みなさん、「食品添加物」とは何を指しているのか、正確に説明することができますか?

「なんとなく危険そう」とか、「食べ過ぎると良くない」みたいなイメージを持ってる方も多いかと思いますが・・・

「食品添加物」について正確に理解している人は、ほとんどいない(100人に1人もいない)と思います。

というわけで今日は、クイズ形式で「食品」と「食品添加物」の違いについて楽しく学びましょう!

 

 

 

 

さて、早速いきましょう!

第1問
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★☆☆☆☆)
A:キャベツ
B:食塩
C:砂糖
D:醤油

 

初級問題です。分かりますか?

 

 

 

ヒント:「食品添加物」とは?

食品衛生法(第4条第2項)によると・・・

添加物とは、食品の製造の過程において又は食品の加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう

と定義しています。
(意味が分かりにく文章ですね。法律の文章って、なんでこんな理解しにくい文章なんでしょうか・・・)

 

ざっくり言えば、

食品添加物は、食品を作る時に使うものか、食品を加工・保存するときに使うもの

ということです。

 

 

 

さて、では第1問の答え

ヒントもあるし、これは当然分かりますよね?

 

正解は・・・・

 

 

 

A:キャベツ
B:食塩
C:砂糖
D:醤油
全部「食品」でしたー!!

 

 

えーー!!

 

法律では

”添加物は、食品を作る時に使うものか、食品を加工・保存するときに使うもの”

って書いてあるのに・・・
「砂糖」も「塩」も「醤油」も、食品を作る時に使うやんか!!と突っ込みたくなります。

※例えば家でケーキ(食品)を作る時に砂糖を使います。じゃあ砂糖は「食品添加物」じゃん!と、普通の読解力のある人なら思うはずですが・・・

 

なぜ「砂糖」や「塩」や「醤油」が食品添加物じゃないかというと・・・

例外として、伝統的に「食品」として食べられてきたものなら、「食品」扱いになるようです。

 

なんだそりゃー!!
何をもって「伝統的」と判断しているのか、、、明確に説明している文章はありません。

法律を読んだだけでは、実態は分からないのです(だから弁護士という職業があるようなものですね)

というわけで、クイズ形式で、実態を学ぶのが一番分かりやすいと思います!
(もしキャベツを食品添加物だと思っていた方は、次からの問題は何一つ分からないと思います)

 

 

 

 

続いて、、、

第2問
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★★☆☆☆)
A:ブドウ糖
B:果糖ブドウ糖液糖
C:キシリトール
D:スクラロース

聞いたことある名前が多いと思いますが、、、
分かりますか?

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

AとBが「食品」で
CとDが「食品添加物」でしたー!!

 

Aのブドウ糖は、スーパーでも売っていますね!別名「グルコース」です。

Bの果糖ぶどう糖液糖は、ガムシロップに含まれてるやつです。
(参照:ジュースに入ってる「果糖ぶどう糖液糖」とは?~食品添加物、ぶどう糖果糖液糖との違い~
「食品添加物」と思いきや、「食品」なのです!

Cのキシリトールは、ガムに入ってて有名ですね!
「虫歯を防ぐ」効果があると言われてますが、糖アルコールの一種で、食品添加物となります。

Dのスクラロースは、ゼロカロリー飲料に入ってるような、高甘味度甘味料の一種です。
(参照:なぜ甘いのにゼロカロリー?~高甘味度甘味料とダイエット~

 

 

 

 

続いて、

第3問!
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★★☆☆☆)
A:トマトジュース(飲食物として使用)
B:トマトジュース(着色のために使用)
C:寒天(食べ物として使用)
D:寒天(凝固剤として使用)

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

AとCが「食品」で
BとDが「食品添加物」でしたー!!

 

同じ「トマトジュース」でも、
飲むために入れれば「食品」になり、
着色料として入れると「食品添加物」となります。

 

例えば・・・チキンライスを作る時にトマトジュースを入れたとします。
これを「チキンライスを色鮮やかにするため」に入れると「食品添加物」扱いとなりますが
「具材の一つとして(食品として)」入れると「食品」扱いとなります。

正直、「何のために入れたかどうか」は作り手の申告次第です。非常に曖昧です。
(本当は「着色料」として入れたとしても、食品添加物表示をしたくないから「食品として入れました!」と言っている可能性もあります。)

このように、「食品」と「食品添加物」の違いの境界線は、曖昧なものも多いのです。

 

 

 

 

続いて、

第4問!
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★★★☆☆)
A:クエン酸
B:ビタミンC
C:β-カロテン
D:ソルビン酸

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

 

全部「食品添加物」でした!!

 

これらはすべて、「指定添加物」という区分のものです。

 

Aのクエン酸は、梅干しやレモンのすっぱい成分ですね。
(参照:梅干しやレモン、すっぱい食べ物はなぜおいしい?~クエン酸の機能~

BのビタミンCは、レモンなどの果物にたくさん入っている栄養素ですね!
市販のお茶に、酸化防止剤としても使われています。
(参照:なぜ市販のお茶にビタミンCが入ってるのか?~食品添加物と原材料表示の豆知識~

Cのβ-カロテンは、ニンジン等に多く含まれる栄養素(いわゆるビタミンA)です!

Dのソルビン酸は、保存料としてよく使われますね!

レモンには、「クエン酸」や「ビタミンC」が豊富に含まれていますが、レモン自体は、食品です。「クエン酸」や「ビタミンC」単体だと、食品添加物、という扱いになるのです。ややこしいですね。

 

 

続いて、

第5問!
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★★★☆☆)
A:グルコサミン
B:ウコン色素
C:金(金箔)
D:カフェイン(抽出物)

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

全部「食品添加物」でした!!

 

これらはすべて、「既存添加物」という区分のものです。

 

Aのグルコサミンは、膝などの関節に良い成分と言われていて、有名ですね。

Bのウコン色素は、二日酔いに効くと言われるウコンの色素です。

Cの金は、特に説明の必要はないと思いますが、いわゆる金メダルの金です。
金箔ソフトクリームとか売ってますね!

Dのカフェインは、コーヒーや紅茶に含まれているものです。
コーヒーや紅茶は「食品」ですが、そこからカフェインのみを抽出すると「食品添加物」扱いとなります。

 

 

 

 

第6問!
次のうち、どれが「食品」で、どれが「食品添加物」でしょう?
(難易度★★★★☆)
A:にがり(豆腐を作る時に使用)
B:タンパク加水分解物
C:胡椒(コショウ)
D:グルタミン酸ナトリウム(うま味成分)

さて、かなり難易度が高い問題になってきました。分かりますか?

 

 

 

正解は・・・

 

 

a%e3%81%a8c

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc

・・・・・

 

 

%e6%ae%8b%e5%bf%b5

!!!

 

 

 

正解は・・・

 

 

 

B:タンパク加水分解物
だけが「食品」で、
A:にがり(豆腐を作る時に使用)
C:胡椒(コショウ)
D:グルタミン酸ナトリウム(うま味成分)
は「食品添加物」でした!!

 

Aのにがりは、海水からとれる塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物です。

Bのタンパク加水分解物は、肉や魚を、酸・酵素分解によりアミノ酸やペプチドに分解したものです。
(参照:「たんぱく加水分解物」とは?~原料・作り方・味・危険性等の基礎知識~

Cの胡椒は、ラーメンなどに入れるいわゆるコショウです。香辛料の一種です。

Dのグルタミン酸ナトリウムは、昆布ダシに含まれるうま味成分です。
(参照:うま味は100年前に日本人が発見!~うま味成分と合わせダシの秘訣~

 

この問題を答えられた方はほとんどいないと思います。
まさか、コショウが食品添加物とは思いませんでした。
(コショウも醤油と同様、伝統的な食品の気もしますが・・・)

そして、タンパク加水分解物という、いわゆるアミノ酸液は「食品」なのに、グルタミン酸ナトリウムのような、アミノ酸単体は「食品添加物」扱いになります。

難しいですね・・・

 

 

 

それでは・・・

第7問、ついに最終問題です!
(難易度★★★★★)
食塩は「食品」、クエン酸は「食品添加物」ですが、
以下の割合で混合されている調味料は「食品」、「食品添加物」どちらの扱いになるでしょう?
A:食塩80%、クエン酸20%
B:食塩60%、クエン酸40%
C:食塩50%、クエン酸50%
D:食塩40%、クエン酸60%
E:食塩20%、クエン酸80%

%e8%aa%bf%e5%91%b3%e6%96%995%e7%a8%ae%e3%80%80%ef%bc%92

 

正解は・・・

 

 

 

 

 

Aのみ「食品」で、
B~Eは「食品添加物」でした!!

 

ざっくり説明すると、
「食品」が70%以上入っているものは「食品」扱いとなります!
(詳細なルールはもっと複雑ですが・・・)

 

 

さて、みなさん、今日のクイズは何問できましたか?

今日のクイズを全問正解できる方は、ほとんどいないと思います。
もしいたら、当協会にスカウトしたいくらいです笑。

そのくらい、「食品添加物」というのは、よく耳にするわりに、何のことか分かっていない人が多いのが現状なのです。
(というか、そもそも食品と食品添加物の区別が曖昧なのです)

 

次回は「食品添加物」の安全性についてお話しします!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・「食品」と「食品添加物」の区別は曖昧
・砂糖や醤油など、伝統的に食べられてきたものは「食品」(但し胡椒は食品添加物)
・ 「食品添加物」は、厚労省HPの「食品添加物リスト」に記載されているもの
————————————————————————————
参照:厚生労働省HP