チョコレートには、ミルクチョコ、ホワイトチョコ、ビターチョコなど様々な種類がありますが、
みなさんは何チョコ派ですか?

私は、断然ホワイトチョコ派です!

ホワイトチョコは他のチョコと比べて、牛乳感とかバター感やコクがあって、独特な感じがありますよね!
これが、ホワイトチョコの好き嫌いを分ける要因だと考えられます!

 

今回は、そんなホワイトチョコレートの味覚評価()を行いました!

スポンサーリンク

 

今回も、前回のミルクチョコレートと同様に、
「明治」、「ロッテ」、「森永」3社のホワイトチョコレートで味覚評価を実施しました。

「明治ホワイトチョコレート」【明治】

「ガーナホワイトチョコレート」【ロッテ】

「ダースホワイトチョコレート」【森永】

※前回のミルクチョコレートの味覚評価(食べ比べ)の結果については、以下の記事をご参照ください!

参考記事:【ミルクチョコレート】「明治」「ガーナ」「ダース」の味の違いは?一番おいしいのは?~味覚評価(食べ比べ)~

 

また、そもそもミルクチョコとホワイトチョコとビターチョコってどんな違いがあるのよ?
っていう方は、以下をご覧ください。

参考記事:「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違い~ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は苦味の味覚感度が良い?~

 

 

チョコレートの違いを簡単に言うと、、、

今回のテーマである「ホワイトチョコ」には、カカオマスが入っていない!
という特徴があります!

 

ホワイトチョコ3商品について、日本味覚協会の評価者4名にて味覚評価を行いました。

 

 

栄養成分表示

 

まず、それぞれのチョコレートの栄養成分表示を調べてみました。

内容量は、明治が40g、ガーナが45g、ダースが42gです。
これを考慮すると、栄養成分はほとんど変わらないと言っていいと思いますが、

「ガーナ」は脂質が多く、
「ダース」はややたんぱく質が少ない、という特徴があります。

 

 

レーダーチャート(/採点法)

 

今回は、ミルクチョコレートの味の要素として、

1.カカオの苦味
2.ミルク感
3.バターっぽさ
4.香りの強さ
5.まろやかさ(口溶け)
6.固さ
7.砂糖の甘さ

の7項目を設定し、
各項目について5点満点で味覚評価(採点法)を行いました。

結果は、以下の通りです。

3種類ともに、苦味はほとんど感じず、とても甘かったです。

 

分かりやすい違いが出たところは、固さです。
「明治」は最もかたくて食べ応えがあり、その次に「ダース」で、
最も柔らかく口溶けが良かったのは、「ガーナ」でした。

 

また、「ダース」はバターっぽさや砂糖の甘さを感じにくかった、
ということも特徴として挙げられます。

 

 

原材料表示と味覚評価の関係

 

次に、原材料表示を見比べてみます。

【明治】

 

【ガーナ】

 

【ダース】

 

まとめると、以下のようになります。

【明治】砂糖全粉乳ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳/乳化剤、香料

【ガーナ】全粉乳ココアバター砂糖、植物油脂、乳糖/乳化剤、香料

【ダース】砂糖全粉乳ココアバター、植物油脂、脱脂粉乳/乳化剤、香料

 

ホワイトチョコレートなので、前述した通り、
ミルクチョコレートには含まれていた「カカオマス」が3つともに含まれていません!

 

また、砂糖、全粉乳、ココアバターが主な原材料ですが、書いてある順番が少し違うようです。

 

※前提知識として、、、
原材料表示には、入っているものが多い順に書かれるというルールがあります。

※参考記事:食品表示の豆知識その③~原材料表示のルールとアレルギー物質~

 

それではそれぞれのチョコレートの特徴を見ていきましょう。

 

 

明治ホワイトチョコレートの特徴

 

原材料表示を見てみると、明治のホワイトチョコには砂糖が最も多く含まれています。
味覚評価でも、砂糖の甘味を強く感じました。

 

また原材料表示ではココアバターは3番目に書かれていますが、(ガーナは2番目、ダースは3番目)
味覚評価では、2番目に書いてあるガーナと同じくらいバターっぽさを感じました。

 

さらに、明治のミルクチョコには含まれていなかった植物油脂が
ホワイトチョコには含まれていることもあり、
なめらかさ(まろやかさ)がミルクチョコよりは増したように感じました。
(でも3商品の中では一番まろやかさの数値は低い結果でした)

 

 

「ガーナホワイトチョコレート」の特徴

 

他2商品が、砂糖、全粉乳、ココアバターという順番に対して、
ガーナのホワイトチョコは、全粉乳が最も多く含まれ、次にココアバター、そして砂糖という順番になっていることが特徴的です。

味覚評価でも、ミルク感を最も強く感じたのはガーナでした。

 

また、砂糖が3番目に表示されています(3商品の中では一番砂糖が使われていないと推測されます)が、砂糖の甘味をかなり強く感じました。

この理由を断定することは難しいですが、、
ガーナには脱脂粉乳ではなく、乳糖(二糖類の低甘味度甘味料)が含まれていることが要因の一つかもしれません。

 

 

「ダースホワイトチョコレート」の特徴

 

ダースの原材料表示を見ると、明治と同様に
砂糖が最も多く含まれ、次に、全粉乳、ココアバターという順番になっています。

 

しかし、味覚評価では、砂糖の甘さが抑えられていると感じました。

※原材料表示は、多い順に記載されていますが、その量については言及されていないので、
ダースに含まれる砂糖の量は、明治やガーナよりも少ないという可能性もあります。

 

また、砂糖の甘さだけでなく、バターっぽさやミルク感も他の2商品に比べて弱く感じた
ということも大きな特徴として挙げられます。

 

 

おいしさの評価

 

これらを受けて、日本味覚協会では、僭越ながら
各個人が感じた「おいしさ」についても5点満点で評価をさせて頂いております。

 

その結果はこちらです!

 

ホワイトチョコレートをおいしさのポイントとなったのは、「甘味のタイミング」です!

「明治」は、少し時間が経ってから甘味を感じ、だんだんと強くなってくるのに対して、
「ガーナ」と「ダース」は、先に甘味を感じ、その後に風味が広がっていく印象でした。

その点が「ガーナ」と「ダース」の高得点につながったように思います。

 

そして、中でも「ダース」は、砂糖の甘さが最も控えめと感じたこと、
またホワイトチョコ特有のクセが弱かったことが評価者の支持を受けて、
おいしさ評点では1位となりました!

※私個人としてはホワイトチョコ特有のクセは好きなのですが、、、
他の評価者3名がクセがない方が美味しいと評価されていました。

 

 

次回はビターチョコ(ブラックチョコ)の食べ比べの結果をお伝えしたいと思います!
お楽しみに!!

 

 

なお、日本味覚協会ではこのような味覚評価(商品評価)をインスタグラムにて公開しています!
よろしければフォローしてみてくださいね!

Instagram

 

———————————————————————————–
本日のまとめ
・明治ホワイトチョコレートはバターっぽさが強く、甘味は後から感じる
・ガーナホワイトチョコレートはミルク感が強く、まろやか、そして甘い
・ダースは砂糖の甘さが抑えられ、ホワイトチョコの独特のクセが弱い
・ホワイトチョコ、、といえばホワイトデー!味覚検定チョコ喜怒哀楽チョコがおすすめです!
————————————————————————————

スポンサーリンク

参考記事:【ミルクチョコレート】「明治」「ガーナ」「ダース」の味の違いは?一番おいしいのは?~味覚評価(食べ比べ)~

参考記事:【ビターチョコ】「明治」「ガーナ」「ダース」の味の違いは?一番おいしいのは?~味覚評価(食べ比べ)~

 

アンケートにご協力お願いします

ダイエットする場合、あなたはどちらを優先して行いますか?

 

食事制限でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

 

運動でダイエットを行う場合、あなたはどちらがより有効だと思いますか?

日本味覚協会による商品評価

日本味覚協会では、食べ比べ・飲み比べ(商品評価)を実施しています。

日本味覚協会のインスタグラム

を是非ご参照お願い致します!