先日、スターバッ○スに行ったところ、隣の席のカップルの会話が聞こえてきました。

「ミキティ、砂糖いれすぎだよ」(コーヒー1杯にスティックシュガーを3本いれてました)
「だって、この砂糖、甘くないんだよね」
「砂糖なんだから甘いに決まってるじゃん」
「じゃあ、どのくらい甘いか言ってみてよ」
「うぐぐ・・・・ごにょごにょ。・・・ぐ、ぐはぁ、ひでぶ」

 

たしかに!! 砂糖ってどのくらい甘いのか、表現するの難しいです。わかります。

そもそも、砂糖って何のことでしょうか?

「果糖」「ブドウ糖」も聞いたことがありますよね。
「砂糖」「果糖」「ブドウ糖」はどれが一番甘いと思いますか?

ワインを飲みたい気分だけど、赤と白どっちを飲もうかな・・・
そんなとき、

肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン
が合うということは、皆さんもご存知だと思います。

しかし、なぜ肉料理に赤ワインが合うのか、その理由を知っていますか?

その理由とは…

W杯も終わり、日本代表は世代交代の時期を迎えました。
試合直後に、代表引退を表明した選手もいましたね。
少し悲しい感じもしますが、継続してレベルアップしていくためには、世代交代は必要不可欠です。

実は、味覚伝達メカニズムについても、最近、世代交代が行われました。
どういうことかと言うと…

桃って、美味しいですよね。僕は大好きです。
桃にはいろんな種類があるのですが、普段よく食べる桃といえば、白桃と黄桃でしょう。

「私は白桃の方が好きだな」「いや、黄桃の方が美味しいよ!」
桃を食べなから、こんな会話をしたことがある人もいるんじゃないでしょうか。

しかし、本当は、味の違いが分かっていないのかもしれません!

先日実施した「味覚診断」にて、
白桃と黄桃、それぞれ目隠しをして皆さんに食べていただいた結果、
半分以上の人が、白桃を食べて「これは黄桃だ」と答えたのです!!

あなたは、
GODIVAチョコレート(約1,000円/50g)と
明治ミルクチョコレート(約80円/50g)の味の違いってわかりますか?

さすがにそれはわかるよ!!値段が全然違うんだから!!との声が聞こえてきそうですが、、
なんと、約30%の人が、GODIVAを食べて、「これは明治ミルクチョコレートだ」と答えたのです!

年を取ると、ちょっと運動するだけで息が切れたり、近くの物が見えにくくなったりと、身体的な能力は衰えていきます。
逆に、“職人”と呼ばれる方の持つ技術は、年を取るにつれて(経験を重ねるにつれて)磨かれていくように思います。

では、「味覚」は、年を取るにつれて衰えるのでしょうか?
あるいは、経験を重ねるにつれて磨かれていくものでしょうか?

「味覚」の要素は何があると思いますか?

光には三原色と呼ばれる基本の色があります。赤・緑・青の3色ですね。
これと同じように、味にも、5つの基本味「五味」が存在します。
さて、「五味」とは一体どんなものなのでしょうか。

PAGE TOP