年を取ると、ちょっと運動するだけで息が切れたり、近くの物が見えにくくなったりと、身体的な能力は衰えていきます。
逆に、“職人”と呼ばれる方の持つ技術は、年を取るにつれて(経験を重ねるにつれて)磨かれていくように思います。

では、「味覚」は、年を取るにつれて衰えるのでしょうか?
あるいは、経験を重ねるにつれて磨かれていくものでしょうか?

 

 

ちょっとお腹がすいたな、っと思ってキッチンに行き、
冷蔵庫の前に立ったら、
あれ、何しに来たんだっけ?
って思うこと、よくありますよね。

そして、その後にこう思うんです。
あー、年だから物覚えが悪くなっちゃってるなー、と。

 

でも、厳密には、“覚える力”が衰えている訳ではないってこと、知ってましたか?

 

記憶力は、次の3種類に分類することができるのですが、

・覚える力(情報をインプットする力)
・インプットした情報を保存する力
・保存した情報を取り出す力

年を取ると、3番目の、“情報を取り出す力”が衰えてしまうのです。

いや、衰える、というのは正確ではないのかもしれません。

年を取ると、重ねてきた経験により色々なことを覚えるので、脳に多くの情報が保存されます。
しかし、脳は、情報の整理が下手なので、
保存された情報が多ければ多いほど、うまく取り出しにくくなってしまうのです。

 

つまり、
物忘れをしてしまったときには、
あー、年だから物覚えが悪くなっちゃってるなー、と思うのではなく、
あー、これまでの人生、色々なことを覚えすぎてしまったな・・・
と、感傷に浸るのが正解なのでした。。

 

 

と、前置きはこのくらいにして、、、味覚は衰えるか?という話でしたね。

結論から言うと、年を取るほど、味覚は衰えます。

 

大阪府に住む若者(18~27歳)及び高齢者(65歳以上)計110名を対象とした実験によると、

五味(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)のそれぞれにおいて、
若者の方が高齢者より味覚感度が高いことが確かめられました。

味覚の衰え2

味覚が衰える原因としては、
年を取るにつれて、味蕾(みらい)の数が減少する、という説が有力です。

※味蕾って何?という方はコチラ→前回ブログ「味覚の分類~5つの基本味~」

 

味蕾の数については、1935年に行われた実験によると、
※1935年はムツゴロウさん(畑正憲さん)が生まれた年

高齢者の味蕾は、乳幼児の30~50%まで減少する、と報告されています。
味覚を感知する細胞は半分にまで減ってしまうんですね!

それにしても、、
1935年の実験って古すぎ!もっと新しい実験データ教えてよ!!
というみなさんの声が聞こえてきそうなので、

次回は、先月に私たち日本味覚協会が実施した「味覚診断」の結果について報告したいと思います!

————————————————————————————
本日のまとめ

・年を取るほど、味覚は衰える
味覚が衰える原因は、味蕾(みらい)の数が減少するから、という説が有力
・美しい思い出は、年を取っても、変わることのない宝物

————————————————————————————