・いちご 62mg
・オレンジ 60mg
・パパイヤ 50mg
・かぼす果汁 42mg
・ゆず果汁 40mg
・すだち果汁 40m
・ライチ 36mg
・グレープフルーツ 36mg
・うんしゅうみかん 35mg
・メロン 25mg
・マンゴー 20mg
・バナナ 16mg
・さくらんぼ 10mg
・すいか 10mg
・もも 10mg

アセロラが別格にビタミンC含量が多いですね。

アセロラがあるとグラフが見にくいので、アセロラを除いて改めてグラフを作りました。

 

こう見ると、グァバやキウイのビタミンC含量が多いものの、レモンは、果物の中では、ビタミンC含量が多いほうであることが分かります。

柑橘類(オレンジ、ゆず、すだち、かぼす、グレープフルーツらへん)の中では、レモンはちょっと多めですね。

 

 

以上の理由から、「ビタミンCの量」を説明するのに「レモン」を用いるのは適切であると考えられており、以前から、食品業界では、ビタミンCの量を「レモン〇〇個分」と表示するようなガイドラインがあるのです!

清涼飲料業界では、清涼飲料水に添加したビタミンCの量をレモン果実の個数により表示することが消費者にとって商品選択のための比較の目安となる表示であり、飲料業界としても同一基準で表示することが望ましいとの判断から、従来から「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」における基準値(20mg/1個)を準用して表示してきました。

参照:一般社団法人全国清涼飲料工業会

 

 

なお、参考までに、他の食品でビタミンC含量が多いものは以下となります。

・青汁 1100mg
・パセリ(乾)820mg
・のり 210mg
・赤ピーマン 170mg
・黄ピーマン 150mg
・芽キャベツ 160mg
・ブロッコリー 120mg
・なずな 110mg
・とうがらし 92mg
・はくさい 88mg
・かぶ 82mg
・カリフラワー 81mg
・青ピーマン 76mg

 

 

以上、今日はレモンのお話でした!
唐揚げにレモンをかける時にでも、今日の話を思い出してもらえると嬉しいです。

———————————————————————————–
本日のまとめ
・レモンに含まれるビタミンCの量は、キリが良い
・レモンに含まれるビタミンCの量は、結構多い
・レモンのいれもん、というダジャレを言う人は、結構少ない
————————————————————————————

スポンサーリンク

参照:一般社団法人全国清涼飲料工業会

関連記事:なぜ市販のお茶にビタミンCが入ってるのか?~食品添加物と原材料表示の豆知識~
関連記事:梅干しやレモン、すっぱい食べ物はなぜおいしい?~クエン酸の機能~
関連記事:ビタミンは全部で何種類?~ビタミンの豆知識~
関連記事:疲労・ストレスと味覚の関係~疲れてる時に梅干しを食べたくなる理由~
関連記事:完全栄養食とは?~1日に必要な「必須栄養素」一覧~

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?