夏祭りや花火大会に行くと、屋台でフランクフルトを売っているのを見かけます。

屋台 フランクフルト

似たようなものに、「ウインナー」や「ソーセージ」があるけど、何が違うのでしょうか?
実は、明確な違いがあったのです!!

 

ソーセージって何?

辞書的に言うと、、
ソーセージとは、牛・豚・羊の腸などに各種の調製した獣・魚肉を詰め、乾燥・湯煮または燻製した保存食品のことです。

 

「ウインナー」、「フランクフルト」「ボロニアソーセージ」の総称を、「ソーセージ」と呼んでいます!

ソーセージまとめ

 

・「ウインナー」と「フランクフルト」と「ボロニアソーセージ」の違い

「ウインナー」とは?

本来、ウインナーとは、「羊」の腸に詰めたものを言います。

しかし!!現在は、技術の進歩により、腸のような人工詰め袋(ケーシング)に入れています。これで、ウインナーを食べるために羊を大量に殺さなくてもよくなりました。

現在の規則では、
・「ウインナー」は、太さが直径20mm未満
と定められています。

ちなみに、「ウインナー」は、オーストリアのウイーンに由来しているそうです。

ウインナーまとめ2

 

 

「フランクフルト」とは?

本来、フランクフルトとは、「豚」の腸に詰めたものを言います。

しかし!!ウインナー同様、現在は、腸のような人工詰め袋(ケーシング)に入れています。

現在の規則では、
・「フランクフルト」は、太さが直径20~36mm
と定められています。

ちなみに、「フランクフルト」は、ドイツのフランクフルトに由来しているそうです。

フランクフルトまとめ

 

 

「ボロニアソーセージ」とは?

本来、ボロニアソーセージとは、「牛」の腸に詰めたものを言います。

しかし!!他と同様、現在は、腸のような人工詰め袋(ケーシング)に入れています。

現在の規則では、
・「ボロニアソーセージ」は、太さが直径36mm以上
と定められています。

ちなみに、「ボロニアソーセージ」は、イタリアのボローニャに由来しているそうです。

 

ボロニアまとめ

 

 

 

「ウインナー」と「フランクフルト」と「ボロニアソーセージ」の違いをまとめると・・・

太さが違う!ということです。

ソーセージ太さまとめ

 

 

魚肉ソーセージは「ソーセージ」じゃないの?

もちろん、ソーセージです!

原料の肉のうち、魚肉や鯨肉の割合が50%以上のものを、魚肉ソーセージと呼びます。
一般的には、スケトウダラ(かにかまの原料)が使われるようです。

 

「魚肉ソーセージ」と「普通のソーセージ」は味が違うの?

原料が「魚」か「(豚などの)肉」かの違いがあるので、もちろん味は違います。

しかーし!!以前、当協会にて「ソーセージ」の味を比べてみましたので結果を簡単にご報告します。

 

<方法>
A:ソーセージ(丸大ゴールデンウインナー)
B:ソーセージ(鎌倉ハムKウインナー)
C:魚肉ソーセージ(トップバリュフィッシュソーセージ)

味覚検定アイテム

について、まず初めに上記の1つ(ランダム)を事前に食べてもらい、その後、上記3種を食べてもらって、「初めに食べたのは何か?」を当ててもらうテストをしました。
※全て、ブラインド(目隠し)の状態で食べてもらいました。

その結果・・・

味覚診断結果ソーセージ

約3分の1の人が、はじめに食べたソーセージを当てることができませんでした!
目隠しして食べることによって、魚肉ソーセージと一般的なソーセージの味の違いが分からなくなる人も結構多いようです・・・

 

 

なぞなぞ(おまけ)

ボローニャ(イタリア)とフランクフルト(ドイツ)がサッカーの試合をしました。
勝ったチームが前日に食べた物はなんでしょう??

 

正解は・・・ウインナー(Winner、勝者)でした!!

ものすごくどうでもいい話ですね、すみません・・・

 

ソーセージはすごく身近な食べ物だと思いますが、これから、味や太さを気にしながら食べてみましょう!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・ウインナーは細くてフランクフルトは太い(ボロニアもっと太い)
・ソーセージ、昔は羊や豚や牛の腸に詰めてたけど、今は(ほとんど)違うよ
・本場ドイツのソーセージ、と言ったら、それはフランクフルトのこと
————————————————————————————