もうすぐ待ちに待ったバレンタインですね……!
バレンタインと言えば、板チョコを使って、チョコレートを手作りする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 スーパーに材料を買いに行くと、そこには3種類のチョコレートが!

「明治ミルクチョコレート」【明治】

「ガーナミルクチョコレート」【ロッテ】

「ダースミルクチョコレート」【森永】

 

さぁ、みなさんはどれを手に取りますか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

冒頭に記載した3種類のチョコレート

「明治ミルクチョコレート」【明治】

「ガーナミルクチョコレート」【ロッテ】

「ダースミルクチョコレート」【森永】

は、どれも有名で迷っちゃいますよね!

 

 

この3つのチョコレートについて、
明確に味の違いを言える人はほとんどいないのではないでしょうか。。

そこで我々、日本味覚協会は、
この3つのチョコレートの味がどのように違うのか、)をしました!

※日本味覚協会所属の評価者4名にて味覚評価を実施しました。

 

 

そもそもミルクチョコってなんだっけ?ビターチョコやホワイトチョコとは何が違うの?

 

今回はそれぞれ3ブランドのミルクチョコレートの味を比較しますが、、
そもそも、ミルクチョコ、ビターチョコ、ホワイトチョコにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

その答えは、、

以下のページに記載していますのでご覧いただければと思います!!!

参考記事:「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違い~ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は苦味の味覚感度が良い?~

 

 

記事は読み返したくないよ、という方のために、ものすごーく簡単に言うと、、

チョコレートに使われている原料が違います!

 

 

栄養成分表示

 

「明治」「ガーナ」「ダース」ミルクチョコレートの評価に話を戻します!

まず、それぞれのチョコレートの栄養成分表示を調べてみました。

 

「ダース」が「明治」や「ガーナ」に比べて
カロリーやたんぱく質、炭水化物が若干少ない、という特徴があります。

 

 

レーダーチャート(味覚評価/採点法)

 

今回は、ミルクチョコレートの味の要素として、

1.カカオの苦味
2.ミルク感
3.カカオの香り
4.コク
5.まろやかさ
6.固さ
7.砂糖の甘さ

の7項目を設定し、
各項目について5点満点で味覚評価(採点法)を行いました。

 

結果は、以下の通りです。

 

3種類ともに、苦味はそれほど感じず、とても甘いです。

「ダース」はミルク感やまろやかさが強く、
「ガーナ」は砂糖の甘さを感じやすい結果となりました。

また「明治」は他の2商品と比べ、カカオの苦味や香りがやや強いという評価が得られました。

 

 

原材料表示と味覚評価の関係

 

次に、原材料表示を見比べてみます。

【明治】

 

【ガーナ】

 

【ダース】

 

 

まとめると、以下のようになります。

【明治】砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、香料

【ガーナ】砂糖、全粉乳、カカオマス、ココアバター、植物油脂、香料

【ダース】砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、植物油脂、脱脂粉乳、生クリーム、ヘーゼルナッツペースト、ホエイパウダー、バターオイル、香料

 

 

明治ミルクチョコレートの特徴

「明治」は、こだわりのピュアチョコレート、と謳っているように、
余計なものが含まれず一番シンプルな原材料表示になっています!

そして、3商品の中で唯一、植物油脂が含まれていません。
そのためか、味覚評価でもまろやかさ(なめらかさ)は一番感じないという結果でした。

 

また、カカオマスの順番が2番目にきている、ということも大きな特徴です。

※原材料表示は、入っているものが多い順に書かれるというルールがあります。

※参考記事:食品表示の豆知識その③~原材料表示のルールとアレルギー物質~

 

カカオマスが他の2商品と比べて多く入っているため、
味覚評価でもカカオの苦味やカカオの香りがやや強いという結果が出たのではないかと考えられます。

 

 

ガーナミルクチョコレートの特徴

原材料表示を見ると、砂糖の次に全粉乳が多く使われていることが分かります。

※全粉乳とは、牛乳から水分を除去して乾燥させたものを言います。
板チョコに牛乳を使用すると、水分が多くて食感が悪くなってしまうので、全粉乳を使います。

 

味覚評価を見ると、全粉乳が多いからといって、ミルク感が強いわけではないようです。

また固さの項目において3商品の中で最も柔らかい(溶けやすい)と感じたことから、
加工向きではないかと思いました。

 

 

ダースミルクチョコレートの特徴

原材料表示を見ると、砂糖の次に多いのは、ココアバターです。
※ココアバターとは、カカオ豆に含まれる脂肪分のことを言います。

また、ダースは他2つに比べて原材料表示に書かれているものが多く、ホエイパウダーなども含まれています。
※ホエイパウダーとは、チーズ製造のときに固まらずに液体として残るものを乾燥させて粉にしたものです。

味覚評価では、ミルク感を1番強く感じましたが、
このホエイパウダーの影響も大きいのではないかと考えられます。

 

また、砂糖の甘さを感じにくいという評価が得られましたが、
砂糖の量が少ないかどうかは、この原材料表示からはわかりませんでした。
(砂糖は3商品ともに一番多く入っているということしかわかりません)

ミルク感が強いから砂糖の甘さを感じにくかった、という可能性もありますが、
前述の栄養成分表示によると、「ダース」に含まれる炭水化物が他2商品と比べて少なかったので、
本当に砂糖の量が少ないという可能性もあるのではないかと思います。

 

 

おいしさの評価

 

日本味覚協会では、僭越ながら
各個人が感じた「おいしさ」についても5点満点で評価をしています。

※当協会は独立した第三者機関ですので、、、
どの会社に忖度するわけでもなく感じたままに評価させていただいております。

 

結果は以下のようになりました!

 

「ガーナ」は、少し粘りがあり、砂糖の甘味が後に残るような印象で、無性に甘い物を食べたいという時におすすめだと感じました!

 

「ダース」は、3つの中で最もミルク感が強い一方、砂糖の甘味を感じにくいという結果で、ミルク感を好む人には高評価でした!

 

そして、「明治」は、他と比べカカオ感を強く感じたことで、ミルク、砂糖、カカオのバランスが良いと判断され、評価者4名からまんべんなく高評価を得たことから、おいしさ評点で1位という結果となりました!!

 

なお、日本味覚協会ではこのような味覚評価(商品評価)をインスタグラムにて公開しています!
よろしければフォローしてみてくださいね!

Instagram
———————————————————————————–
本日のまとめ
・明治ミルクチョコレートは他と比べカカオの苦味や香りが強い。
・ガーナミルクチョコレートはすごく甘い。
・ダースミルクチョコレートはミルク感がすごく強い。
・チョコレートといえば味覚検定チョコ喜怒哀楽チョコもおすすめ!

————————————————————————————

スポンサーリンク

参考記事:【ホワイトチョコ】「明治」「ガーナ」「ダース」の味の違いは?一番おいしいのは?~味覚評価(食べ比べ)~

参考記事:【ビターチョコ】「明治」「ガーナ」「ダース」の味の違いは?一番おいしいのは?~味覚評価(食べ比べ)~

 

アンケートにご協力お願いします

あなたは、以下の「魚」のうち、どれが一番好きですか?

 

あなたは、以下の「野菜」のうち、どれが一番好きですか?

日本味覚協会による商品評価