グーグルで
「痩せた」
と検索しようとすると、なぜか
「痩せた
と表示されます。

「あなたはどう見ても ”痩せた” とは思えません。”痩せたい” だけですよね?」
と言われたみたいです。失礼しちゃいますまったく。

 

このグーグル予測機能からも分かるとおり、
日本人は、「痩せたい」と思っている人が多いようです。

というわけで、今日は、うま味とダイエットの関係についてお話しします!

 

 

グーグルで
「だ」
と検索すると、予測変換の第1位は、
「ダイエット」
でした。さすがです。

 

ちなみに予測変換の第5位、6位は

「脱法ハーブ」
「だめよーだめだめ」

でした。さすがグーグル先生、予測変換の中でも脱法ハーブの危険性を諭してくれますね。

 

 

さて、余談が長くなりましたが、タイトルの件について、
「うま味感度が低下すると肥満になりやすい」ことが日本高血圧学会で報告されています。
日経メディカル記事 参照
(うま味って何?という方はこちら→「味の分類~5つの基本味」

 

この報告を簡単にまとめると、

うま味を感じにくい人 ⇒ 太ってる人多い!

うま味を感じにくい人 ⇒ 甘味が好きな人多い!

というデータが得られた!!つまり

うま味を感じにくい ⇒ 甘味が好きになる ⇒ 太る!

 

と考えられているようです。

ということは、「うま味感度が高くなれば、ダイエットできる可能性が高い」とも言えそうです。

たしかに、 個人的なイメージですが、お吸い物が好きだったり、薄味の和食が好きな人は
太ってる人が少ないような気がします。

いや、というより、そもそも今の日本の女性で太ってる人はほとんどいないように思います!!

 

ではなぜ、今の世の中、こんなにダイエットが流行っているのでしょうか?

「理想のダイエット」って、なんでしょうか?

 

 

HUMA Groupによるアンケート調査結果では、

Q. あなたは痩せたいと思ってますか?(女性)

ダイエット1

 

Q. ダイエットをしたがっている周りの女性を見て・・・(男性の意見)

ダイエット2

約9割の女性が「痩せたい」と思っているのに対し、その内、本当に痩せたほうがいいと思っている男性は2割もいない、ことが分かります。

つまり、痩せたいと思っているほとんどの女性は、痩せる必要はないのです。

 

ただ、個人的な意見ですが、痩せる必要がない女性でも、「痩せなきゃ」と思って努力する姿勢は、魅力的だと思います。

ということで、私の考える理想のダイエットは、「現状維持ダイエット」です。
痩せなきゃ、と思って頑張って、太らないようにするんだけど、特に痩せることもない、「現状維持ダイエット」を続けることが、一番、男女双方にとって喜ばしい結果になるはずです!

 

こんな持論を展開してしまうと、今回の記事の「うま味ダイエット」がものすごく胡散臭くなってしまったようで心配ですが・・・
データ上は、うま味ダイエットで痩せる可能性はあります!

ただ、みなさんお察しの通り、劇的に痩せることはないと思います(笑)
でも、太ることはなく、現状維持はできそうです。
だから、「うま味ダイエット」は理想的なダイエットの一つですね。

少しでも興味を持って頂けた方は、
当法人の「味覚診断」や「味覚向上プログラム(今後実施予定)」に参加し、
うま味感度向上による「うま味ダイエット」をぜひお試しください!

 

————————————————————————————
本日のまとめ

うま味感度が低下すると太りやすい
・ 「うま味ダイエット」は理想のダイエット?
・ マツコ・デラックスに似てると言われたことがある方は、
もっと本格的なダイエットをオススメします。
————————————————————————————