最近、たまごかけご飯(TKG)を無性に食べたくなります!納豆と卵とネギを混ぜてご飯にかけるだけで最高の食事になります^^

卵は、おいしくて、栄養もあって(アミノ酸スコア100点満点です)、まさに完璧な食べ物と言っても過言ではありません!

卵は、小さい頃から毎日のように食べてきたのですが、、実は、知らないことがたくさんあることに気付きました。
今日は、最近になって「え?そうだったの?」と思った、とっておきの7つのたまごトリビアのお話です!

スポンサーリンク

 

 

1.古い卵のほうが、ゆでたまごにした時に殻をむきやすい

卵は、何においても、古いよりも新鮮なほうが良いと思っていましたが、ところがどっこい、そうではありません。

ゆでたまごは、ちょっと古いほうが良いのです!

 

新鮮な卵の中には「炭酸ガス」がたくさん含まれていて、茹でると、この「炭酸ガス」が外に出ようとします。そうすると、卵が膨らんで、殻と白身がすごーくピタッとくっついてしまって、殻がむけにくくなるのです!

卵の中の「炭酸ガス」は、時間が経つと少しずつ抜けていくので、産卵してから1週間くらい経った卵が、ゆでたまごに最も適していると言われています。

また、
・茹でる時に、殻にヒビを入れる(穴をあける)
・茹でた後に冷たい水で冷やす
と、更に殻がむけすくなります。

 

ちなみにここで言うゆでたまごは、キン肉マンの作者のことではありません。

 

 

2.ゆでたまごを作る時は、沸騰したお湯に入れるほうがよい

小さいころ家庭科の授業で「水に卵を入れて、沸騰させましょう」と習ったことから、素直にこの教えを守ってきたのですが、水から卵を入れるよりは、沸騰したお湯に卵をオタマに入れてそっとおいて茹でた方が、黄身が隅っこに偏ることなく、綺麗なゆでたまごが出来上がって良いそうです。
ヤケドしないように注意してくださいね!

 

 

3.黄身の割合が最も高いのは、Mサイズ

値段が同じ場合は、大きい方がお得かと思って、これまで大きいサイズのものを選んで買っていましたが、実は、Mサイズが一番卵黄の割合が高いようです。Lサイズも次いで卵黄の割合が高く、SやLLサイズは、卵白の割合が高めなのです。
黄身が好きな方はMサイズを、白身が好きな方は、SかLLサイズを買いましょう!

 

 

4.たまごは、パックのまま保存したほうが良い

私はこれまで、卵を購入したら、パックから出して、せっせと冷蔵庫の扉の上部にある卵を立てるやつに立てていましたが、パルシステム生活協同組合連合会によると、衛生上、パックのまま保存するのが正解らしいです。知りませんでした・・・

でも、パックのまま保存すると、数が少なくなったときに無駄にスペースとるし、なんかバランス悪くなって倒れそうになりますよね^^

 

 

 

5.卵を保存する時に尖った方を下にする理由は「立てやすいから」ではない

小さい頃、卵を買って、冷蔵庫に保存するときに「尖った方を下にしなさい」と言われてきましたが、「なんで?」と聞いても、「よくわからないけどそうらしいよ」みたいな感じではぐらかされてきました・・・でも、理由があったのです!

0915_tamago_01

・卵は黄身に栄養があり、菌が繁殖しやすい
・黄身は、上に浮かぶ
・たまごの丸いほうには「気室」と言われる、ポコッとしたところがあり、この「気室」が黄身を外気に触れて腐るのを防いでくれる!

ゆでたまごの殻をむく時に「なんか、卵の底ってポコッとしてるな」と常々思っていましたが、このポコが重要な働きをしているなんでビックリですね!

 

 

6.「卵の黄身の色が濃いほうが新鮮」というのはガセ

なんとなく、黄身が濃い方が新鮮でおいしそうな気がしますが、色と鮮度は全く関係ありません。

黄身の色は、エサの色で決まります。

なお、卵の殻の色も、鮮度や栄養とは全く関係がないので注意しましょう。
参照:「食べ物」「味覚」に関する7つの「嘘」~ガセネタに注意しましょう~

 

 

7.ゆでたまごと生卵を見分けるためには、「回す」

いろいろと料理をしていると、テーブルに置いてある卵が、「これ、ゆでたまごか生卵か分かんなくなっちゃったよ」状態になることがあります。

こんな「疑惑の卵」について、これまで、恐る恐る卵を割って、生卵っぽかったらすぐにボウルに移す感じで対処していましたが、そんなメンドクサイことしなくて良いのです。

実は、卵を「回す」だけで、違いが明確になります!

・ゆでたまご ⇒ バランスよく早く回る
・生卵 ⇒ フラフラして回りにくい

ちなみに私はこの方法を初めて知ったとき、嬉しくて思いっきりテーブルの上で卵を回してみたのですが、卵がフラフラしてテーブルから落下しました。フラフラしたということで生卵だったので当たっていましたが、複雑な気分でした。ゆでたまごであってほしかった・・・皆さんも気をつけましょう。

 

———————————————————————————–
本日のまとめ

・ゆでたまごはちょっと古めの方が殻むきやすいよ
・卵の黄身の色は、エサの色で決まる
・生卵は回すと割れやすいので気をつけましょう。
————————————————————————————

スポンサーリンク

参照:イセ食品株式会社HP
参照:マイナビニュース

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?