先日、オシャレなレストランで食事をしていたら、デザートに「ブランマンジェ」が出てきました。

個人的に好きな味で、とても美味しかったです!オススメです!

「ブランマンジェって何?どんな味?」と聞かれると、私は「パンナコッタに似てる!」と答えます。でも「パンナコッタと、どう違うの?」と聞かれたら困ってしまいました。ブランマンジェとパンナコッタは、何が違うのでしょうか?

今日は、「ブランマンジェ」「パンナコッタ」「ババロア」について調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

ブランマンジェとパンナコッタ

※参照:ABC Cooking Atudio

 

外観も、ブランマンジェとパンナコッタは似ています。
ブランマンジェとは、一体どんな食べ物なのでしょうか?

 

 

みかくん「ねえミカさん、ブランマンジェって知ってる?」

ミカさん「もちろんよ。20代の丸の内OLなら知ってて当然よ」

みかくん「ミカさん、20代丸の内OLっていう設定なんだね」

ミカさん「あなた、もしかしてブランマンジェ知らないの?」

みかくん「うん、知らないよ」

ミカさん「なんてこった」

みかくん「・・・・」

ミカさん「ねえ、せっかくキラーパスを出したのに、なぜ何も言わないの?」

みかくん「え?どこがキラーパスだったの?」

ミカさん「なんてこった、って言ったら、続けて言うことがあるでしょ」

みかくん「え?何のこと?」

ミカさん「なんてこった、パンナコッタ」

みかくん「何ですかそれは。初めて聞いたよ」

ミカさん「”なんてこった、パンナコッタ”を知らない人がいることに驚きだわ」

みかくん「いやいや若い人は知らないと思うよ。ミカさん、本当に20代丸の内OLなの?大阪のなんばグランド花月の近くに住むオバハンじゃないよね?」

ミカさん「だれがオバハンや。私はピチピチの20代よ」

みかくん「そういえば、ブランマンジェって、ババロアにも似てるよね」

ミカさん「だれがババアや」

みかくん「いやいや、ババアじゃなくてババロア・・・」

ミカさん「もう気分が悪くなったから帰るわ。バイバイ」

みかくん「帰っちゃったよ・・・。なんてこった」

ミカさん「パンナコッタ」

みかくん「帰ってないんかい」

 

相変わらず、情報量ゼロですみません・・・。

ブランマンジェ、パンナコッタ、ババロアの作り方を以下にまとめてみました!

 

 

 

ブランマンジェとは?

ブランマンジェは、フランス発祥のお菓子です!
「ブランマンジェ」は、フランス語で「白い(blanc)食べ物(manger)」という意味です。
※ちなみに、モンブラン白い(blanc)山(mont)という意味です。

 

 

ブランマンジェの作り方

・牛乳に砂糖を入れる
・煮詰める
・細かく砕いたアーモンドを入れる
・しばらく静置
・布で濾す
・ゼラチンと生クリームを入れる
・冷やして固める
⇒ブランマンジェの完成!

※オリジナルではアーモンドを使用しますが、最近はアーモンドの代わりにバニラを使用することも多いようです。

 

 

 

 

パンナコッタとは?

パンナコッタは、イタリア発祥のお菓子です!
イタリア語で、パンナ(panna)は生クリーム、コッタ(cotta)は煮詰める、という意味です。

 

 

パンナコッタの作り方

・牛乳、生クリーム、砂糖を混ぜる
・煮詰める
・(バニラ等で風味付け)
・ゼラチンを入れる
・冷やして固める
⇒パンナコッタの完成!

 

 

 

ババロアとは?

ババロアは、フランス発祥のお菓子です!
フランス語「バイエルンの」という意味です。
(諸説ありますが)一説によるとバイエルン王国の貴族のために考案された食べ物のようです。

 

 

ババロアの作り方

・卵(卵黄)、牛乳、生クリーム、砂糖を混ぜる
・ゼラチンを入れる(煮詰めないレベルで加熱)
・冷やして固める
⇒ババロアの完成!

 

 

「ブランマンジェ」と「パンナコッタ」と「ババロア」の違いを簡単に表にすると、以下になります!

「ブランマンジェ」で、アーモンドを使わずにバニラを使う場合は、ほとんど「パンナコッタ」のようなものですね。

 

 

ちょっとだけ、違うものを入れてみましょう

本日ご説明した通り、
ブランマンジェとパンナコッタとババロアの違いは、原材料が、ちょっと違うだけなのです!

普段作ってるものから、ちょっとだけ入れるものを変えるだけで、あなたのオリジナル料理が出来るかもしれません!!

普段料理をされる方、レシピ通りに作るだけじゃなく、たまには、敢えて違うものを入れてみて、ぜひオリジナル料理にチャレンジしてみましょう!

 

———————————————————————————–
本日のまとめ
・「ブランマンジェ」はアーモンド、「パンナコッタ」はバニラ、「ババロア」は卵を使う
「ブランマンジェ」でも、アーモンドを使わずにバニラを使うこともある
・なんてこった・・・
————————————————————————————

スポンサーリンク

 

関連記事:アクエリアスとポカリスエットの違い~「原材料」「栄養成分」表示からレシピ推理~

関連記事:ヨーグルトの豆知識その1~乳酸菌とビフィズス菌の違いは?~

関連記事:ヨーグルトの豆知識その2~菌の種類と効果の一覧表~

関連記事:バターとマーガリンの違いとおいしさの秘密~トランス脂肪酸って何?~

関連記事:「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違い~ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は苦味の味覚感度が良い?~

関連記事:ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いとは?~チーズの作り方~

関連記事:団子と餅、大福と饅頭の違いとは?

関連記事:人気のコンビニおにぎり!ツナとシーチキンの違いは?

関連記事:砂糖と上白糖とグラニュー糖の違いは?~砂糖の種類と特徴~

関連記事:赤味噌と白味噌の違いは?~味噌の色と味の秘密~

関連記事:米味噌、豆味噌、麦味噌の違いは?~味噌の作り方のコツ~

日本味覚協会による商品評価

View this post on Instagram

「日本味覚協会」の味覚のプロ4人が行う 味覚評価第3弾は「梅おにぎり」です!🍙🔴 ①紀州南高梅(セブンイレブン) ②紀州南高梅(ローソン) ③紀州南高梅(ファミマ) 今回も前回同様にのセブン、ローソン、ファミマそれぞれの「梅おにぎり」を食べ比べしました🧐 梅おにぎりを味覚評価するうえでのポイントは、 「しその主張度」だと思います。 ③の「ファミマの梅おにぎり」は、しそ感が非常に強く、具の酸味と塩味を強く感じました。しかし、米に塩気がないため具と米のバランスがとても良いです。 一方で、②「ローソンの梅おにぎり」は、梅の食感が良く、またしそと梅のバランスがちょうど良くどちらの風味も感じることができました。 そして、おいしさ評点は、 しそが含まれていないことで、しそ感はなく、梅本来の酸味を感じることができる3つの中で最もまろやかな味わいの①「セブンの梅おにぎり」が1位となりました!🥇✨ 次回の食べ比べは….……❓ ………………………..🍙の🐻🧡🐟!!! その他味覚に関する豆知識や日本味覚協会の活動実績は、 「味覚ステーション」をご覧ください! https://mikakukyokai.net/ 何か疑問・質問等ございましたら お気軽にDMまたは下記のアドレスまでご連絡ください。 info@mikakukyokai.com #日本味覚協会 #味覚検定 #味覚検定チョコ #味覚評価 #官能評価 #梅おにぎり#梅#おにぎり #食べ比べ #セブン#セブンイレブン#ファミマ#ローソン #レーダーチャート #味覚分析 #味覚 #コンビニおにぎり #味覚ステーション #riceball #onigiri #コンビニグルメ#オニギリ#おむすび

A post shared by 日本味覚協会 (@mikaku_kyokai) on

アンケートにご協力お願いします

あなたは、嬉しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、悲しいとき、何を飲みたいと思いますか?

あなたは、怒ったとき、何を飲みたいと思いますか?