長かった梅雨が明けて、
最近は毎日とっても暑く、夏も本格的になってきました!!!

夏と言えば、アイスですよね。

みなさんの夏の定番アイスはなんでしょうか。

今回は、夏にぴったり!なアイス
「スイカバー」と「まるですいか」の食べ比べ(味覚評価)を実施しました!

スポンサーリンク

 

 

今回は、以下2つの「スイカアイス」の味覚評価(官能評価)です。

「BIGスイカバー」【ロッテ】

「まるですいか」【セブンプレミアム】

(日本味覚協会の評価者4名にて官能評価を実施)

 

内容量は、
「スイカバー」が、125ml、「まるですいか」が、70mlとなっており、

「スイカバー」は、かなり食べ応えがあるのに対して、
「まるですいか」は、少し小ぶりな印象を受けました。
女性や子どもには、丁度良いサイズかもしれません!

 

どちらもセブンイレブンで購入し、
「スイカバー」は、108円、「まるですいか」は、138円でした。

値段と内容量をみると、スイカバーの方がコスパは良さそうですね!

 

それぞれのスイカアイスの見た目は、
「スイカバー」は、より鮮やかな赤で、チョコチップでスイカの種が再現されています。

一方で、「まるですいか」は、「スイカバー」はよりも、暗くてくすんだ赤色です。
緑の部分は、「まるですいか」の方が、やや濃い黄緑色のように見えます。

 

 

栄養成分表示

 

それぞれの「スイカアイス」の栄養成分表示を見てみます。

「スイカバー」の方が、内容量が多いので、
「まるですいか」よりも全体的に数値が高くなっています。

脂質も、約10gくらいの差があるので、ダイエット中の方も、
「まるですいか」なら気兼ねなく食べられるでしょう!

 

 

レーダーチャート

 

今回は、スイカアイスの味の要素として、

1.甘味
2.酸味
3.本物のスイカ感
4.シャリシャリ感
5.固さ
6.香り

の6項目を設定し、
各項目について5点満点で味覚評価(採点法)を行いました。

結果は、以下の通りです。

緑が「スイカバー」、赤が「まるですいか」となっています。

 

 

原材料表示と味覚評価の関係

 

次に、原材料表示を見比べてみます。

【スイカバー】

 

【まるですいか】

 

 

まとめると、以下のようになります。

【スイカバー】
砂糖スイカ果汁水あめチョコレートパフ(乳成分・小麦を含む)、食塩/安定剤(増粘多糖類、寒天、セルロース)、着色料(野菜色素、紅花黄、ムラサキコーン色素、紅麹、クチナシ)、酸味料、香料、乳化剤(大豆由来)、光沢剤、膨張剤

【まるですいか】
すいか果汁異性化液糖砂糖デキストリン水あめ、食塩、乳製品/ソルビトール、安定剤(増粘多糖類)、着色料(紅麹、クチナシ、スピルリナ青、V.B2)、香料(卵・乳由来)、酸味料、リン酸アンモニウム、乳化剤(大豆由来)

 

 

「スイカバー」には、スイカの種を真似たチョコレートチップが入っているので、
原材料表示にも、小麦にチョコレートがコーティングされた、チョコレートパフが含まれています。

また、スイカバーの鮮やかな赤色は、
多くの種類の着色料によって作られていることが分かります。

 

 

続いて、「まるですいか」については、
「スイカバー」は、砂糖が最も多く含有されている一方で、
「すいか果汁」が、異性化液糖や砂糖よりも多く含まれていることが分かります。

※デキストリンについては、以下の記事で詳しく説明しているので、ご参照ください。

トクホの難消化性デキストリンとは?~なぜブドウ糖で出来ているのに消化しにくいのか?~

 

また「ソルビトール」は、甘みをつける甘味料、細菌を抑える保存料
として使用されている食品添加物です。

 

両方に含まれる水あめは、低温下でも、カチカチになりにくいので、
冷凍庫でも固めた後も、食べやすいように使用されていると考えられます。

 

これらの原材料を踏まえて、それぞれの特徴をみていきます。

 

 

「スイカバー」の特徴

原材料表示にて砂糖が最も含まれていることからも分かるように
甘味がとても強かったです。

また、緑の部分も甘いです。この緑のスイカの皮の部分は、メロンバーのような味がします。
後味がやや甘ったるい印象です。

 

なおスイカバーには、チョコ種が含まれているので、
それが食感のアクセントになっています。
また、氷がやや粗く、かき氷みたいなことも特徴です。

 

本物のすいかの味ではないけれど、食べ慣れた親しみのあるスイカバーの味で、美味しく感じやすいと思います。
サイズも大きいので食べ応えがあります。

 

 

「まるですいか」の特徴

砂糖よりも、すいか果汁が多く使用されていることから、
より自然な甘さの、本物のスイカの味がします。

袋を開けた瞬間に、スイカの香りが広がってきました。

 

また、氷が細かく、スイカバーよりも溶けやすいことも特徴だと思います。
(原材料表示に記載されている「寒天」が関係しているかもしれません)
※スイカバーには安定剤として寒天が使用されていますが、まるですいかには使用されていません。

 

まるですいかは、本物のすいかの青臭さや瓜感もばっちり再現しているので、
スイカ自体が好きかどうかで、好みが分かれそうに感じました。

 

 

おいしさの評価

日本味覚協会では、僭越ながら
各個人が感じた「おいしさ」についても5点満点で評価をしています。

 

その結果はこちらです!

 

今回は、本物のすいかを完全に再現した「まるですいか」の勝利となりました!

評価員に、スイカ好きが多かったからかもしれません。

 

夏のド定番アイスのスイカバーも、とても美味しいですが、
すいか好きな人は、ぜひ「まるですいか」も食べてみてください!

 

なお、日本味覚協会ではこのような味覚評価(商品評価)をインスタグラムにて公開しています!
よろしければフォローしてみてくださいね!

 

———————————————————————————–
本日のまとめ
・スイカバーは、甘さ強め、食べ応えあり、チョコ種の食感がアクセント!
・まるですいかは、がちでスイカ、まじのスイカ。青臭さや瓜感も完全再現。
・人間は全員から好かれるのは無理だけど、アイスは全員から好かれてる気がします
————————————————————————————

 

スポンサーリンク

参考記事:なぜスイカに塩をかけるの?~隠し味の秘訣「対比効果」「抑制効果」「相乗効果」「変調効果」~

アンケートにご協力お願いします

ダイエットする場合、あなたはどちらを優先して行いますか?

 

食事制限でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

 

運動でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

日本味覚協会による商品評価

日本味覚協会では、・飲み比べ(商品評価)を実施しています。

日本味覚協会のインスタグラム

を是非ご参照お願い致します!