みなさん、「SusHi Tech Tokyo 2024」(スシテック東京2024)をご存知でしょうか?

SusHi Techとは、サステナブルとハイテックを掛け合わせた造語で、

世界が直面する課題へ立ち向かうためのテクノロジーやアイデアが集まる、
持続可能な新しい価値を生み出すためのイベントです!

(お寿司に関するイベントではありません)

私たち日本味覚協会では、食の未来について考えるショーケースプログラムについて
一部監修していますので、ご紹介させていただきます!

小林製薬の「紅麹」問題が大きなニュースとなりましたが、
その際に「機能性表示食品」についても注目されるようになりました。

そもそも機能性表示食品とはどのようなものなのでしょうか?

また機能性表示食品のようでそうではない食品(チョコレート効果)
の例もあわせてご紹介させていただきます。

もうすぐバレンタインですね!

私たち日本味覚協会では、毎年バレンタインやホワイトデーに
「味覚検定チョコ」を多くの方にご購入いただいているのですが、

日本全体として、バレンタインの市場規模はどのくらいで、どのように推移しているのでしょうか?

今回は、バレンタインの市場規模/経済効果に関するお話です!

夏はピーマンの季節ですね!

ピーマンは特有の苦味があり、「嫌い!」という方も多い食材です。

そこでふと、こんな疑問を持ちました。

ピーマンが好きな人って、他の苦味が強い食べ物も好きなんでしょうか?
例えば、ピーマンが好きな人はコーヒーも好きな傾向があるのでしょうか?

 

今日は、そんな疑問に対する日本味覚協会の調査結果をお伝えします!

「CHOOSEBASE SHIBUYA」というお店をご存知でしょうか?

渋谷のロフトの近くにある、そごう・西武百貨店が運営する新しい形態の店舗です。

「CHOOSEBASE SHIBUYA」には、商品のサンプルは置いてあるものの、
販売員などはおらず、また商品の説明書きもありません。

スマホでQRコードを読み取ることで、商品説明を読んだり、お買い物をする、という、
オフラインとオンラインを融合させた近未来型のショッピング体験をすることができます。

 

日本味覚協会では、期間限定で「味覚検定チョコ」を販売させていただいておりますので、
店舗の様子などをご紹介させていただきます!

もうすぐバレンタインですね!

バレンタインに「楽しい!」と好評いただいている味覚検定チョコですが、
まだ知らないよ!という方のために、一体どんなチョコなのか、改めてご紹介いたします!

 

なお以前に、人気若手女優の髙橋ひかるさんに
「味覚検定チョコ」に挑戦するYouTubeを公開いただいておりましたので、
その様子もあわせてご紹介させていただきます。

今年もバレンタインシーズンがやってまいりました!

日本味覚協会では、東京 日本橋三越本店のバレンタインフェアにて
「味覚検定チョコ」を販売させていただいております!

このようなご時世ではございますが、
2022年も無事にバレンタインフェアがスタートしましたので、ご紹介させていただきます。

もうすぐバレンタインですね!

今年も、日本橋三越本店にて開催されるバレンタインフェア(2022年2月2日~2月14日)で、
「味覚検定チョコ」を販売させていただきます!

 

なお、味覚検定チョコは、現在ホームページ上でも販売中です!(バレンタインキャンペーン中!)

毎年、品切れとなってしまうほど好評いただいております。
ご興味のある方は是非お早めにチェックしていただけますと幸いです。

本日は、味覚検定チョコに関して寄せられたご質問や口コミのご紹介をさせていただきます!

 

2月にはビッグイベントがありますね!!!
そう、バレンタインです!!!!!

バレンタインと言えばチョコレート!ということで、

今回は日本味覚協会が実施したアンケートをもとに、
好きなチョコレートの種類(ミルク/ビター/ホワイト/ルビーチョコ)に関する
人気ランキングを発表します!

11月11日は、「ポッキー&プリッツ」の日です!

そこで今回は、「ポッキー」と「トッポ」の食べ比べ(味覚評価)を行いました!

味の違いや、どちらが美味しいのかを調査しましたのでご紹介します。

PAGE TOP