皆さん、甘酒を飲んだことありますか?

甘酒と言えば、私は、「初詣で近所の神社に行ったときに、おじちゃんが適当に配ってるやつ」というイメージでしたが、最近では、レジスタントプロテインが入っている甘酒は「健康・ダイエットに効果的な飲み物」というイメージに変わりつつあります!

今日は、甘酒の種類と効果に関するお話です!

スポンサーリンク

 

 

 

 

みかくん「GWが終わってしまったね。もう働きたくないです」

ミカさん「そうね、働きたくないわね。私、定時に帰ります」

みかくん「・・・そうですか。どうぞお帰りください」

ミカさん「私、吉高由里子に似てるって、よく言われるわ」

みかくん「・・・そうですか。」

ミカさん「なんか、冷たいわね」

みかくん「ミカさんは、なんで定時で帰りたいの?」

ミカさん「もちろん、行きつけの居酒屋に行くためよ!」

みかくん「まさか・・・ハッピーアワー?」

ミカさん「そうよ。18時10分までなら、甘酒が半額なのよ!」

みかくん「え!?甘酒?」

ミカさん「仕事終わりの一杯は、やっぱり甘酒に限るわね」

みかくん「ビールの代わりに甘酒を飲む人、はじめて聞いたよ」

ミカさん「甘酒には2種類あるって知ってた?」

みかくん「知らないよ!メニューに甘酒がある居酒屋すら知らないし」

ミカさん「じゃあ今日は、私の好きな甘酒について勉強しましょう!」

 

 

 

甘酒の種類

甘酒は、大きく分けて「米麹甘酒」「酒粕甘酒」の2種類あります。

 

「米麹」「酒粕」は、どちらも日本酒を製造する際に出来ます。

 

 

米麹甘酒とは?

日本酒を製造する際には、まず、蒸した米に「麹菌」を付けて培養します。
これが「米麹」です!

この「米麹」にお湯を混ぜて一晩置いたものが、いわゆる「米麹甘酒」です。
麹由来の酵素が働いて、米(デンプン)が分解され、糖(ブドウ糖)ができます!

<特徴>
・原材料は、米麹と、(味の調整で使用する)食塩のみです。
砂糖は添加しておらず、お米由来の自然な甘さが特徴です。
・アルコールは入っていません。

 

 

 

酒粕甘酒とは?

先ほどの「米麹」に酵母を混ぜて発酵させると、「もろみ」ができます!

「もろみ」を絞った汁が、「日本酒」となります。
「もろみ」を絞った残りカスが、「酒粕」となります。

この「酒粕」にお湯を加えて、砂糖などで味を調整したものが「酒粕甘酒」となります!

<特徴>
・砂糖を添加して味付けをしています。
・酒粕を原料としているので、少しアルコールが残っています。
・「レジスタントプロテイン」が入っています。

 

 

「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の違い

「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の違いを、簡潔に一覧表に整理してみました!

 

「米麹甘酒」は、エネルギーになりやすい「ブドウ糖」が入っているので、疲労回復に効果的だと言われています。
「飲む点滴」と言われるのは、この「米麹甘酒」のほうですね!

また、「米麹甘酒」はアルコールが入っていないので、お子様にも安心です。

 

一方、「酒粕甘酒」には、ダイエットに効果的な「レジスタントプロテイン」が含まれています。

 

 

「レジスタントプロテイン」とは?

「レジスタントプロテイン」は、その名の通りプロテイン(タンパク質)なのですが、「食物繊維」のような生理機能を示す食品成分です。

 

一般的なタンパク質は、体内で酵素分解され、「アミノ酸」として吸収されます。

一方、「レジスタントプロテイン」は、酵素で分解されにくいのです!
その上、コレステロール低下作用や肥満抑制作用等の効果が確認されています。(脂質を吸着させて体外に排泄させていると推測されています)

 

「レジスタント」は「抵抗する」という意味です。
つまり「レジスタントプロテイン」は「体内に吸収されるのを抵抗しているプロテイン」ということです!

おまけに、脂肪も体内に吸収されにくくしてくれるので、ダイエットに適した食べ物だと考えられています!素晴らしいですね!

 

 

みかくん「そういえばミカさんって、何の仕事をしてるの?」

ミカさん「スーパーのレジ担当よ!」

みかくん「ミカさん、レジ打ちできるんだ?」

ミカさん「レジに立って、”ほかのレジにお回りください” という札を立てるのが私の仕事よ」

みかくん「なんで!?レジに立ってるのなら対応してよ」

ミカさん「レジスタント担当は、やっぱり、このくらいの抵抗をみせなきゃダメなのよ」

みかくん「スーパーのレジは、レジスタントって意味じゃないと思うよ」

ミカさん「いや、スーパーのレジは、ものすごい抵抗する人のことよ。つまり、私はプロのレジスタント。言い換えると、レジスタントプロテインよ!」

みかくん「なるほど。レジスタントプロテインって、ミカさんのことなんだね。・・・って、なんでやねん!そんなわけないやん」

ミカさん「なんで急に関西弁になってノリツッコミしたの?」

みかくん「冷静にツッコむのやめてください」

 

最後にものすごく無駄な会話をしてしまいましたが、「レジスタントプロテイン」はミカさんのことではありません。プロテインの一種です。間違えのないようお気を付けください。

———————————————————————————–
本日のまとめ
・甘酒には「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」の2種類がある
・酒粕甘酒には「レジスタントプロテイン」が入っている
・レジスタントプロテインはダイエットに効果的!(無駄な抵抗ではない)
————————————————————————————

関連記事:ジュースに入ってる「果糖ぶどう糖液糖」とは?~「ぶどう糖果糖液糖」との違い~

関連記事:日本酒の「甘口」「辛口」の違いは?~日本酒度、酸度、甘辛度~

関連記事:ヨーグルトの豆知識その2~菌の種類と効果の一覧表~

関連記事:砂糖と上白糖とグラニュー糖の違いは?~砂糖の種類と特徴~

関連記事:エゴマ油と亜麻仁油は食べる必要ない?~オメガ3(n-3系)脂肪酸の摂取基準と平均摂取量から考える~

関連記事:トクホの難消化性デキストリンとは?~なぜブドウ糖で出来ているのに消化しにくいのか?~

関連記事:砂糖、果糖、ブドウ糖はどれが一番甘いの?

スポンサーリンク

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第4弾は「鮭おにぎり」です🐻🐟🧡 ①紅しゃけ(セブンイレブン) ②焼鮭ほぐし(ローソン) ③紅しゃけ(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「鮭おにぎり」を食べ比べしました🌟 鮭おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 すばり「鮭の味」だと思います。 まず、今回鮭おにぎりの味覚評価を行ったところ他の具のおにぎりと比べて、3社とも強い特徴がなく、味の差がそんなにない!ということに驚きました。 ②の「ローソンの梅おにぎり」は、具の鮭が鮭フレークのような味と食感でした。しかし、他2つと比べると圧倒的に質量があって、食べ応えたっぷりでした。 一方で、①「セブンの鮭おにぎり」は、米と具の塩味が薄いものの、鮭の旨味を感じました。また、③「ファミマの鮭おにぎり」は、鮭の塩味が強いものの米に塩気がないので、良くバランスが取れていました。 そして、おいしさ評点は、 上品な味わい①「セブンの鮭おにぎり」と、米と具のバランスが良い③「ファミマの鮭おにぎり」が同率で1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の👬🇹🇭!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #鮭おにぎり#鮭#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?