親が美人 ⇒ 子供も美人
親が酒豪 ⇒ 子供も酒豪
ということは、それなりの確率で発生します。
顔の良さや酒の強さは、遺伝と関連性があるからです。

では、味覚の良さは、遺伝と関係があるのでしょうか?

今日は、味覚と苦味遺伝子に関するお話です!

スポンサーリンク

 

 

 

 

味覚の良さは、遺伝に関連性があるのでしょうか?
実は、「味覚」と「苦味遺伝子」について、面白い結果が報告されています。

今日は、苦味遺伝子について詳しくご説明させていただきます!

 

 

・苦味物質とは?

みなさん、苦味物質って何なのか知っていますか?

苦味物質は、その名の通りに苦みを呈する物質なのですが、1つではありません。多種多様な苦味物質があります。

例えば
・コーヒーに含まれる「カフェイン」
・ビールに含まれる「イソフムロン」
・ゴーヤに含まれる「ククルビタシン」
・ピーマンに含まれる「クエルシトリン」

などなど・・・、数多くの苦味物質が報告されています。

 

参照:コーヒーとビールとゴーヤの苦味成分は違う?~3大苦味成分の覚え方~

参照:ピーマンの苦味を消す7つの方法~「赤ピーマン」と「パプリカ」の違いは?~

 

 

 

・苦味物質の「PTC」とは?

みなさん、苦味物質の一つである「PTC」を知っていますか?
PTCは、バイク川崎バイクのことではありません。それはBKBです。

PTCは、フェニルチオカルバミド(PhenylThioCarbamide)の略称であり、ブロッコリーやキャベツ、ナタネ等に含まれる苦味物質です。

 

 

 

 

・味を感じる仕組み

まず味を感じる仕組みについておさらいしましょう。

味覚は、舌などに存在する「味蕾(みらい)」と呼ばれる細胞の集合体によって感知されます。

 

舌には、有郭乳頭(ゆうかくにゅうとう)、葉状(ようじょう)乳頭、糸状(しじょう)乳頭、茸状(じじょう)乳頭と呼ばれる4種類の舌乳頭が存在します。これらのうち、有郭乳頭、葉状乳頭、茸状乳頭には味蕾が存在しますが、糸状乳頭には味蕾が存在しません。

この、味を感じる器官である「味蕾」の一つ一つには、それぞれ複数の「味細胞」が存在しています。

 

 

・苦味を感知する受容体

上述した「味細胞」で発現する「味覚受容体」によって、甘味、塩味、酸味、、うま味などの味が感知されます。

苦味は、苦味感受性II型受容体ファミリーによって受容されます。

苦味感受性II型受容体は、「TAS2R」もしくは「T2R」と呼ばれています。
TAS2R:Taste receptor type 2(2 型味覚受容体)

 

なお、現在、「ヒトの苦味受容体遺伝子の個数は 26種」と報告されています(今後、新しい遺伝子も発見されるかもしれません)。

 

 

・苦味物質と苦味受容体の関係

苦味受容体「TAS2R」ファミリーには苦味受容体が複数あり、それぞれ特定の苦味物質を受容する機能が明らかになっています。

例えば、
コーヒーに含まれる「カフェイン」は、
「TAS2R7」,「TAS2R10」,「TAS2R14」,「TAS2R43」,「TAS2R46」 の 5 種類の TAS2R によって受容されます。

キナの樹皮に含まれる「キニーネ」という苦味物質は、
「TAS2R4」,「TAS2R7」,「TAS2R10」,「TAS2R14」,「TAS2R31」,「TAS2R39」,「TAS2R40」,「TAS2R43」,「TAS2R46」の9種類のTAS2Rによって受容されます。

一方、ブロッコリーなどに含まれる「PTC」は、
「TAS2R38」だけにしか受容されません。

「キニーネ」や「カフェイン」は複数の苦味受容体によって受容されます。
なので、何か一つの遺伝子に変異があり、機能が失われたとしても、補完性が高いため影響は小さいと考えられます。
(例えばTAS2R7の遺伝子に変異が生じて機能がなくなったとしても、TAS2R10,14,43,46があるため、カフェインの苦味は感知されます)

 

しかし、「PTC」の受容体は「TAS2R38」1種のみです。
よって、「TAS2R38」の遺伝子に変異が生じ、機能が失われてしまった場合、ブロッコリーに含まれる「PTC」の苦味を感知できなくなる可能性が高くなります。

※「フェニルチオカルバミド(PTC)」と構造が類似している苦味物質の「プロピオチオウラシル(PROP)」も、同様に「TAS2R38」にのみ受容されます。

 

なお、このTAS2R38遺伝子の違いは人種によっても傾向が異なり、日本人の場合、約10%の人が、「PTC」の苦味を感じないと報告されています。

 

 

 

以上、今日は苦味遺伝子に関するお話でした!

同じブロッコリーを食べても、私が感じる味と、あなたが感じる味は違っているのかもしれませんね。
最近は、遺伝子検査も流行っていますし(ジーンクエストさんがオススメです)、興味のある方はぜひ遺伝子検査も試してみてください!

 

———————————————————————————–
本日のまとめ
・苦味受容体「TAS2R38」遺伝子の違いにより、苦味物質「PTC」の感じ方が異なる。
・日本人の約10%が「PTC」の苦味を感じない
・もちろん、味覚の良さは遺伝子だけに影響されるわけではないですよ
————————————————————————————

関連記事:コーヒーとビールとゴーヤの苦味成分は違う?~3大苦味成分の覚え方~

関連記事:ピーマンの苦味を消す7つの方法~「赤ピーマン」と「パプリカ」の違いは?~

関連記事:年齢・性別による苦味の感じ方の違い~「味覚検定チョコ」の試食結果~

関連記事:「ミルクチョコ」「ビターチョコ」「ホワイトチョコ」の違い~ミルクチョコよりビターチョコが好きな人は苦味の味覚感度が良い?~

関連記事:辛味が苦手な人の特徴とは~ポジティブな人ほど辛いものが好き?~

関連記事:味の分類~5つの基本味「五味」~

関連記事:味覚は衰える?~年齢と味蕾の数の関係~

関連記事:男性と女性、味覚が良いのはどっち?

関連記事:親と子供の味覚は、本当に似てる?~親子の味覚類似性~

関連記事:亜鉛と味覚の関係とは~『たけしの家庭の医学』の監修をさせていただきました~

関連記事:菌とウイルスの違いは?~サルでも分かるウイルス・細菌・真菌の分類~

関連記事:味覚を良くする方法を考える(その①)~ボンカレーとカリー屋カレーの違い、表現できますか?~

関連記事:味覚を良くする方法を考える(その②)~味の表現法12のコツ「食レポの極意」~

関連記事:新型コロナウイルスは嗅覚・味覚障害に関係?~味覚障害の対策~

関連記事:300人に1人は味覚がおかしい?~味覚障害の原因と対策~

スポンサーリンク

アンケートにご協力お願いします

一般社団法人日本味覚協会 大学生スタッフの卒業論文に関するアンケート(以下)について、ご協力をいただけますと幸いです。

 

 

私は、津田塾大学学芸学部国際関係学科4年の羽鳥優香と申します。

このアンケートは、卒業論文で「幸福度と性格の関係」を研究するための調査です。
調査で収集したデータは研究目的以外での使用は行いません。またアンケートは無記名で行われ、個人が特定されない形で集計・公表されます。ご協力いただいた方が不利益を被ることはございません。

上記の趣旨をご理解いただき、何卒ご回答をお願い致します。
なおご回答により本研究への協力に同意したとみなさせていただきます。

 

    性格に関する以下の質問にお答えください。(必須)

    幸福度に関する以下の質問にお答えください。(必須)

     

    津田塾大学
    学芸学部国際関係学科4年
    羽鳥優香

    【連絡先】
    津田塾大学
    学芸学部国際関係学科 准教授
    森悠子(MAIL:y.mori@tsuda.ac.jp

    日本味覚協会による商品評価

    日本味覚協会では、食べ比べ・飲み比べ(商品評価)を実施しています。

    日本味覚協会のインスタグラム

    を是非ご参照お願い致します!