みなさん、アイスコーヒーとホットコーヒー、どっちが好きですか?

私は、アイスコーヒー派です。
(ホットのがアイスより安い時は、ホット注文します。せこいわけではない。)

 

アイスコーヒー飲むとき、ちょっと苦いので、ガムシロップを入れます。

ホットコーヒーには、砂糖を入れます。

あれれ?ここで疑問が!!
なぜ入れるもの違うのでしょうか?
どっちともガムシロップ入れちゃダメ??

今日は、そんな疑問に答えるべく、世の中に溢れている「果糖ぶどう糖液糖」に関するネタをお話をします!!

 

 

 

まだ6月というのに、暑い日が続きますね!熱帯夜です。

夜、喉が乾くと、たまに我慢できずにジュースを飲んでしまうのですが、原材料表示をよく見ると、「果糖ぶどう糖液糖」という、果糖なのかぶどう糖なのか液糖なのか何だこりゃ!?というナゾの物質を見かけます。

ペプシ

この、よく分からない原料の飲み物を、まあいっかと思いつつ飲んで、いつの間にか眠ってしまいました。

 

そして翌朝、起きて、喉が渇いたので、ヤクルトを飲もうとしたところ、
今度は、「ぶどう糖果糖液糖」というナゾの物質が入っていることに気付きます。

ヤクルト2

ペプシコーラ・・・「果糖ぶどう糖液糖」

ヤクルト・・・「ぶどう糖果糖液糖」

これは同じなのでしょうか?

 

 

ちなみに、大阪で野球の話をするときに、巨人と阪神の試合のことを
”巨人-阪神戦”
と言ってはいけません。
「”巨人-阪神戦”やなくて”阪神-巨人戦”やろがボケー」と言われ道頓堀に放り投げられます。危険です。

 

もしや、「果糖ぶどう糖液糖」も、「巨人-阪神戦」と同じ次元なのでしょうか??

 

そんなわけありません。

 

「果糖ぶどう糖液糖」と「ぶどう糖果糖液糖」の違いを知るために、まず、「異性化糖」について勉強しましょう。

 

・「異性化糖」って何?

甘いものと言えば砂糖です。
砂糖は、原料である「さとうきび」「てんさい」を抽出・精製したものです。

 

一方、異性化糖の原料は「でんぷん」です。

小学校のとき、でんぷんにヨウ素液を垂らすと紫色になる実験しましたよね。アレです。

ヨウ素でんぷん反応

 

・なぜ「異性化糖」が生まれたの?

昔むかし、戦争に敗れた日本は、たいへんな食料難でした。
そこで、国は、対策として、お腹がいっぱいになりやすい、イモ類の生産を奨励しました。
しかし、食料難が一段落すると、イモ類が余って、甘味を求めて海外から砂糖を輸入するようになりました。

しかーし、外貨の乏しい当時は砂糖をたくさん輸入できずに困ってしまいます。
そこで、余ってるイモの「でんぷん」から甘味源であるブドウ糖を製造することを考えました!!先人の方たち、素晴らしいです!!そしてさらに、ぶどう糖から果糖(ぶどう糖より甘い)へ変換する研究も進み始めたのでした。

 

 

・「異性化」に必要な3つの酵素

「でんぷん」から「異性化糖」を作るには、

1.液化
2.糖化
3.異性化

の3つのプロセスが必要です。

 

1.液化

液化で活躍するのが「α-アミラーゼ」という酵素くんです!!

「α-アミラーゼ」の働きにより、「でんぷん」をある程度小さく分解します!

α-アミラーゼ

 

2.糖化

糖化で活躍するのが「グルコアミラーゼ」という酵素くんです!!

「グルコアミラーゼ」の働きにより、「そこそこ分解したでんぷん(多糖)」を「グルコース(単糖)」まで分解します!

グルコアミラーゼ

 

3.異性化

異性化で活躍するのが「グルコースイソメラーゼ」という酵素くんです!!

「グルコースイソメラーゼ」の働きにより、「グルコース(ぶどう糖)」の約半分を「フルクトース(果糖)」へ変換します!

グルコースイソメラーゼ

 

・「ぶどう糖果糖液糖」と「果糖ぶどう糖液糖」の違い

ぶどう糖のが多い⇒「 ぶどう糖果糖液糖」

果糖のが多い⇒「果糖ぶどう糖液糖」

です!!

 

一般的に、異性化では、ぶどう糖→果糖への変換が半分くらいしかできないので、ぶどう糖が多く残ってしまいます。

ぶどう糖は砂糖の甘味の70%しかありません。
果糖は、砂糖の甘味の1.3倍ほどです。
(参照:砂糖、果糖、ブドウ糖はどれが一番甘いの?

ぶどう糖と果糖で、ぶどう糖のほうが多いと、砂糖より甘くないものになってしまいます。

 

そこで、「砂糖より甘いものが欲しいよー」

という要望に応えるべく、さらに

4.精製・濃縮

という工程をふむと、果糖だけ分離することができ、果糖を多めに配合することにより、砂糖より甘いものができあがります。これが、「果糖ぶどう糖液糖」です。

果糖ぶどう糖液糖2

ちなみに、

「ぶどう糖果糖液糖」・・・果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。

「果糖ぶどう糖液糖」・・・果糖含有率が 50% 以上 90% 未満のもの。

「高果糖液糖」・・・果糖含有率が 90% 以上のもの。

「砂糖混合異性化液糖」・・・上記の液糖に 10% 以上の砂糖を加えたもの(その液糖がぶどう糖果糖液糖なら砂糖混合ぶどう糖果糖液糖)

という分類があります。

 

・なぜアイスコーヒーにガムシロップを入れるのか?

ガムシロップの成分は、主に、「砂糖混合果糖ぶどう糖液糖」です。

つまり、果糖が多いのです。

果糖は温度が低ければ低いほど甘い性質があります。

chart_03

 

アイスコーヒーは冷たいから、ガムシロップ(果糖多い)を入れるのです!!
(ガムシロップのほうが砂糖より安いのも理由の一つです)

ホットコーヒーは熱いので、果糖の甘味が消えてしまうため、ガムシロップではなく砂糖を入れます。
(また、アイスコーヒーには砂糖を入れても溶けにくいので、ホットコーヒーだけに砂糖を入れます)

ガムシロップ

 

・「果糖ぶどう糖液糖」は冷たい飲み物に入ってることが多い

前述したように、「果糖ぶどう糖液糖」は

・温度が低ければ低いほど甘い

・砂糖より安い

という特徴があるため、清涼飲料水などの冷たい飲み物によく使用されます。

 

「ぶどう糖果糖液糖」は、「果糖ぶどう糖液糖」よりも甘くはないですが、安いです。

ちなみに、この「ぶどう糖果糖液糖」も「果糖ぶどう糖液糖」も、分類上は「糖」であるため、「食品添加物」とはいいません。

 

・おまけ:食品の原材料表示の順番

食品の裏面に、原材料の表示が書いてあります。ごちゃごちゃ書いてあってあんまり詳しく見たことがない方もいると思いますが・・・

あの表示に書いてある原材料は、「入ってる量が多い順番」に書いてあります。

ポテチ原材料表示

「オール阪神巨人」や「品川庄司」など、芸人に関しては、特に順番に意味はないと思いますが、食品表示は、順番に意味があるのでした!

———————————————————————————–
本日のまとめ

・「果糖ぶどう糖液糖」は、果糖が多い
「ぶどう糖果糖液糖」は、ぶどう糖が多い
・ 大阪人は、おもしろい人が多い
————————————————————————————