皆様、いつもご愛読ありがとうございます!

当協会を設立して約3年半が経ちました。嬉しいことに、少しずつ知名度も上がってきて、最近では、毎日のように、イベント・講演・メディア出演のご依頼や、味覚に関するお問い合わせを頂けるようになりました。
(混みあってる時は、返信が遅くなってしまうことがございます、大変申し訳ございません)

今日は、お問い合わせ頂くことの多い「味覚診断の方法」について、実施例をご紹介させていただきます!

 

 

 

これまで、学校や企業、地方自治体等、多くの方からご依頼いただき、様々な味覚イベントを実施してきました!(ご依頼者のご意向により未公開案件も多数ございます。報告できず申し訳ございません)

 

イベントを通じて、多くの方に「」に興味を持っていただき、

「味覚診断ってどうやってやるの?」

「家でも、味覚診断やってみたい!」

と、ご連絡いただくことが、非常に増えました。とても嬉しいことです!ありがとうございます!

 

今日は、この場をお借りして、味覚診断の方法について、実施例をご紹介させていただきます!

 

 

 

 

味覚診断イベントの内容は?

味覚診断イベントの目的として

・楽しく「味覚」に興味を持ってもらう
・自分の味覚の良さについて、精度よく診断する

と大きく2つあると考えております。

 

当協会では、「楽しく味覚に興味を持ってもらう」ためのイベントとして、以下の実施例を紹介させて頂いております。参考:日本味覚協会HP_サービス内容_味覚診断

 

1.ミックスジュースの中身を当てる!~原材料識別テスト~

3種類の食材を混ぜたミックスジュースの中身を当てるテストです。

1ミックスジュース

 

 

2.GODIVAと普通のチョコを区別する!~高級品識別テスト~

目隠しした状態でGODIVAチョコレートと明治ミルクチョコレートを食べ比べ、
どちらが高級品(GODIVAチョコレート)かを当てるテストです。

2

 

 

3.黄桃と白桃の味を区別する!~味覚の記憶力テスト~

まず初めに、黄桃を食べ、その味を記憶します。
その後、3種類の桃(黄桃1種類/白桃2種類)を食べ、
初めに食べたもの(黄桃)と同じものはどれかを当てるテストです。

3桃

 

 

4.水に含まれている成分を当てる!~味覚の感知力テスト~

水に、微量に含まれている五味()成分を当てるテストです。

4感知力

 

上記内容のイベントでは、参加者の皆さんが楽しみながら実施できるため、
」としてのみでなく、「味覚セミナー」や「食育レクリエーション」のイベントとしても、数多く実施いただいております!

※もちろん、各イベント毎に、イベントの時間、対象者の年齢、男女比、想定される難易度等を考慮して、詳細については相談させていただいております。

 

 

 

短時間で味覚診断する方法は?

「そんなにたくさん時間はとれないけど、短時間で簡単に味覚診断イベントしたい!」というご相談も多くございます。

短時間で味覚診断する方法としては、以下の3つを案をご紹介させていただくことが多いです。

 

1.5味の感知力テスト

水に、微量に含まれている五味(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)成分を当てるテストです(上述のものと同じです)。

<メリット>

・5味すべての味覚をチェック可能
・楽しい

<デメリット>

・準備が大変(5味の成分をすべて入手するのが難しい)
・5味の適切な濃度を見つけるのが大変

※このデメリットをなくすように開発した製品が「味覚診断チョコ」です。
もしよければ、ぜひご活用ください!

 

 

2.3点識別テスト

2つの水と、一つだけ、ちょっと砂糖を入れて甘くしたものを飲んで、違いが分かるかどうかテストする方法です!

 

もしくは、全部を砂糖水にして、一つだけ濃度を高くして、どれが一番甘いかを聞く方法もあります!

<メリット>

・比較的、準備は簡単

<デメリット>

・5味のすべてをチェックできない

 

なお、3点識別法の詳細(比較法との違い)については、以下の記事をご参照ください。

・ジュース(3個中1個だけ甘い)を飲み比べた時「どれが違う?」と聞くのと「どれが一番甘い?」と聞くのでは正答率が変わる?(その①)~識別法と比較法~

・ジュース(3個中1個だけ甘い)を飲み比べた時「どれが違う?」と聞くのと「どれが一番甘い?」と聞くのでは正答率が変わる?(その②)~Thurstonian Model~

 

 

3.濃度差チェックテスト

濃度の違うもの(例えば砂糖水など)で、濃度の高い順番に並べてもらうテストです。

<メリット>

・比較的、準備は簡単

<デメリット>

・5味のすべてをチェックできない

 

 

 

以上、簡単な診断方法についてご紹介させていただきました!

詳細についてご質問ございましたら、いつでもお問い合わせ頂けますと幸いです!
(当協会のノウハウとして公開できない情報もございます。ご了承ください)

なるべく多くの方に、味覚に興味をもっていただき、味覚診断を試してもらえますと、とても嬉しいです!今後ともどうぞよろしくお願い致します!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・ぜひ味覚診断をお試しください!
・準備が面倒くさかったら、味覚診断チョコもオススメです笑
・今日は笑いの要素ゼロで書いてしまいました、ごめんなさい
(いつも笑いの要素ゼロだよ、というツッコミは受け付けません)
————————————————————————————