みなさん、「DHMO」という化学物質をご存知でしょうか?
この「DHMO」は、

  • 酸性雨の主成分であり、温室効果を引き起こすことも知られている
  • 高レベルのDHMOにさらされることで植物の成長が阻害される
  • 末期癌の腫瘍細胞中に必ず含まれている
  • この物質によって火傷のような症状が起こることがあり、固体状態のDHMOに長時間触れていると皮膚の大規模な損傷を起こす
  • 原子力発電所で大量に使用される
  • 多くの金属を腐食・劣化させる
  • 一度に大量に吸引すると死亡するリスクがある

ことが知られています。

この「DHMO」を、食品添加物として認めても良いと思いますか?

 

 

 

これは、1997年、ネイサン・ゾナー君という14歳の少年(少年なのにネイサン)が書いた「我々はどのようにしてだまされるのか」というタイトルのレポートに記載されているものです。彼は、この「DHMO」という化学物質の害を指摘し、この物質の使用規制を求めて周囲の50人の大人に署名を求め、うち43名のサインを得ることに成功しました。

 

 

さて、鋭い方ならお分かりですね。

DHMO( dihydrogen monoxide )は和訳すれば一酸化二水素、要するに、ただの水(H2O)です。上記の説明について、DHMOの性質について隠していることはあっても、嘘はひとつも入っていません。

ただの水であっても、わざと、危なそうな事柄だけをピックアップすることで、いかにも危険な化学物質のように見え、規制の対象とさえなりかねないという・・・。「イメージ」の重要性を考えさせられる話です。

 

例えば、透明な液体の入ったコップを渡されて、「水だよ」と言われたら普通においしく飲めますが、「一酸化ニ水素という化学物質だよ」と言われたら、なんか危なっかしくておいしく飲めません。

食べ物は、特に、「イメージ」によって、感じるおいしさが変わってしまいやすいのです!

 

 

 

さて、余談が長くなりましたが・・・

 

私が愛飲しているサントリーのウーロン茶の原材料表示を見ると、「烏龍茶、ビタミンC」と書かれています。

ウーロン茶 表示

ウーロン茶には、ビタミンCも入っているのです!

 

また、伊藤園さんのお茶の原材料表示からも分かる通り、どのメーカーでも、市販されているほとんどのお茶には「ビタミンC」が含まれています。

 

・「ビタミンC」って何?

ビタミンCとは、化学的にはL-アスコルビン酸のことです。

L-Ascorbic_acid

 

<ビタミンCの特徴>

皮膚や粘膜の健康維持を助ける(コラーゲン合成に関与)
抗酸化作用がある(活性酸素を除去)
・ヒトは体内で合成できない(食事から摂取する必要あり)

ビタミンCが不足(1日あたり約100mg未満)する生活を続けると、欠乏症を引き起こす可能性があります。

 

 

・なぜ烏龍茶に「ビタミンC」を入れているのか?

ビタミンCの抗酸化作用を生かし、「酸化防止剤」として入れています。
お茶は、酸化しやすいのです。

 

・表示に「酸化防止剤」って書いてないけど、書かなくてもいいの?

結論から言えば、「酸化防止剤」とは書かなくても良いです。

 

 

食品の添加物表示に関して、原則として、
・使用した全ての食品添加物を「物質名」(名称別名、簡略名、類別名も可)で食品に表示する

ことが義務付けられています。

但し、主に3つの例外があります。

1.一括名で表示可

・香料
・酵素
・酸味料
・調味料
・乳化剤
・pH調整剤 など

複数の組合せで効果を発揮することが多く、個々の成分まで全てを表示する必要性が低いと考えられる添加物や、食品中にも常在する成分であるため、一括名で表示しても、表示の目的を達成できるために認められている(ただし、通知してある添加物を、示した定義にかなう用途で用いた場合に限る。)

例:香料(通常は多くの組み合わせで使用され添加量が微量)、アミノ酸(食品中にも常在成分として存在するもの)

 

2.用途名も併記

・甘味料
・保存料
・着色料
・酸化防止剤 など

消費者の関心が高い添加物について、使用目的や効果を表示することで、消費者の理解を得やすいと考えられるものは、用途名を併記することが可能。

例:甘味料(サッカリンNa)、着色料(赤色3号)、保存料(ソルビン酸)

 

3.表示免除

・加工助剤
・栄養強化剤 など

最終食品に残存していない食品添加物や、残存してもその量が少ないため最終食品に効果を発揮せず、期待もされていない食品添加物については、表示が免除される。

 

つまり、2.用途名も併記. から「酸化防止剤」と書くことは認められているのですが(実際に、「酸化防止剤(ビタミンC)」と記載してあるものも多い)、物質名さえあれば、書かなくてもよいのです。

 

・同じものでも別の表示だったら、イメージ変わる?

この

・「ビタミンC」

については、丁寧に表示するのであれば、

・「酸化防止剤(L-アスコルビン酸)」

となります。

ただ、一般的に、「酸化防止剤」や「L-アスコルビン酸」などの化学物質ぽい名前は、食品としてのイメージが良くないので、なるべくイメージが良いように、各メーカーの判断で「ビタミンC」と表示することが多いです。

 

 

なるべく食品添加物を摂らないように気をつけている人が、

「このパン、酸化防止剤が入っているから買っちゃダメだ!」

と言いながら、

「ビタミンCは体にいいからたくさん摂らなきゃ」

と言ってサプリメントを買っていたら、「イヤイヤ、中身同じだから!!」と突っ込んであげてください。

DHC ビタミンC

 

 

・イメージのポジティブ化

中身や本質が同じだとしても、「イメージ」によって感じ方が大きく変わるので、いかにイメージを良くするか?(つまりイメージのポジティブ化)が、新商品を作る上での一つの大事なテーマとなります。

「天然」「自然」というワードはイメージが良く、「人工」「化学的」という言葉はイメージ悪いので、
ややもすれば「天然の毒」よりも「人工甘味料」のほうが危険だと感じてしまいます。

また、「あそこの店は、食中毒が頻発したらしいよ」と噂が出たら、その真偽に関わらず、売上は激減するでしょう。

 

「人」も同様です。

「性格が悪い」というイメージになると、大変です。イジメにもつながりかねません。

上重アナが、松坂選手の友情ボールを売った、という話も、正しいかどうか分からないのですが、この報道が出るだけで、イメージは著しく低下してしまいます。メディアの影響は大きいです。

なるべく、周りの情報やイメージに左右されずに、客観的に物事を判断できるようになりたいな、と思っていますが、なかなか難しいですね・・・。

 

そして、私も、「酸化防止剤」のような悪いイメージではなく、「ビタミンC」のような良いイメージの人になれるよう頑張りたいと思います!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・お茶にビタミンCを入れるのは、酸化を防ぐため
「酸化防止剤(L-アスコルビン酸)」と「ビタミンC」は、同じ
・イメージ悪くなるとイジーメられる
・つまらないギャグを言うとイメージ悪くなる

————————————————————————————

参照:超危険な化学物質DHMOの正体とは?ビジネス寓話50選
消費者庁HP