もうあっという間に3月ですね!春になると、コンビニおでんのセールが始まるイメージがあって、個人的には3月はおでんをよく食べるシーズンです。

おでんには、昆布でダシをとってる方も多いかと思います。私もちょくちょく昆布入れてます!その時、ふと疑問が生じました。

昆布って、海の中でなんでダシが出ないんでしょうか?

今日は、この疑問にお答えします!

 

 

 

なぜ昆布は海の中でダシが出ないのか?

下の7つの選択肢の中で、答えが2つあります!!

 

1.実は、ちょっとずつダシが出ている

2.発想が逆。もともと昆布は味がないけど、海のダシの成分を少しずつ吸収している

3.耐えてる(ここでダシを出しちゃダメだ、という強い意志がある)

4.海水は冷たいから。(熱いお湯だとダシは出る。)

5.海水は塩分が多いから。(浸透圧の関係でダシが出ない。)

6.昆布が乾燥してないから。(乾燥しないとダシの成分を作らない。)

7.昆布が生きてるから。(死ぬと、ダシが出る。)

 

 

さて、分かりましたか?

なにげに、これは難しい問題だと思います。

 

 

 

分からない方が続出しているようですので、ここで、大ヒント!!

この7つの説を推している7人の専門家に、それぞれ詳しい話を聞いてみましょう!

 

 

1.「実は、ちょっとずつダシが出ている」説

代表:イチローさん(仮名)のお話

 

どうも、イチローです。

昆布の話ね。みなさん、そもそも、海には水がどのくらいあるか知ってる?そう、ものすごい量あるわけ。実に、約14億立法キロメートル。僕が打ったヒットの数よりも多いね。そんな、たくさんある海の水に比べて、昆布の生えてる量は、ほんのちょっとなわけ。分かる?海の水を僕のヒットの数とすると、昆布は、ムネリンのホームランの数くらい。ムネリンのホームラン数は、ほぼゼロだね。

だから、昆布からダシが出てても、みんな気付かないレベルだよね。お風呂の浴槽に水を一杯ためて、そこに昆布の切れ端を1ミリ入れてても気付かないのと同じ。これじゃ、ダシ出てても、気付かないよね?

それに、海水は塩分濃度がすごく高い。約3%もある。ちなみに味噌汁の塩分濃度は約0.9%だから、3%の塩分って、ものすごくしょっぱいよね。ユンケル100本分くらいの塩分。だから、海水を飲んでも、しょっぱい以外の味はほとんど感じない。

つまり、本当は昆布からダシは出てるんだけど、すごく薄いし、それに塩分が高すぎるせいで、ダシが出てることを気付いてないだけってこと!勉強になったかな?小さいことの積み重ねが、夢への近道だから。がんばろう!

 

 

 

2.「発想が逆。もともと昆布は味がないけど、海のダシの成分を少しずつ吸収している」説

代表:佐藤二朗さん(仮名)のお話

 

どうも、佐藤二朗です。私のこと知ってる?知らない。そっか、まあそりゃそうだよね。僕も佐藤二朗って誰か知らないから。・・ってなんでやー。知ってるー!!自分のことは知ってるー!毎日鏡見て、誰これー!ってならないし!あのね、勇者ヨシヒコって知ってるかな?あら、知らない。このブログの筆者はすごく好きらいしんだけど。みなさん知らない。もうこうなったら、仏ビーム!!

そうそう、本題ね、昆布の話ね。昆布ってね、もともと味ないわけ。分かる?昆布、食べても、味しないじゃん。そんな昆布ちゃんが、海の水に含まれるダシ成分を吸い込んで、そのおかげで、美味しい湯豆腐が食べれるのね。仏の言うことだから、間違いない。ムロツヨシくんも、そう言ってた。たぶんあってる。

 

 

 

3.「耐えてる」説

代表:北島三郎さん(仮名)のお話

 

どうも、サブちゃんです。

演歌界でも、下積み時代が長かったけど、若いうちは耐えにゃいかん。耐えるのが大事。

昆布も同じで、耐えてるんじゃ。普通に考えて、海の中でダシを出したらいかんじゃろ。昆布は空気読んで、ダシを出さないんじゃ。意志が強い。さすがだね!えらい!祭りだ祭り昆布祭りだー!

 

 

 

4.「海水は冷たいから」説

代表:天草四郎さん(仮名)

 

どうも、天草四郎です。みんな、一揆しないようにね!

ところでみんな、昆布からダシをとるとき、お湯を温めてるよね!なんでか分かる?
そう!熱いお湯だとダシが出やすいの!海水も、もし熱かったらダシがでるかもねー。

 

 

 

5.「海水は塩分が多いから」説

代表:五郎丸さん(仮名)

 

どうも、五郎丸です。武蔵丸じゃないよ。

海水の塩分は3%くらいあります。そうすると、浸透圧の関係で、昆布の成分は外に出ないのです。浸透圧ってどういうことか簡単にいうと、水が高いところから低いところに流れるのと同じで、液も、濃いものが薄いものへ動く、ということ。つまり、海水の濃度の方が昆布の内部の濃度よりも高いから、昆布から海に成分は流れないことになります。以上、みなさん、ラグビーしましょう!

 

 

6.「昆布が乾燥してないから」説

代表:ロックマンさん(仮名)

 

どうも、ロックマンです。若い方は僕のこと知らないかもしれませんが、僕は、ゲームキャラです。青いやつ。アイスマンがライバル。

僕の肌は乾燥してないのですが、昆布は、乾燥しないとダシは出ません!海の中では、昆布は乾燥しないから、ダシが出ないのです!ローリングカッター!!

 

 

7.「昆布が生きてるから」説

代表:ナナコさん(仮名)

 

どうも、ナナコです。セブンイレブンにいったら、私を使ってください!

昆布のダシの成分は、細胞の中にあります。そして昆布の細胞には「選択透過性」っていう性質がって、海の中では、生きるのに必要なものだけを取り入れて、いらないものは排出する機能があります。

ダシの成分(グルタミン酸)は、昆布が生きる上で必要な成分なので、基本的に細胞から外に出ません。だから、生きてるうちは昆布からダシは出ないのです!

 

 

さて、みなさんの話を聞いて、参考になりましたか?

 

 

 

答え

答えは「7.昆布が生きてるから」でした!!

そして、「3.耐えてる」も、ある意味、正解になります。

 

 

えー!!他の選択肢も合ってそうだよ!って思ってる方もいるでしょう。
検証してみました。

 

実験1.水槽に、生きてる昆布入れてみたら?

うま味成分は出ませんでした!

よって、イチローさんの「1.実は、ちょっとずつダシが出ている」説は間違いです!

 

 

そして、仏の「2.発想が逆。もともと昆布は味がないけど、海のダシの成分を少しずつ吸収している」説も、あながち間違いではないけど、「なぜ昆布は海でダシが出ないのか?」の答えとしては不適切です!

 

 

実験2.冷たい水でダシをとってみたら?

ダシは出ます!

「湯出し法」「水出し法」両方あります!「水出し法」のほうが、上品な、すっきりした感じの味になるようです!

よって、天草四郎さんの「4.海水は冷たいから」説は間違いです!

 

 

 

実験3.塩水でダシをとってみたら?

これも、ダシは出ます!塩昆布を使っても、ダシがでます。

よって、五郎丸さんの「5.海水は塩分が多いから」説も間違いです!

 

 

 

実験4.乾燥してない昆布からダシをとってみたら?

これも、ダシは出ます!

乾燥してなくても、昆布が死んでいれば、ダシは出るのです。

ちなみに、昆布を死なせるには
・乾燥させる
・熱湯につける

の主に2つの方法があります。乾燥させてなくても、熱いお湯に浸けておけば、いいダシが出ます!

よって、ロックマンさんの「6.昆布が乾燥してないから」説も、不十分です!

 

 

以上です!

今日は、昆布のお話でした。ちなみに、昆布を食べても髪の毛は生えない(科学的な根拠はない)ようです。残念・・・。

おせち料理にも昆布は使われてますし、日本人には馴染み深い食べ物ですよね!これからもたくさん食べましょう!

 

———————————————————————————–
本日のまとめ

・昆布が海の中でダシを出さない理由は、生きてるから。
・冷たい水でも、塩水でも、ダシは出る
・「なんで?」と聞かれたら、「生きてるから」と答えてみたい

————————————————————————————