味覚に関するお仕事をさせていただいていると、
「料理の味が美味しいかどうかなんて、人それぞれですよね?」
というお言葉をよく頂戴します。

確かにその通りではあるのですが、
”人ぞれぞれ”だからといって、味を評価することはできないか、というとそうではありません。

 

日本味覚協会では、「味」の評価は「お笑い」の審査と似ている、と考えています。

漫才やコントを見て面白い!と思う感覚は”人ぞれぞれ”ではあるものの、
それでも客観的に面白い!か面白くない!かはなんとなくわかるし、
M-1グランプリなどの審査結果をみても、一定の納得性はあるように思います。
(優勝したコンビがその後活躍するかどうかは置いといて)

今日はお笑いの審査方法を踏まえて味覚評価(官能評価)の仕組みをご説明したいと思います!

このコロッケ、サクサクしてておいしい! とか、
チーズがとろーり、とろけててめちゃうま!

などと表現したことがある方は多いのではないでしょうか?

 

前述の”グルメリポート”は、なんとなく味を表現しているつもりで言っていると思いますが、
厳密には「味」ではなく「食感」を表しています!

今日はこの「食感」に関するオノマトペをテーマにお話しさせていただきます。

最近、舌トレーニング(舌トレ)が流行っているようですね!

「舌トレすればダイエットできる!」というような本も出ていて、とても興味深いです。

今日は、舌トレに関するお話です!

もうすぐハロウィンですね!

ハロウィンの食べ物といえば「かぼちゃ」です。
みなさん、「かぼちゃ」を英語で何て言うか知ってますか?
え?パンプキンじゃないの?と思った方、ぜひこの記事をお読みください!

今日は、かぼちゃの旬や栄養など、カボチャ豆知識のご紹介です!

みなさん、「アミノ酸スコア」って聞いたことがありますか?

「スコア」と聞くと、プロ野球のスコアとか、ゴルフのスコア、TOEICのスコアを思い浮かべる方もいるかと思いますが、「アミノ酸」のスコアって何なのでしょうか?

実は、この「アミノ酸スコア」は、「食」「健康」を考える上で、とても重要なファクターなのです!

今日は、この「アミノ酸スコア」について(世界一分かりやすくなるように頑張って)ご説明します!

「コクがある」という言葉。

カレーを食べたときや、濃厚なスープを飲んだときなどに、
みなさん一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

しかし!改めてコクって何?と言われるとうまく説明できる人は少ないのではないかと思います。

このたび、日本味覚協会はコクに関する取材を受けさせていただきましたので、
ご紹介すると同時に、「コクの正体」についてのご説明をさせていただきたいと思います!

みなさんは、スーパーやコンビニで食品を購入するとき、裏面に書いてある表示を見ますか?

あの表示は、どんなルールで書かれているのか知っていますか?

今日は、食品表示(原材料表示)に関するお話です!

 

前回の記事(他の動物よりも人間の味覚は良い?~一番味覚の良い動物とは~)では動物全般の味覚の良さ(味蕾の数)についてお話ししました。

今日は、動物の中で、みなさんと最も仲良しと思われる犬と猫の味覚について、詳しくご説明します!

 

人間の味覚には、5味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)があることが知られています。

でも、他の動物の味覚も、ヒトと同じなのでしょうか?
そして、ヒトは、犬や猫などの他の動物よりも味覚が良いのでしょうか?

今日は、動物の味覚に関するお話です!

 

先日の記事において、辛味の好みと性格に関するアンケート調査をさせていただきました。

※ん?何の話??と思った方は、
辛味が苦手な人の特徴とは~ポジティブな人ほど辛いものが好き?~

をご覧ください。

 

300人を超える方々にアンケートをお答えいただいた結果、おおよその傾向が見えてきましたので、
ここまでの結果をご報告させていただきたいと思います!

 

PAGE TOP